東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]


?H3>四国遍路の魅力にふれて 前3回の記事
まだご覧になっていない人は、クリックしてください。
7.新人生への旅立ち←クリック
6.人生リセットの遍路旅へ←クリック
5.私の発願←クリック
 
イメージ 1
  桂浜  勇壮な太平洋を眺めながら、その後の人生を決心した思い出深い場所です。(第2回目遍路)
       
四国遍路の魅力
四国歩き遍路の魅力←クリック
 
イメージ 2
  足摺岬に沈み行く夕陽を眺めながら、幼い日に出会ったお遍路さんもこの夕陽を眺めたのだろうかと、ふと感傷的になりました。(第2回遍路)
 
このほかの四国遍路の記事は、書庫の「四国遍路の魅力」をクリックすると開きます。

 [本 日 の 記 事] 

富士山からのお接待  

 仙台空港を飛び立った飛行機の窓から、奥羽山脈に始まり、
 幾多の山並みを過ぎて北アルプスを眺めていると、
 まもなく雲海ののかなたに、予期せず、富士山が見えてきた。
 飛行機は次第に富士山に近づいてゆく。
 なんという幸運だ。思わず小躍りしそうになった。
 
イメージ 3
イメージ 4

 
 きらきら輝く雪をたたえ、快晴の空にあざやかな紫色をくっきりと浮かび上がらせている。
 こんな富士山を見るのは初めてだった。
 
イメージ 5
イメージ 6

 気持まで雄大になってくる。
 いっぱいの開放感が、今までの人生を遠い過去のような気持ちさせてくれる。
 「大切なのは、後ろを振り向かないことだ」と、富士山が教えてくれているようだった。


 実は、私には四十年以上もずっと引きずってきた「後悔の思い」があった。
 それを、遍路の中で、自然に消化しようと考えていた。
 だがこんな勇壮で神々しい富士山を眺めていると、
 それは取るに足らない小さいことに感じられた。
 なんだか、今すぐにでも吹き飛ばせそうな気がした。
 一番札所に立つ前に、出来ればここでけりをつけてしまおう。
 そして、前だけ向いて遍路をしよう――そう心に決めた。


 そのために、《これが最後だぞ》と、自分に言い聞かせて、
 「後悔の思い」の発端となった出来事を、むしろ、無理に思い浮かべた。

 私は子どものころから医学志望だったが、
 父が保証人をしていた二つの会社が、相次いで倒産して、
 我が家は莫大な借金を背負い込んでしまった。
 経済的理由から、好きでない工学部へ進学して「化学」を専攻した。
 進学後は、「化学も、深めればきっと好きになるだろう」
 と思いながら、一生懸命勉強を続けた。

 お陰で好成績を収めることができ、教授の勧めもあり、大学院へ進学した。
 修了後、会社の研究所を経て、大学教員になった。
 努力のお陰で関心はもてるようになったが、とうとう好きにはなれなかった。
 私にとって化学は、あくまでも仕事の手段以外の何ものでもなかった。
 
 これ以上化学を深めることは自分にとってはあまり意味のないこととではないか――。
 そういう思いが強くなり、遍路に出て、歩きながらじっくりと考えることにした。
 これが第二回目の遍路だった。
 
 その2年後、教育が好きなので工業高校の教員になった。
 だが、化学からは離れることができなかった。
 「化学好きの顔」をして教育に当たるのが、生徒たちに後ろめたい気持ちになることもあった。 
 化学を選んだことを、ずっと「悔い」として引きずって来た。
 早く化学から完全に脱却したかった。

 だから、「退職後は化学とは無関係な新しいことに挑戦しよう。
 そして納得のゆく人生を送りなおそう」と常に考えていた。
 四十歳すぎから「自分探し」を始めた。
 いろいろなことに取り組んでみて、辿りついたのが、「作家」を目指すことだった。
 
 
 富士山を見ていたら、発想の転換ができた。
 「好きでない化学を続けてきたからこそ、新しいことに挑戦しようという強い気持ちが生ま
 れた」。 
 こう考えると、「化学を続けてきたことはむしろ良かった」とさえ思えてきた。
 今は、まったくと言ってもいいほど、悔いはない。
 きっと、『富士山からのお接待』にちがいない。
 なんて幸運なのだ、と思った。
 そして遠ざかりゆく富士山に感謝の気持で手を合わせた。
 
イメージ 7
イメージ 8

 そのとき、遍路に「捨てに来る人・拾いに来る人」がいるという言葉が、頭に浮かんできた。
 「捨てる」とは、精神的な重荷や不幸な気持ちから開放されるために遍路することを意味する。  昔は、不治の病を持つ人が遍路に死場を求めて巡ることをも意味していた。
 「拾う」とは、
 光明や希望を見出したり、
 今まで見えなかった自分を見つけたり、
 これからの生きる目的や目標を見出したり、
 人との新しい結びつきを得たりすることである。
 
