東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]


?H3>四国遍路の魅力にふれて 前4回の記事
まだご覧になっていない人は、クリックしてください。
8.富士山からのお接待←クリック
 
イメージ 1
                    神々しい富士の朝日
7.新人生への旅立ち←クリック
6.人生リセットの遍路旅へ←クリック
 
イメージ 3
    足摺岬の夕焼け    昔の人びとは海のかなたに浄土の世界があると信じて船を漕ぎ出したという。
5.私の発願←クリック
 
イメージ 2
   高知県の室戸海岸  歩けど歩けど次から次へと尽きることなく岬が現れる。ごろごろ大岩がが転がる海岸を眺めながら炎天下の国道を室戸岬へ向かって歩く。(第2回目遍路)
       
四国遍路の魅力
四国歩き遍路の魅力←クリック
 
イメージ 4
    心静にゆったりと歩いているとふと今まで気付かなかった自分が見えてくる。  
 
このほかの四国遍路の記事は、書庫の「四国遍路の魅力」をクリックすると開きます。

[杜泉新生のシルクロード2万キロ まとめて紹介 前3回の記事]

33.遊牧民の強制移住←クリック
32.遊牧民のテントの暮らし拝見←クリック
イメージ 6

31.東チベット遊牧民の生活 〜集落めぐり〜←クリック
 
イメージ 7
                        
 [本 日 の 記 事] 

大阪で道案内のお接待  

 伊丹空港から電車を乗り継いで梅田駅に下りたが、
 久しぶりの大阪なので、勝手がわからない。
 表示が見つからないままに地下道をあてずっぽうに歩いていたら、
 徳島行きの高速バスが発着するターミナルがある阪神百貨店とは反対側の
 阪急百貨店側に出てしまったようだ。

 道をたずねようと思ったら、ちょうど近くの小さな公園に、
 小鳥にえさをやっている中年のサラリ−マン風の男性がいた。
 地図を見せて、「徳島方面のJR高速バスの乗り場はどこですか」と聞いたら、
 「私もそちらのほうへ行きますので」といってわざわざ案内してくれた。

 「定年になって、これから遍路に行くのです」と言うと、「
 私は香川の高松の出身です」と親しみを込めて微笑んだ。

 
 道を聞いた人が偶然にも四国の人とは、なんとも不思議な縁を感じる。
 まさしく、「お接待第一号」だ。
 これから遍路に向かう私にとっては、本当にラッキーだった。
 「気をつけて行ってらっしゃい」と言い残して、親切な人は去っていった。
 この「気をつけて…」という言葉は、
 その後遍路中に地元の人から何度となくかけてもらった。
 そのたび、どれだけ癒され、感謝したことか・・・。

 その人と別れてから、
 〈ところであの人は、何でこの時間にあそこで鳥にえさをやっていたのだろう?〉 
 〈もしかして、気の毒にもリストラに遭ったのでは?〉などと勝手に想像してしまった。
 やっぱり、そんな雰囲気だった。
 ラッキーにも、予定より一時間以上前のバスに乗車できた。
 
イメージ 12
イメージ 5
             JR高速バス 鳴門・徳島−大阪線
 
 快晴の富士山との出会い、大阪での親切な人の道案内、
 そして一便早いバス乗車と幸運続きだ。

 バスは鳴門大橋を渡り、一路淡路島に入ってゆく。
 
イメージ 8
イメージ 13

 
 瀬戸内海の海面は海星の陽を受けてきらめいている。
 あちこちの野や畑に花が咲き誇り目を楽しませてくれる。
 
イメージ 16

 
イメージ 15


 阪神大震災で最も被害の大きかった北淡町に差し掛かった。
 悲惨な状況を意識しながら 外を眺めたが、幸いにも、傷跡は、微塵も感じられなかった。
 現在は 土地区画整理事業により 道路整備されていた。
 このあたりは新築の家が目立つ。
  
イメージ 14
イメージ 9
 旧北淡町役場(現支所)

 「鳴門のうずしお」を眺めてながら、バスは四国へと足を踏み込んで行く。
 いよいよ四国か、と胸の高鳴りを覚える。
 
イメージ 11
イメージ 10

 

閉じる コメント(15)

