東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]


投票ありがとうございました。

 このブログでは、「シルクロード」と「四国遍路」の両方をある期間をおいて交互にアップしております。 皆さまのご意見を参考にして、

一週間から10日くらいの間隔で交代

することにしました。

イメージ 1
 西域南道の景色ではありませんが、
 天山北路の「天池」の絶景で清涼感を味わってください。
天池の春 〜絶景雪景色〜←ぜひクリックしてみてください。

[杜泉新生シルクロード2万キロをゆく 前3回の記事]

273 一路チェルチェンへ  西域南道をゆく3   杜泉新生シルクロード2万キロをゆく273←クリックしてください。
272 チャルクリクの小学校とウイグルのこどもたち    西域南道をゆく2   杜泉新生シルクロード2万キロをゆく272←クリックしてください。
271 チャルクリク  西域南道をゆく1  杜泉新生シルクロード2万キロをゆく272←クリックしてください。

四国遍路 前3回の記事

もらい火は業をもらう  一番札所大師堂にて  人生を決めた遍路6'←クリック
iいざ出発 〜謙虚の大切さを教わった一番札所   人生を決めた遍路5←クリック
遍路の身じたく 遍路人生を決めた遍路4←クリック

 [本 日 の 記 事] 
 

チェルチェン 〜ポプラ並木の郷愁〜 

 
イメージ 5

チェルチェン河をわたる
 道はやがて西北に向かい、崑崙山脈が見えなくなるころ、 
 チェルチェンまで30キロの地点で、チェルチェン河をわたった。
 およそ500メートルの河床中央を、100メートルほどの幅で水が流れている。
 崑崙の融雪水が、両岸に展開する砂漠を貫いて滔々と流れている。
 なかなかの大河だ。
 
イメージ 3
イメージ 4


===== チェルチェン簡単紹介 ===== 
チェルチェンは西域南道の重要なオアシス都市としてその名は有名でした。
 西域三六国時代、チェルチェンには、且末国と小宛国がありました。
 その後、後漢時代の二世紀末から三世紀にかけては楼蘭国の支配を受けました。

 マルコ・ポーロも「東方見聞録」の中で、このチェルチェンについて記述を残しています。

 9世紀以降、イスラム化が進み 現住民の80%がウイグル族です。
 バイングオロン・モンゴル自治州に属し、人口6万人ほどです。

イメージ 6 イメージ 7   
    チェルチェンで出会ったウイグル族の兄妹       こんな生き生きした目はわが国ではなかなかお目にかかれない。


チェルチェンオアシス
 ポプラ並木のオアシスでは、ときどきロバ車にお目にめにかかる。
 
イメージ 2
           孫を連れてこれからチェルチェンの街まで買い物に行くのだそうだ。
           なんと愛らしい子だ! 
           思わず車を止めてもらい、、かけよって抱き上げさせてもらった。


きれいに変身したチェルチェン
 チェルチェンの街は、チャルクリクよりはずっと大きい。
 18年前、街なかの一条の道――長さ100メートルほどのポプラ並木の道の両側には、
 ウイグル人が路上にさまざまな品物ものを並べて売っていた。
 
 だが現在は、街の中心には、
 噴水や遊歩道が設けられた公園が広がっている。
 
イメージ 10


 中心通りはレンガ敷きのぎれいな道に変身して、
 両側には近代的な建物も見られるようになった。
 
イメージ 8
                    近代的な建物の建築が急速に進められている。
 
イメージ 9
                    バスターミナル


ポプラ並木の郷愁

 大通りにはプラ並木を見ることが出来なくなったが、
 一歩路地に入ると、水路と並行してポプラ並木が続く。
 
イメージ 15

 そこからは、ウイグル人たちの生の息吹と、エネルギーがビンビンと伝わってきた
 大人たちは和気あいあいとした生活の営みを繰り広げ、
 子供たちは仲良く快活な声を張り上げていた。
 
 
イメージ 11
 
 
イメージ 14

 
イメージ 12

 
イメージ 13

   
 そこでは、日本にもかつてあった、ほのぼのとした人と人とのをつながりが感じられた。
 郷愁を感じるのは、ひとり、わたしだけではないだろう。

閉じる コメント(22)

顔アイコン

ポプラ並木の郷愁以降の写真は昔ながらのオアシス風景なんでしょうね。水路で遊ぶ少年たちの歓声が聞こえて来るようです。ポチ☆
でもその前の近代的な噴水のある新市街の写真は、ウルムチやコルラ動揺に漢族に植民化されたウイグル人都市の感がします。貧乏性なんでしょうが、砂漠の噴水はなんとももったいなく思えてなりません。

2010/7/26(月) 午後 4:57 迷えるオッサン 返信する

顔アイコン

こんばんは

子供たちの笑顔がとても素敵です。
きっと杜泉新生さんのお人柄なのでしょうね。

どのお写真もとっても素敵です。
ポチさせていただきます。

2010/7/26(月) 午後 6:20 [ sa07 ] 返信する

顔アイコン

泥川に飛び込む子供達の姿が素晴らしい。終戦直後の日本もこんなに濁っては居なかったが、雰囲気は同じでした。貧しくとも明るく、屈託の無い子供達でした。ポチ!

