東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 11
  敦煌莫高窟  とにかく雄大。すごい迫力。よくこんな絶壁に石窟を掘ったものだと、つくづく感心すること仕切りだった。

題目の右上の 『すべて表示』 をクリックすると、以前の記事がご覧になれます。
初めての方へ [絶対お勧めの記事]
 絶景を超えた美 張掖・丹霞地形(題目をクリック)

「シルクロードを詩う」もお勧めです。これからのシルクロードの旅(中国篇)のおおよそをご覧いただけます。(題目をクリック)

 画面左の書庫の各題目をクリックすると、見たい内容の記事を表示できます。  

莫高窟の景観

 まだ若かった初めての敦煌の旅から20年後、三度(みたび)やって来たこの莫高窟への道は、あのころと変らない乾いた風と陽光の下にあった。

イメージ 1
 モロに西域の砂と太陽の香のする砂漠の道を、ワクワクしながら自転車をこぐ。 莫高窟は砂漠の中の一握りのオアシスの中に隠されているが、このオアシスがなんとも美しい。自転車でこのオアシスに近づいてゆく楽しさは格別である。往時、ラクダに乗って、ここに近づいていった旅行者、巡礼者たちも、同じ思いを持ったであろうと思われる。
 
 そんな心弾む思いで遠くに目をやると、雪をいだいた祁連山脈の神々しい連なりが見える。
 一方砂漠では蜃気楼が現れては消える――そんな中、遙かかなたの地平線に、キラキラ輝く消えない蜃気楼があった。不思議に思いながら近づいて見ると、オアシスのポプラの木が風に揺れていたのだ。

イメージ 8
                       雪をたたえ勇壮な姿を見せる祁連山脈
イメージ 10
  現れては消え、消えてはまた現れる蜃気楼。あるときは湖のようにあるときは浮島のように見える。

イメージ 2
 強い陽光と風の中に踊る背の高いポプラの梢が風に揺れ、ひるがえる葉裏が光っている。なんと美しいのだろう。


イメージ 5
 大きな山にいだかれるように横たわる莫高窟が見えてきた。このオアシスには農家はなく、敦煌研究所の所員家族百名ほどが住んでおり、その家族の人がつくっている畑が、そこここにちらばっている。りんご畑、ブドウ畑などもある。

イメージ 14  この一握りしかない莫高窟の小さなオアシスはまことに美しい。莫高窟から15キロほど離れたところに大泉(だいせん)という泉があり、この水が流れてきて、このオアシス造っている。

イメージ 3
  唐代の書物に「前流長河波映重閣」という文章があるという。このころの大泉河、水がとうとうと流れていた大きな河であったのであろう。いまは細い流れが何本か奔って、莫高窟前に疎林地帯を造っている。

イメージ 4
  この石窟は鳴沙山の東側の土壁にながさ1600メートル渉って造られた幾層にもわたる洞窟群である。遠くから眺めるとある種の巨大昆虫の巣のようにも見えるが、砂漠の神々がおわすところをそんな風に言ってはいけないのであった。

莫高窟の周囲の探索

 今回はせっかくのチャンスなので、石窟内を見学する前に、まず周囲を探索してみるすることにした。

イメージ 9
 莫高窟全景   莫高窟は大泉河を見下ろす鳴沙山の山すそに石窟群が広がっている。手前には石窟を保護するために植林された防砂林がある。
 

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 12
断崖絶壁に掘られた石窟――これを見るたびに石窟に掛ける人々の情熱と、仏教に対する篤い信仰心を感じるのである。

イメージ 13
  莫高窟北区  莫高窟は現在、南区と北区に区分されている。北区訪れる観光客はほとんどいないだろう。
 長さ約700メートルにもおよぶ北区は約250の洞くつが四層または五層に分かれて蜂の巣状に開かれている。ほとんどの窟は小さな洞窟で壁画も塑像もない。、近年の発掘で、北区の洞窟は僧侶の修行・生活空間である僧房窟であることがわかった。




 莫高窟の石窟は古いものは4世紀半ばと言う。それから千年あまり造営され続け、数々の神仏が納められた。 


[コラム]

