東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]


イメージ 2
  暑い時は、まず四国の雄大な海の色で……


 [本 日 の 記 事] 
 

遍路の身じたく 

飛び込みで宿決まる

 第一日目の宿は、民宿「つしまや」だった。
 もちろん飛び込みだった。
 この宿は、その後何度か御世話になった。
 
 当時はまだ、遍路は一般的ではなく、ガイドブックや遍路宿一覧などというものはなかった。
 書店へガイドブックを探しに行くと、
 「お遍路ってなんですか?」などと、
 女店員から《変な人…》   という目で見られる時代だった。

 学生時代の第一回目の遍路のときも、宿の予約はほとんど、
 宿泊している宿の人から連絡してもらったり、
 誰かのくちこみでの当日予約がだいたぶんだった。

次は遍路用品の購入

 宿が決まってから、荷物を預かってもらい、
 遍路用品を買いに先ほどの門前一番街へ向かった。
 
イメージ 1
 私が遍路用品をそろえた門前一番街 (写真は三回目の遍路で撮影したもの)
 
 学生時代の遍路に使った杖と菅笠は、結願の寺八十八番大窪寺に奉納している。
、白衣や2,3の用具はまだ持っていたが、心機一転のつもりで購入した。

 「久しぶりなので細かい用具を買い落とすとこもりますから、ドバイスをよろしくお願いします」
と言って相談しながら購入した。

 「菅笠、輪袈裟、白衣、頭陀袋、金剛杖、持鈴、数珠、納め札、納め札いれ、
 納経帳、経、本、線香入れ、線香、ローソク」で、
 たしか、合計数千円だったと思う。予定より安く付いたと思った。
 
イメージ 3
    身に着ける前に、まず撮影。 ちなみに、現在買えば、2万数千円ほどかかります。 

 宿へ着くと女将の奥谷正枝さんが迎えてくれた。
 この女将さんにはずいぶんとお世話になった。
 到着するや否や、
「菅笠をお出ししなさい。その紐は弱いから付け替えてあげますよ。そのままだとすぐに切れますよ」
 と言って、5ミリほどの洗濯紐に付け替えてくれた。
  それから、手製のお賽銭いれをプレゼントしてくれた。

 お遍路の際の注意事項などもいろいろ話してくれた。
 これは大変に役立った。
 また、「遍路中に使わない物はここにおいて行きなさい。結願してまた来る時まで預かってあげますよ」と言ってくれた。
 何からかにまで心遣いが行き届いた人だった。

まるで新米遍路
イメージ 5  さっそく着替えた。
 遍路姿になると、身がしきしまる思いがした。
 期待と緊張感もみなぎってきた。
 〈よし、やるぞ〉という覚悟もできた。
 
 宿を出て一番霊山寺へむかう。
 13年ぶりなので、何か装束が身に付かないし、杖をつくのもぎこちない。
 なんだか学生時代の新米遍路に戻った心地だ
 なんとなく気恥ずかしい。
 まるで、自分でないようだ。
 宿を出て100メートルくらいすると、六十台と思われる女性と出会った。
 女性は人は深々と頭を下げた。
 なにか面映い気持ちがした。




イメージ 4
  どうですか? 少しは涼しくなりましたか?




[お 勧 め の 記 事]  

シルクロードの花たち 7(西安〜蘭州) 黄土高原の百合とひまわり  杜泉新生シルクロード2万キロをゆく24 ←ぜひクリックしてみてください。
イメージ 6
 黄土高原の荒地にけなげに花ひらく大輪のひまわり

閉じる コメント(15)

顔アイコン

下の四国の海はとても雄大で美しいですね。

お遍路に行った、山の友人は接待をしてくれた方々の心にとても感動したと話しておりました。

2010/7/19(月) 午後 5:10 [ バタフライ ] 返信する

顔アイコン

追コメ
ポチ、忘れました。改めてポチ☆

2010/7/19(月) 午後 5:11 [ バタフライ ] 返信する

碧い海と青い空!
気持ちよく力強いですね。
学生時代のお遍路の写真や資料が、貴重ですね。
記憶も鮮明に蘇っていらっしゃることでしょう。
今、また、お遍路に行かれて、また、違った心の浄化とか経験に出会えたことでしょう。ポチ!
猛暑の毎日、涼しくなさってお元気で。。。

2010/7/19(月) 午後 5:20 K 返信する

顔アイコン

Kさん
記憶に残っていることだけを書いているから、

いかにも記憶力がよさそうですね(笑)。

Kさんの言うとおりきっとまた違った目で見ると思いますね。

2010/7/19(月) 午後 6:35 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

バタフライさん
三回目のお遍路で、
娘さんをなくされて、ご夫婦で廻っている函館の人と出会いました。
ポチありがとうございます。

2010/7/19(月) 午後 6:38 [ moriizumi arao ] 返信する

こんばんは!
この暑さに耐えるのも大変でした、
お遍路にて気持ちを引き締めたいです!
いずれその時が来るやも知れません、

清涼感のある海の画像にポチ!

2010/7/19(月) 午後 7:12 nanohana7897 返信する

顔アイコン

きれいな海ですね・・・何時か回ってみたいです〜♪
ポチ☆

2010/7/19(月) 午後 10:08 [ かずちゃん ] 返信する

顔アイコン

なのはなさん
本当にここ3日間の暑さは大変ですね。
私もまた遍路したいです。
時間を作らなければ。
ポチありがとうございます。

2010/7/19(月) 午後 10:28 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

offshore_linxさん
海のそばを歩いていると雄大な気持になれるし、
海風で熱さも和らぎました。
この遍路は真夏でした。
ポチありがとうございます。

2010/7/19(月) 午後 10:33 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

こんばんは。
海の色と岩を囲む波の白さが印象的です。
美しい風景です。

2010/7/19(月) 午後 11:44 [ maru2ben ] 返信する

顔アイコン

maru2benさん
夏の遍路では壮大な太平洋からの海風には助けられますね。

2010/7/20(火) 午前 7:12 [ moriizumi arao ] 返信する

アバター

。。。四国。。

まだ行ったことは ありませんが 自然の中で

今まで体験したことのない 感動を 体感されたのでしょう

森羅万象。。

大いなる自然に 触れること。。素晴らしいですね。

すべてに感謝を 覚えさせてくれますね。。 ポチ

2010/7/20(火) 午前 9:26 真砂女 返信する

顔アイコン

杜泉さん、こんにちは。
海と空が素晴らしく美しいですね。
弘法大師もこの大自然の美しさを見て
空海と命名されたのでしょうね。
ポチ

2010/7/20(火) 午前 11:04 [ らくがき楽ちん ] 返信する

顔アイコン

真砂女さん
自然に触れ合うというよりも、自然に溶け込みながら歩いていると自然に感謝の気持が湧き、それが次第に自然に対する慈しみの気持に変わっていったような気がします。
ポチありがとうございます。

2010/7/20(火) 午後 3:03 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

らくがき楽ちんさん
弘法大師は、室戸岬付近の御蔵洞というところで修行した時に、
来る日も来る日もただ青い海と空を見続けて、「空海」と命名したという伝説があります。

ポチありがとうございます。

2010/7/20(火) 午後 3:13 [ moriizumi arao ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事