2010/7/26(月) 午後 8:32 lingmu9216 返信する

顔アイコン

三原色さん
子供たちにはいつも純粋さと活気をもらいます。
おかげさまで旅の疲れも吹き飛んでしまうことが再三でした。
傑作ポチありがとうございます。

2010/7/26(月) 午後 10:45 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

楽農家さん

本能的に子どもが好きですね。
自分にも子供らしさが残っているからなのでしょうか。
とにかくたまらなくいとおしくなる時があります。

2010/7/26(月) 午後 11:04 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

迷えるオッサンさん
砂漠の噴水はシルクロードの国々や街々でよく見かけました。
砂漠の民の水に対する憧れの粟我とも見えるのですが、
オアシスの水の豊かさを誇示する昔からの意識が継続されているようにも思えます。
傑作ポチありがとうございます。

2010/7/27(火) 午前 10:19 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

sa07さん
子供は理屈抜きにかわいいですね。
子供は正直なので、その気持がわかってくれるのでしょうか。
傑作ポチありがとうございます。

2010/7/27(火) 午前 10:23 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

kensuzuさん
われわれの子供のころもどぶ川の中であそびましたが、
さすがにあまりにごったところでは及びませんでした。
砂漠の子供にとっては水であることだけでも喜びのようでした。

2010/7/27(火) 午前 10:30 [ moriizumi arao ] 返信する

近代化のビルと住んでいる人々のギャップに驚きました。
子供たちの様子は日本の昔を思いおこします。

2010/7/27(火) 午後 0:50 nanohana7897 返信する

顔アイコン

一番上の写真・・・太陽に照らされた天池ですか・・・・あまりの絶景に驚くばかりです・・・・ポチっ。源 住泰でした。

2010/7/27(火) 午後 3:01 [ japaninstaizu ] 返信する

顔アイコン

なのはなさん
中国での経済的、文化的、精神的なギャップの大きさはものすごいですね。
とても考えさせられてしまいますよ。

2010/7/27(火) 午後 5:24 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

源 住泰さん

逆光での撮影がうまく行ったひとつです。
まるで月光のような幹事になりました。

こちらも毎日暑いですね。

2010/7/27(火) 午後 5:26 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

こんにちわ。
いやいや、今日も絶景ですね。
人々の姿もほんとに自然で素敵です。
傑作☆
実際にこういう場所に行き、実際の目で見てこられたのだと思うだけですごいです。

2010/7/27(火) 午後 7:48 河童 返信する

アバター

。。近代化の進む中。。

綺麗な瞳の 兄弟さん。。懐かしく暖かい笑顔ですね。

ポプラ並木。。いいですね。

舗装されていない 大地の上で 生活できるのは 。。

私には うらやましく思います。。

文明の進化は ほどほどが いいのかもしれないなぁ。。

でも 現代でないと araoさんと 出会うことも無かった訳で

。。自然と 共存したいですね。。

コンクリートは 住みづらいですよ。。ステキな記事を

ありがとうございます。♪ ポチ

2010/7/28(水) 午前 6:00 真砂女 返信する

顔アイコン

河童さん

憧れと好奇心、いろいろなところへ導いてくれました。

現地の人びととのふれあいや溶け込みがよい表情を生んでくれるようです。

傑作ポチありがとうございます。

2010/7/28(水) 午前 10:36 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

真砂女さん

いつもすてきなコメントありがとうございます。

シルクロードや途上国を旅していると、

これ以上不必要に発展してほしくない……と思うときがしばしばです。

神秘の景色の中に入り込むといっそうそう感じます。

私が科学の世界から人間相手の世界へ入ったのは、

そんな理由がありました。

傑作ポチありがとうございます。

2010/7/28(水) 午前 10:48 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

キタロウの音楽を久し振りに聞きました。シルクロードの光景に似合っていますね。

2010/7/28(水) 午前 11:31 [ ciaocommodore ] 返信する

天地の青い空、湖の深い空間は美しいですね。
ポプラ並木は、木陰で涼しいのでしょうか?
水辺の子供たちは元気で楽しそうですね。ポチ!

2010/7/28(水) 午後 0:31 K 返信する

顔アイコン

ciaocommodoreさん
コメントありがとうございます。
私もテレビNHKシルクロードを見ながらよく耳にしていました。
いいですね〜。

2010/7/29(木) 午前 5:58 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

Kさん
ポプラ並木の中に入るととても涼しいですよ。
子供たちは水路の下流の方で水遊びをします。
同時にたくさんの子供が泳ぐので、水はすぐににごってしまいます。

2010/7/29(木) 午前 5:59 [ moriizumi arao ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事