 敦煌は、甘粛省の河西走廊の最西端に位置し、面積は3万1200平方キロ、古代シルクロードに位置する有名な都市である。
 今からちょうど100年前、敦煌莫高窟(ばっこうくつ)で第17窟(蔵経洞)が発見され、紀元4世紀から11世紀の仏教経典、古文書、刺繍、絹絵、楽器・仏具などの文化財およそ5万点が出土、20世紀における文化史上最大の発見のひとつとして注目を浴びた。しかしこれらが発見されたのは、清王朝末期の列強各国が台頭していた時代で、そのため蔵経洞の文化財の多くが国外へ持ち出されることとなり、中国の文化史上最も大きな痛手となった。

 敦煌に関する文献および敦煌の石窟の内容は極めて豊富で、非常に貴重なものであるため、中国の学者の注目を集めているだけでなく、熱心に研究を続ける外国人学者も多い。20世紀には「敦煌学」が国際的な学問として成立し、20世紀の世界の人文・社会・科学分野でも特に大きな光を放っただけでなく、燦然と輝く中華文明を世界に広める役割を果たした。

 この100年で世界は大きく変化し、アジアでは再び歴史ある中華文明が脚光を浴びている。敦煌芸術の秘宝は大切に保護され、莫高窟が世界文化遺産に登録されるなど、世界中の人々の注目と評価を集めており、各国からの観光客は年数万人に上る。
 
 21世紀を目前に控え、中国では「敦煌芸術大展」が厳かに開催され、蔵経洞の文化財や優れた敦煌芸術が展示されている。蔵経洞文化財発見・敦煌学成立100周年を記念するこの展覧会が、中華民族が残した優秀な文化遺産に対する各国の人々の理解を深めるのに役立つことが期待される。
光り輝く敦煌の文化遺産は世界の人々の注目を集めている。栄光ある中国古代文明を代表する敦煌文化は、中国と世界の宝である。
 
 壁画・塑像芸術は内容が豊富で、雄大な迫力を持つ敦煌石窟芸術は、建築、壁画、彩塑といった3種類の芸術が一体となった立体芸術である。石窟では、洞窟の四方の壁や斜面の至る所には壁画が描かれ、石窟建築、彩塑と結びついてあざやかな光を放っている。敦煌石窟に現存の壁画や彩塑の数は非常に多く、規模が大きく、内容が充実しているだけでなく、技術や技巧も優れているため、世界でも珍しい偉大な古代芸術の宝庫となっている。
 
 絵画珍品:蔵経洞から出土された仏教絵画は、絹、朝布、紙にかかれており、その数は1000点以上。そのうち800点が略奪されて海外に持ち出され、大英博物館、インド・ニューデリー国立博物館、フランスのギメ美術館、ロシアのエルミタージュ美術館などに収蔵されているほか、日本、アメリカ、中国国内にも散らばっている。これらの絵画は7世紀から10世紀にかけて描かれた遺産で、その多くは唐の時代以降の作品。敦煌石窟の壁画と同様、敦煌絵画の一部である。

 敦煌文献:敦煌の蔵経洞で発見された文化財は、人類の貴重な文化遺産である。古代の写本、木版刷り書物、仏教芸術品は、晋の時代から南北朝時代に引き継がれ、隋の時代、唐の時代に最高潮を迎え、宋の時代の初めに終焉を迎えるまで、実に7世紀も引き継がれた。その内容は中国古代の政治、経済、軍事、歴史、哲学、宗教、民族、言語、文学、芸術、科学芸術などのほか、シルクロードを通じた東洋文化と西洋文化の交流の歴史など多くの分野に及んでいる。写本や木版刷り書物は、漢字だけでなく、西蔵(チベット)語、突厥語(チュルク)、梵語(サンスクリット)など多くの言語で記されている。
 出典:中国世界遺産「敦煌莫高窟」

閉じる コメント(19)

顔アイコン

araoさま おはようございます♪

素晴らしい風景ですね〜

やっぱりシルクロードは凄いです〜^^

[傑作]ポチ☆

2009/11/16(月) 午前 9:24 remon

顔アイコン

remonさん こんにちは これからのシルクロードブログ旅はいろいろなことが出てきますよ。お楽しみに〜

2009/11/16(月) 午後 0:23 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

雄大な景色にそびえる石窟は迫力があります。
現地の空気感とともに味わいたい景色です。

2009/11/16(月) 午後 1:04 gloriosa036

顔アイコン

g​l​o​r​i​o​s​a​0​3​6​さん やはり雄大を感じましたですね〜
少し慣れっこになったのも否めませんが…

2009/11/16(月) 午後 2:20 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

目がさめます!!すばらしい!!です。

2009/11/16(月) 午後 10:43 [ https://profile.ameba.jp/a ]

顔アイコン

mrrockさん 感動していただいてありがとう!