アバター

あらお様

こんばんは〜
海のかなたに浄土の世界があると信じて船を漕ぎ出した。
なるほどぉ〜
浄土の世界はそんなところに…

ポチ★

2010/10/21(木) 午後 10:07 幼児小学生絵画教室 三原色の会 返信する

顔アイコン

幸先がいいスタートですね〜(*^^)v
鳴門の渦はまだ見たことがありませんが
迫力あるでしょうね^^
一番上の写真好きです。ポチ
こんな日の出(夕焼けではないですよね?)を
生で見てみたいです♪
いつもステキな写真をありがとうございます

2010/10/21(木) 午後 10:40 まよすら 返信する

京都から今晩は(^^ゞ
訪問コメントありがとうございました。
y子達17日から敦煌ツアーを予定していたのですが、尖閣問題が出て、直ぐキャンセルしたのです。
折角行って嫌な思いもしたくないと思って・・・
騒ぎ起こしている人は一部、でもあえて嫌な思いしなくてもと、、、行くチャンスは又有ると思うの
一人1人は良い人達なのに、一部の人の為に残念な事ですね。
何時も平和が良いですョ

2010/10/21(木) 午後 11:18 yko 返信する

顔アイコン

大阪はいかがですか?
私も田舎の香川の丸亀です。
ご縁ですね。ポチっ。

2010/10/22(金) 午前 8:50 [ ミッキー ハウス ] 返信する

顔アイコン

大阪で 道を聞いた人が偶然にも 四国高松の人とは、
なんとも不思議な縁、まさしく「お接待」ポチ!。

ちょうど、先日の 高松友人お接待と重なり、
トラバさせてもらいます。

2010/10/22(金) 午前 10:09 [ EGACITE ] 返信する

顔アイコン

三原色さん
足摺岬の夕陽を見ていると私でさえ、
あのかなたにほんとうに浄土の世界があると思えて来ました。
ほんとほんと!
ポチありがとうございます。

2010/10/22(金) 午後 0:24 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

あら淡路を紹介して頂けるとは、元住民として嬉しいです。
徳島駅前とかってほんとお遍路さん多いですね。初めて行った時は驚きました

2010/10/22(金) 午後 11:19 [ クマ ] 返信する

顔アイコン

真砂女さん
親切にしていただけるのは、してくれる側の仁徳とともに、施してもらう側のひとがらもよいからなのかもしれませんね。
あなたの仁徳ですよ。きっと
よきサプライズは神からのプレゼントかもしれませんね。
ポチありがとうございます。

2010/10/23(土) 午前 7:20 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

ミッキーハウスさん
旅でもブログでも不思議なご縁を感じることが好くありますね。大切にしたいですね。
ポチありがとうございます。

2010/10/23(土) 午前 7:33 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

まよすらさん
富士の朝日すばらしかったですよ。
勇気もらいました。
三回目の遍路は順風満帆のスタートでした。
ご褒美かな〜(^o^)
ポチありがとうございます。

2010/10/23(土) 午前 7:38 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

yoikoさん
敦煌キャンセル残念でしたね。
政治問題で一般人が被害をこうむるのはかなわないですね。
状況が落ち着いたらぜひ行ってください。
ポチありがとうございます。

2010/10/23(土) 午前 7:44 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

EGACITEさん
幸運と縁の不思議を感じましたね。
こういうことってたまにはありますよね。
ラッキー! ポチありがとうございます。

2010/10/23(土) 午前 7:47 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

クマさん
阪神大震災当時は淡路島に住んでいましたか?
当時は大変だったのでしょうね。
仙台でもときどき西域南道度5〜6の地震が起きます。
ポチありがとうございます。

2010/10/23(土) 午前 7:51 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

ご無沙汰しております。
相変わらず、素晴らしいブログ!
それにしても、精力的ですねえ。
四国入りの写真を懐かしく拝見しました。
私も一回目のお遍路は、新宿発夜行バスで淡路経由で
霊山寺に入りました。
またお遍路の虫が騒ぎ始めました。
今度は桜の季節がいいかなあ・・・
ご活躍を期待しております。

2010/11/9(火) 午後 3:04 [ ugg*0*23 ] 返信する

顔アイコン

ugg*0*23さん

あなたもお遍路経験者でしたか。

一度四国を経験したものにとっては、刺激されるとすぐ行きたくなってしまいますね〜

2010/11/11(木) 午前 10:10 [ moriizumi arao ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事