 私の遍路は、完全に「拾う遍路」だと思う。
 むしろ「前向き遍路」や、「プラス指向遍路」と言った方がいいかもしれない。
 富士山を見ていて、このことをはっきりと自覚できた。
 今までの「後悔の想い」をプラスに変えた今は、
 すっきりとした気持で遍路をスタートできるにちがいない。
  
 こんなことを考えながら、これまでの人生の悔いを払拭し、新人生への想いをはせていた。
 富士山ありがとうございます。
 
 そうする内に、飛行機は早くも伊丹空港へ到着した。

閉じる コメント(16)

アバター

。。。富士山は 霊峰。。

いつも違う表情ですね。。きれいに見えてますね。。

私も先日見てきました。。

いや。。会ってきました。。かな?。。笑

見えると とても 嬉しいです。

身がひきしまる。。。富士山です。 ポチ

2010/10/20(水) 午後 10:45 真砂女 返信する

アバター

あらおさま

こんばんは〜
人生を深く生きていらっしゃる。
一つ一つを大切にその意味を求めながら…
感動と共に実際お逢いしてみたくなりましたよ〜

『大切なのは、後ろを振り向かないことだ』
前しか見えない三原色にとっては
それで良いんだよ!って認めていただけた気がして嬉しかったよ♪

佳き人生を!
ポチ★

2010/10/20(水) 午後 11:16 幼児小学生絵画教室 三原色の会 返信する

顔アイコン

日本に生まれて本当に良かった・・・そう感じさせます。ありがとうございます。ポチ!

2010/10/21(木) 午前 9:11 [ yukkon ] 返信する

顔アイコン

おはようございます・・・・・感謝

2010/10/21(木) 午前 9:14 [ - ] 返信する

顔アイコン

真砂女さん
富士山はわれわれ日本人にとってはいろいろな意味で大きな存在感のある山ですね。
見ているだけでどっしりとした安心感を与えてくれます。
ポチありがとうございます。

2010/10/21(木) 午前 11:09 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

三原色さん
私自身が人生を深く生きようと思っていたのではなく、
自然がそうさせたのでしょう。
運命というやつでしょうか。
生きているうちに次第に前向きになってきたように思います。
ポチありがとうございます。

2010/10/21(木) 午前 11:14 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

YUKKONさん
日本内外をあちこち歩いていると、なんだかんだ言っても、日本はよい国だと思いますね。
ポチありがとうございます。

2010/10/21(木) 午前 11:21 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

相場 勝蔵さん
遍路や海外のひとり旅を長くしているとしゅういの人びとにも自然にも自然に感謝の念が湧いてきます、コメントありがとうございます。

2010/10/21(木) 午前 11:25 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

moriizumi arao さま、

人生は自分しだいですね。。

この記事を読ませて頂いて、つくづくそう感じました。

素敵な記事と写真をありがとうございました。☆(*^_^*)

2010/10/21(木) 午後 4:21 K22 返信する

顔アイコン

K22さん
あなたの言葉真髄ですね。
ポチありがとうございます。

2010/10/21(木) 午後 8:32 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

「前向き遍路」、「プラス指向遍路」ですね。
富士山はやっぱり霊峰、この1年で 実際登り、空から、ふもとから観ても このことをはっきりと 感じました。
「後悔の想い」はあまりないのですが、
いつも 前向きに 楽しもうと 想いポチ!です。

2010/10/22(金) 午前 9:50 [ EGACITE ] 返信する

顔アイコン

EGACITEさん
前向きに大いに楽しもうという姿勢があなたの記事から発散されています。
健康にも良しですね。ポチありがとうございます。

2010/10/23(土) 午前 9:21 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

おはようございます。
日本の富士山を ふもとから観た記事を入れましたので、
ちょっと関連して トラバさせてもらいます。

2010/10/24(日) 午前 9:12 [ EGACITE ] 返信する

顔アイコン

EGACITEさん
トラバありがとうございました。

2010/10/29(金) 午後 1:07 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

素敵なお気持ちの転換でしたね。

何だか 一生懸命生きて来られた人生の重さ・・・この表現がすきではありませんが、今だから聞ける貴重なお言葉に 心があつくなります。ありがとうございます。

2010/11/27(土) 午後 9:37 [ 風の音の中に・・・ ] 返信する

顔アイコン

風の音の中にさん

気持を一挙に切り替えられたのは、よかったと思います。

富士山には後押ししてもらった感じではありますがやはり、
自分自身がそうさせたのだろうと思います。

2010/11/29(月) 午後 2:13 [ moriizumi arao ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事