東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]


イメージ 7
     高知県 海岸沿いの峠から太平洋を望む
     ここ2,3日のような真夏の暑い日、毎日ひたすら歩き続けていました。
     そんな無心の中から、……次第に自分が見えてきました。 
     歩くということは何かを生み出してくれる――これを強く実感しました。
ただ、“これからの人生をうみだすには、こんなにも苛烈さを伴うものか”と、
     しょっちゅう考えていました。                


四国遍路 前3回の記事

iいざ出発 〜謙虚の大切さを教わった一番札所   人生を決めた遍路5←クリック
遍路の身じたく 遍路人生を決めた遍路4←クリック
さっそくのお接待 〜お四国病との出会い〜 人生を決めた遍路3'←クリック
 [本 日 の 記 事] 
 

もらい火は業をもらう 一番札所大師堂にて

やっぱり杖を忘れたか!
 本堂の巡拝をどうにか済ませて、池にかかる橋を渡って大師堂へ向かった。
 
イメージ 1

 階段脇の杖立てを見たとたん、手には杖がない。
 案の定忘れてしまった。
 私は生来ひとつのことに夢中になると、ほかに気が回らず、物忘れが多かった。
 あわてて本堂へ戻って取ってきた。

もらい火は業を受け継ぐ
 大師堂では、先ほどの先達さんが巡拝の説明をしているところだった。
 初日は、二番極楽寺までしか廻らないので、時間はたっぷりある。
 また、拝聴させてもらった。

 説明が終わると、先達さんがガスライターを持って、
 遍路一人ひとりのローソクに火を灯してあげている。
 私にも点けてくれた。
 「他人のローソクから火をもらってはいけないんですね?」
 と訊くと、
 「そうすると、その人の業(ごう)ををもらう、といわれて忌み嫌われているのですよ」
 と教えてくれた。
 その言葉が心に強く残った。
 実は1回目の時には、すでに点されているローソクからもらい火をすることもあった。
 だが、今回の遍路では、ローソクと線香は、必ずマッチで火をつけようと決めた。

 ―― しかし、必ずしもそうは言い切れないようだ。
    住職や先達によって解釈異なっていることが、三回目の遍路で判った。
    逆に「その人の幸せをもらうと解釈すれば、もらい火もいいとは思いませんか」
    という住職もいた。
  

 巡拝作法もほぼ思い出したし、8人グループは先を急ぐようなので、
 丁重にお礼を述べて、一人で参拝することにした。
 
 まずは 綱をゆすって鈴を鳴らし、
 お賽銭を10円入れた。

 続いて、山谷袋から経本をおもむろに取り出し、胸の前に開いた。
 開経偈から読み始めた。

   無上甚深微妙法百千万劫難遭遇
   我今見聞得受持願解如来真実義

 「遭うことが大変に難しいとされる仏教の教えに、私は今ここで遭うことができました」
 という意味なのだ。
 この経は、これから読経をしようとする者に、ありがたさと真摯な気持ちを起こさせてくれる。
 私はこの経の意味合いが好きである。
 なんとも言えないリズムも、私の心にも体にもぴったり合う。
  
 続いて、般若心経
 どの遍路もこれだけは、必ず唱えるお経である。
 いわば、『お遍路のバイブル』のようなものだ。
 
 隣の女遍路が、教本を見ずに、小さな拍子木を「ちゃんちゃん」打ち鳴らしながら、
 早口で読経している。
 それにとらわれまいとするが、ついペースが乱されがちだ。
 白衣が古くて少し汚れているので、お礼参りの人か、それとも何回かの巡礼経験者であろう。

 ――私は、この二回目遍路が終えてから三回目の遍路に出るまでに、
 般若心経の解釈書や遍路や仏教関係の本を200冊以上読だ。

 先ほどの、先達さんの説明にしたがって、ご本尊真言、光明真言を唱えたあと、
 御宝号の「南無大師遍照金剛」を三遍唱えた。

 そして最後は、
 「願くば この功徳を以って 普く一切に及ぼし 我等と衆生と 皆仏道を成ぜん」
 という廻向文を唱えた。
 この経文は、自分も、他の人々と共に仏道を成就することを願う言葉で、
 これは開経偈とともに好きな経文だ。
 特に最初の出だしの「願わくばこの功徳を以って、遍く一切に及ぼし」の行が好きだった。

 これでやっと、大師堂への巡拝が終わり、ほっとして締めくくりのの納経所へ向かった。
 何か物足りない。やっぱりまた杖を忘れていた。
 「お大師さま、すみません」といいながら杖たてから杖を取った。

達人芸 両手で墨書
 一番霊山寺には2箇所に納経所があった。
 最初に、以前行った方を訪ねると、
 担当の住職が参拝の指導に出向いているので
 売店を兼ねた方へ行っってほしいとのことだった。
 
イメージ 2
  始めに訪れた納経所。

 
イメージ 3
イメージ 4
  ここの納経所では遍路用品やお土産を売っている。

  中へ入ると、納経を担当するお坊さんが、2冊の納経帳を並べて、
 左右両方の手で同時に墨書をし、朱印を押している。
 その手際のよいこと。まさに名人芸だ。
 
 「納経お願いしたいのですが」と丁重に言うと、
 「ちょっと待って」と、ややどすの効いた声で答えた。
 私にちらっと視線を投げかけたきり、相変わらず作業を続けている。

