日本キリスト教団 桜ヶ丘教会

桜ヶ丘教会は日本キリスト教団の中にある健全な教会で、全国にあるホーリネスの群の教会です。

皆様へのメッセージ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

10月を迎えて


イメージ 1

9月も過ぎて10月を迎えました。
まだまだ暑さが続いていますが、秋の気配は感じることができます。
実りの秋ですが、自分の歩みの中で何か実れるものがあるかどうかと考えると、どうかなあと考えてしまいます。
しかし、日々主に新たにしていただくお恵みを味わいながら過ごすことができていることは、感謝です。
心配をして悔やんでしまうこともあります。
人に対していつも穏やかにしていることができるとは限りません。
そのようなダメな私を主はご存じで、それでも新たにさせていただき、次の1日を迎えることができています。
本当に感謝です。
10月も3分の1を過ぎました。
どうぞ、各日曜日、10時半〜、教会でご一緒に礼拝を捧げてみませんか。

この記事に

少し涼しくなりました


イメージ 1
写真:K/Kさん提供
昨日8月17日の朝に、突然涼しさがやってきました。嬉しかったですね。
秋のような空の気配と、風が吹いているのを感じ、ほっと一息つきました。

本当に毎日毎日暑い日々が続いていました。
皆様、お元気にお過ごしでしょうか。
私は。6月から8月の中旬まで、個人的にとても忙しく過ごすことになってしまい、ようやくブログに投稿をすることができるようになりました。

今日「アパルーム」を読んでいたら、「今この時を生きる」というテーマで、この日が与えられている恵みを感謝することができました。

わたしたちの思い悩みを神様に委ねる勇気について、考えさせられました。
それは、今を見失わないために、とても大切な私たちの意志決定でもあると思います。
将来のことを自分で計画し、心配事をあれやこれや考えて時間を費やすよりも、神様に委ねて、今をしっかり大切に生きること。
そうせれば、神さまが備えてくださっているという恵みを味わうことができる。
空の鳥たちのように、野の花たちのように、自由に生きる道があるということを感じます。「あなたがたのうちのだれが、思い悩んだからといって、寿命をわずかでも延ばすことができようか。」-ルカによる福音書12章25節-
いま、この時を感謝し、自分の使命を覚えて歩んでいきたいと思います。明日は、日曜日。
教会の礼拝のために祈って、朝を迎えることができますように。


この記事に

イメージ 1写真:K/Kさん提供
2018年6月3日(日)礼拝について
○岸義紘先生をお招きしてチャペルコンサートがあります。
 サクソフォン演奏とメッセージ

メッセージは「罪を多く赦された人は多く愛す」というテーマでのお話です。

いつも、わかりやすく、神様のことをお語りくださいます。
桜が丘教会も創立95年を迎えますが、記念する礼拝でもあります。
どなたもご自由にご参加ください。
お待ちしています。

そして、心を静かにして、毎日曜日を迎えたいと思いますね。
日々の思い煩いを主にお委ねし、最善のことがなされることを祈り、信じます。

小さな変化で揺れ動いてしまう弱いわたしたちですが、命の道を歩いていくことができますように。










この記事に

2018年イースター

イメージ 1イースター<キリストの復活>の日を迎えます。
2018年は、明日4月1日(日曜日)がイースターの日です。

十字架の死、そして死に打ち勝たれたイエス様の勝利、復活の喜びを、お祝いします。

桜ヶ丘教会は2017年度も主の祝福のうちに過ごしてまいりました。
2018年度が明日から始まりますが、さらに教会が充実できるように、皆様で主に仕えていけたらと願っています。

2018年度桜ヶ丘教会に与えられた御言葉は以下の聖書です。
<ヨハネによる福音書第15章5節>
「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。
わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。」

桜も咲いて、花々がまぶしいほどの季節に、心を新たに、新年度を迎える喜びを感謝します。


イメージ 2


この記事に

3月を迎えて

イメージ 12017年度も残すところ1か月になりました。

桜の開花宣言も順次南からやってくるのでしょうね。

豪雪で大変な地域を思うと、春の到来に胸を弾ませることは、ちょっと控えたいと思ったりします。

2月25日(日)に、無事に総会が終了しました。
議事も承認され、新たな年度に向かおうとしている3月です。

神様の豊かなお恵みに感謝しております。

新たな季節を迎えることができるという日常が、どんなにかかけがいものかと感じております。

教会になかなか出席できない方々の上にも。神様の慰めとお恵みが豊かにありますようにお祈りいたします。

ご病気の方のためにも。教会では祈り続けております。

この春も、小さい春を沢山見つけていきましょう。

後ろのものを忘れて、前に向かって主に預かる栄光を目指して、頑張りましょう。



この記事に

全46ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事