日本キリスト教団 桜ヶ丘教会

桜ヶ丘教会は日本キリスト教団の中にある健全な教会で、全国にあるホーリネスの群の教会です。

週報メッセージ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全103ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2019/2/10 週報メッセージ

   祈りの勧め
                                                                 朝位 真士

  「そこで、まず第一に勧めます。願いと祈りと執り成しと感謝とをす
べての人々のためにささげなさい。王たちやすべての高官のためにもさ
さげなさい。わたしたちが常に信心と品位を保ち、平穏で落ち着いた生
活を送るためです。これは、わたしたちの救い主である神の御前に良い
ことであり、喜ばれることです。」(Ⅰテモテ二・一〜三)
  パウロはテモテに具体的な勧めをしています。まず最初に「祈りの勧
め」がなされます。聖書はいろいろなところで、祈りの大切さを教えて
います。そしてパウロ自身、祈りの力を信じた人でした。実際、彼は教
会のために祈り、福音のために祈り、そしてその力を信じていました。
 私共の桜ヶ丘教会も祈りの力が重要だと思います。私が神学生時代の
一九七一年から七五年まで、毎朝早天祈祷会が午前五時半から開かれ、
当時の校長、小原十三司先生は率先してこの祈祷会に出席されて、ご指
導くださいました。私は牧会四三年目ですが、今までさまざまな難局を
乗り越えさせていただきましたのは、やはり、この祈祷の力だと思いま
す。故人で祈り、公的に祈り、他の人々からのとりなしの祈りで支えら
れてまいりました。桜ヶ丘教会も今こそこの祈祷に力を注ぐべきだと思
います。救霊と祈りは神の業です。祈祷なくしては神の業が進展しませ
ん。今こそ、牧師、役員をはじめすべての人々に祈祷の重要性をアピー
ルしたいものであります。主に栄光を帰して!!

この記事に

2019/2/3 週報メッセージ

   ホ群首都圏教師会を開催して
                                                                  朝位 真士

 「見よ。兄弟が共に座っている。なんという恵み、なんという喜び。」
                                                           (詩一三三・一)

 一月二八日午前一一時、ホ群首都圏教師会が開催された。二八名のホ
群教師が出席した。会場教会の世話役として、桜ヶ丘教会の婦人たちが
数名奉仕してくださった。大変心のこもったおもてなしをしていただい
た。二七日の礼拝後より会場整備をしてくださり、当日は特に料理、茶
菓接待等に大変大変心を用いてくださった。本当に感謝している。
 教師会の内容は、開会礼拝に始まり、事務報告、深谷春男師による論
集「日本基督教団ホーリネスの群史」の解説であった。ホーリネスの群
が教団対応により内部で分裂。教団に残る側と教団を離脱する側に分か
れた。特に淀橋教会、浅草橋教会、境の谷教会関係の牧師、信徒の分離
は神の家族の離別として感じられ、ホ群首脳部(ホーリネスの群委員)
の感情的な分離は、人間の罪の根源を感じさせた。しかし主は私に御言
葉を与えてくださった。「神を愛する者たち、つまり、ご計画に従って
召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わ
たしたちは知っています。」(ローマ八・二八)神の最善を信じていま
す。深谷師の発表は、心のキズを感じつつのものであった。

この記事に

2019/1/27 週報メッセージ

   二人の方々の祝福式に臨んで
                                                                 朝位 真士

  人の心には多くの計らいがある。主の御旨のみが実現する。
                              (箴言一九章二一節)
 あなたの業を主にゆだねれば計らうことは固く立つ。主は御旨にそっ
てすべての事をされる。逆らう者をも災いの日のために造られる。
                             (箴言一六章三〜四節)

  二月二〇日(日)の聖日に二人の方の洗礼式と転入会式があった。洗礼
式に臨んだのはA・Mさん(六歳一一ヶ月)。彼はクリスチャンの両親
と姉の四人家族で教会に出席されている。洗礼準備会でもハッキリとし
た言動で、将来の桜ヶ丘教会の大切な人である。洗礼式後の挨拶も、少
年とは思われないほど感動的であった。神が彼の生涯を、また家族を祝
福されることを切に祈りたい。
  次にA・Rさんの転入会式である。姉は地方から出てこられ、青年期
の多感な時に福音的教派で受洗され、一年前より当教会に出席されてい
る。大変本の好きな方であり、人間洞察の深い方で、物事を静かに深く
考察されている。教会にとっても一味深みを増す存在である。
  桜ヶ丘教会にとってこの二人の増員は大変喜ばしい感謝な事だと神に
感謝したい。二〇一九年の航海の出発を神に切に祈るものである。