2009/11/16(月) 午後 11:44 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

ゆーさん
感謝!!

2009/12/26(土) 午後 2:18 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

はじめまして。先日はゲスブにコメントをいただきありがとうございました。
過去の記事へのコメントで申し訳ありません。
ステキな写真に興味深い記事と、いろいろと拝見させていただこうと思ったのですが、
まずは、敦煌・莫高窟を見てみたい〜〜と思いまして^^

どのくらいの広さの場所なのか、想像もつきませんが、やはりすごい迫力ですね!
ぜひ一度、自分の目で見てみたいです(≧▽≦)
ポチ☆

2010/4/16(金) 午後 9:54 ナラ

顔アイコン

ナラさん
訪問とコメントありがとうございます。
莫高窟は何度訪れても感動です。
撮影禁止のところを特別に許可してもらった壁画や仏像がまんさいなので、ぜひそちらの記事も見てください。
ポチ!

2010/4/17(土) 午前 6:46 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

ナラさん
訪問とコメントありがとうございます。
莫高窟は何度訪れても感動です。
撮影禁止のところを特別に許可してもらった壁画や仏像がまんさいなので、ぜひそちらの記事も見てください。
傑作ポチありがとうございます。

2010/4/17(土) 午前 6:48 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

いろいろな角度から撮影されていますね。莫高窟にオアシスがあったとは知りませんでした。傑作!

2010/6/28(月) 午後 11:56 [ mog*m*13 ]

顔アイコン

mog*m*1338さん
実は三回莫高窟を訪れたのですが、2度目に教えられて分かりました。実際に案内してもらったり、自転車で走り回って見るとよくわかりました。
傑作ポチありがとうございます。

2010/6/29(火) 午前 4:51 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

mog*m*1338さん
実は三回莫高窟を訪れたのですが、2度目に教えられて分かりました。実際に案内してもらったり、自転車で走り回って見るとよくわかりました。
傑作ポチありがとうございます。

2010/6/29(火) 午前 4:52 [ moriizumi arao ]

TVでは、莫高窟の外観と室内を映すだけですので、こうして周りの風景や住んでいる方々の集落などを紹介していただき、興味深く読んでいます。特に自転車で莫高窟に向かうなんて、こちらもワクワクしちゃいました。
コラムを読み、貴重な美術品は世界中に散逸してしまったことを知りました。勉強になります。ポチ☆

2010/7/4(日) 午後 11:31 les fleurs

顔アイコン

毎回、楽しんでいます。

2010/7/5(月) 午前 10:04 [ g71*2g5*s ]

顔アイコン

les fleursさん
敦煌周辺はたいてい自転車で回ったのですよ。
そのほうが適当に自分のペースで回れるし、片道50キロくらいならOK
ポチありがとうございます。

2010/7/5(月) 午前 10:37 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

g71*2g5*sさん
訪問ありがとうございました。またきてください。お待ちしていますます。

2010/7/5(月) 午前 10:41 [ moriizumi arao ]

アバター

こんばんは〜

全くの素人の質問で申し訳ありませんが・・・
ここを通行するのは、広い川のようなところでしょうか?
道の様にも川の様にも見えている処は、川でしょうか?

友だちは敦煌には背中で琵琶を弾く飛天の壁画が有り、それを見に行くんだと言っていました。
彼女自身が琵琶を習っています。
ナイス!

2013/8/20(火) 午後 10:19 tazuu

顔アイコン

tazuuさん

何百年か前には川でしたが今は水は所どころしか流れていなくて、枯れ川です。
莫高窟までは舗装道路ができています。
石窟の中の壁画には飛天がたくさん描かれています。
現在は、石窟の中は全面的に撮影禁止になっています。

2013/8/21(水) 午前 9:39 [ moriizumi arao ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事