 10分ほど待つと、「お待ちどうさま、そこにおいて」とやっと口を開いた。
 私が納経帳大事にそっと置くと、さっと手前に引き寄せ、
 先ほどのみごとさで墨書して、朱印を押した。
 そして、新聞紙を切ったものを、記帳したページに挟んだ。
 
イメージ 8


 終わると、「そのノートに記入していきなさい」と、傍らのノートを指差した。
 そのノートには、住所、氏名、出発日、結願日を記入する欄が設けてあった。
 結願日は、赤で記入されていた。 
 自分も必ずここへ記入してみせると、改めて意を決した。
 体にはみなぎるようなものを感じた。

 記入してから、笑顔で「ありがとうございました」というと、
 先ほどよりは柔らかな声で、「気をつけていきなさいよ」と声をかけた。
 その声に、何か救われるものを感じた。

 山門では、これからのたびの安全と結願への祈りを込めて、
 「ありがとうございました、よろしくおねがいします」
 と両側の仁王様に深々と頭を下げた。

イメージ 5 イメージ 9 イメージ 6

 いよいよ出発だ。
 胸に高鳴りをおぼえた。
 意気揚々と二番札所極楽寺へ向かって歩み出した。
 
?H1>[お 勧 め の 記 事]   河西回廊に入る 〜セミバックパッカーのはじまり〜  杜泉新生シルクロード2万キロをゆく52←ぜひクリックしてみてください。

閉じる コメント(12)

顔アイコン

スタート早々 力が入りポチ!ですね。
猛暑のなか、自分で巡礼せず ブログ巡礼ですみません。
「その人の幸せをもらうと解釈すれば、もらい火もいいとは思いませんか」で助かります・・・。

2010/7/22(木) 午後 0:06 [ EGACITE ]

顔アイコン

ご無沙汰しております。
杖忘れが、完璧の中のブラックホールみたいで
楽しみました!!
壮大な入道雲が…夏真っ盛りですね!!

2010/7/22(木) 午後 1:18 ひまわり

顔アイコン

EGACITさん
苦あれば楽あり――これが遍路の醍醐味でもありますので、それでけっこう楽しめました。
傑作ポチありがとうございます。

2010/7/22(木) 午後 9:51 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

ひまわりさん
3回目のときなどは、8キロ歩いてから気付いて戻ったので、16キロもよけいに歩いたことがありました。(苦笑)
真夏の遍路はやっぱりきつかったですね。

2010/7/22(木) 午後 10:01 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

。。。もらい火は いけないと 聞いています。

私も マッチと蝋燭 お線香。。

「お参りセット」と 作りました。

ご朱印帳を 開くたび 、また 頑張ろうと思いましたよ

どんな 山道も 落ちそうながけも

スイスイ行けたのは 守られていると確信しましたね。。

多くを学び 心が 穏やかに 柔らかくなっていくのが

解りました。。ありがたいですね。。 ポチ

2010/7/24(土) 午後 6:50 真砂女

顔アイコン

暑いので再度、暑中お見舞い申し上げます。「清水中世史研究所」からも暑中お見舞い申し上げます。

2010/7/24(土) 午後 9:41 [ 清水太郎の部屋 ]

顔アイコン

真砂女さん
同じ気持を共有できることはうれしいことですね。
私も遍路中、目に見えないなんだか大きいものにつつみこまれ、守られながら歩いているように感じました。
傑作ポチありがとうございます。

2010/7/24(土) 午後 10:36 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

清水太郎の部屋さん
暑中お見舞い申し上げます。 いつも訪問いただいてありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

2010/7/24(土) 午後 10:39 [ moriizumi arao ]

はじめまして。
いつも訪問ありがとうございます。
オレもあと十か寺で結願します。ここまでコツコツ四年かかりました。
クルマ遍路とはいえ、四才の息子と嫁との旅はなかなか大変でした。
いつかは歩いて周ってみたい。これがオレの夢ですね。

2010/9/1(水) 午前 10:38 [ 必殺必中ブリキ屋稼業 ]

顔アイコン

必殺必中ブリキ屋稼業さん

子供さんといっしょの遍路はとてもすばらしいことですね。
輪も何人かの方と出会ってお話を聞いたり写真を撮らせていただきました。
必ず子供さんの地となり肉となり、将来につながることでしょう。
これからも続けてください。
将来は是非歩きで…

2010/9/2(木) 午後 3:30 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

もらい火がいけないとは知りませんでしたけど
たしかに、人の幸せをもらうと解釈すればいいですね
私は、持病があって長くは歩けないかもしれないけど
いつかは、お遍路さんやってみたいって思ってたので
こうやって記事を読ませていただくと
なんだか夢が実現しそうで楽しいです。
ありがとうございます(^o^)/
沢山あるので一遍には読み切れませんが
ぼちぼち制覇させてくださいね
これからも頑張って書いてください応援ぽち

2010/10/9(土) 午後 5:21 まよすら

顔アイコン

まよすらさん
交通機関やタクシーの利用、団体バス、歩きと交通機関の併用など――いろいろな巡り方がありますからぜひ一度巡ってみてください。
応援ポチありがとうございます。

2010/10/9(土) 午後 9:56 [ moriizumi arao ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事