この記事に

2019/1/20 週報メッセージ

   クリスチャン生活の出発点                                                                 
                                                                                                               朝位 真士

  今日はキリスト者の基本的知識を理解しましょう。まず何を信じたらクリスチャンになるか。五つのポイントから見ていくと、①真の神を信じること。それは、人間が神によって造られたからです。ですから人間はだれでも神との生きた人格的な関係をもたなければ真の平安と意義のある人生を送ることはできません。それは、神を信じ、神を愛し、神の栄光のために生きる時に体験されるのです。②神の前に罪を認め悔い改める。それは生まれつき神に背いてしまう罪の性質(原罪)をもって生まれてきているからです。③キリストを救い主として認める。聖書は、キリストを人間の罪と死からの救い主であると明言しているからです。神の大いなる愛のゆえに十字架にかかり、人間の身代わりとして死という刑罰を受けられ、さらに、死後三日目に復活され、死に打ち勝つ力を示されたことです。④キリストを自分の救い主と信じる。この救い主キリストを自分の救い主として心を開き、受け入れることが信じるということです。信じるという日常の手段をもって神を知り、キリストの救いを体験する道を備えてくださったのです。⑤信仰を告白する。では、具体的に信じる時には、どのようにすればよいでしょうか。その方法や仕方に絶対的な定めはありません。また、お金や供え物、犠牲などといった物質的なものはまったく福音と関係がありません。基本的に大切なことは、教会の牧師や、立てられた伝道者に対して、「イエス・キリストを信じます」と信仰の告白をすることです。
 今回は二人の方々が洗礼と転入会を希望されていますので、あえてクリスチャン生活の出発点を考える時が与えられました。私もこの際、信仰生活の出発点という事を再確認して、教会生活、信仰生活を送っていきたいと考えています。(『新キリスト教ガイドブック』参照)                                                 

この記事に

2019/1/13 週報メッセージ

   神のなされる事は美しい
                                                                                                             朝位 真士

  「神はすべてを時に適って麗しく造り、永遠を人の心に与えた。だが、神の行った業を人は初めから終わりまで見極めることはできない。」(聖書協会共同訳、コヘレト三・一一)
 「人の心にはたくさんの企て。主の計らいだけが実現する。」(同訳、箴言一九・二一)
 「神を愛する者たち、つまり、ご計画に従って召された者のためには、万事が共に働いて益となるということを、私たちは知っています。」(同訳、ローマ八・二八)
  私は右の三つの聖句には大きな想い出があります。初めの御言葉は、出生、受洗(一九六一・一二・二四)、献身(一九七一・四)、結婚(一九七六・四)、転任(一九九四・四)、会堂建設(一九九七・六)。二番目は、会堂建設の時に、周辺の反対(特に三地主)があり、工事着工が一年間延期されたこと。また、会堂建設の資金計画が困難を極めた時、教会の祈祷会で特に役員の方々が毎週熱心に祈祷を献げられたこと。当時の役員の大半は天国へ移されて現役員の方々は少数ですが、祈祷会・集会に励んでおられます。三つ目の聖句は、献身して神学校で学んでいる時、故小原十三司先生(淀橋教会牧師、群委員長、校長)によって、機会ある毎に引用され、困難な状態の時に助けられました。現在もそうです。
 私は今年に入って大きな試練に直面しています。山口県に嫁いでいる上の妹が肺がんの末期(ステージ四)で、昨年一二月二八日より危篤状態にあります。いつ召されてもよい状態です。彼女は未信者ですが、二年前、危篤状態の時、私が行って天国の話をして祈って別れました。皆様方の祈りを切に願う次第です。彼女は若くして未亡人となり、一人息子を立派に育てて老後を送っていた矢先のことです。新年から我家に一つの試練が与えられました。皆様方のお祈りをいただきたいと思います。(ヤコブ五・一三〜一八)

この記事に

全103ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事