東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

 

四国遍路の魅力にふれて 前回までの記事

クリックするとそれぞれの記事が開きます。
10.四国入り早々「お四国病」に出会う←クリック
9.大阪で道案内のお接待←クリック
8.富士山からのお接待←クリック
7.新人生への旅立ち←クリック
6.人生リセットの遍路旅へ←クリック
5.私の発願2←クリック
4.私の発願1←クリック
3.お遍路との共通点を感じた山伏修行←クリック
 
イメージ 1
                      山伏の火渡り修行
2.お遍路さんとの始めての出会い←クリック
1.心癒される出会いとふれあいの旅←クリック
四国遍路の魅力
四国歩き遍路の魅力←クリック
  
イメージ 2
                         足摺岬にて

 [本 日 の 記 事] 

いろいろな巡り方があります

順打ちと逆打ち

 遍路が札所を巡拝することを「打つ」いう。
 昔、金属や木でできた納札を、霊場の柱などに打ち付けて、巡拝した証にしたことに由来している。
 
イメージ 7
                  よく見ると、その名残が数ケ所の札所に残っていた。
 
 「順打ち」というのは、一番札所から二番札所へといったように、番号の順番に巡拝することをいう。方向的には、四国を時計回りに巡ることになる。

これに対して「逆打ち」は、八十八番札所から八十七番札所へといったように、番号を逆に巡拝する。
 
イメージ 9

 
 一般的には、「順打ち」が普通である。
 道しるべや、後で述べる「遍路マーク」なども、ほとんど「順打ち」に便利なように表示されている。「逆打ち」は、道を熟知したベテラン遍路が行うことが多い。
 私が出合った「逆打ち」遍路はいずれも五回以上の経験者だった。
 
イメージ 3
 

通し打ちと区切り打ち

 一度に八十八ヶ所すべてを巡拝するのを「通し打ち」、
 何回かに分けて巡拝するのを「区切り打ち」と呼ぶ。
 中でも、阿波(徳島)、土佐(高知)、伊予(愛媛)、讃岐(香川)の一国ごとに区切り打ちするのを「一国まいり」という。
 
 みなさんの中にも、長期間連続で時間を取れないが、ぜひ遍路をしたいという人がいると思う。
 そういう人には、「区切り打ち」をお勧めする。
 私の遍路中にも、「区切り打ち」をしている勤めの人に数多く出会った。

全行程歩きと交通機関の併用

 八十八ヶ所全行程を歩き通さなければならないということはない。
 途中電車やバスを利用している人も少なくない。
 自分の健康状態や体力に合せた、自分なりの遍路をすればいいのである。

 このような例を二つ紹介したい。
 十二番札所焼山寺を下ったところにある植村旅館で八十三歳の宮崎の女性と同宿になった。
 この女性は八十歳から「通しの歩き遍路」を始めて、今回で三回目とのことだ。
 「この年齢で…」と、驚いてしまった。
 
イメージ 4
                            植村旅館
 
 ところが七日後、さらに驚かされた。
 室戸岬へ向かう途中、この老女が私の前方を歩いている。
 おばあさんよりはずっと若くて?足にはいささか自信のある私より先に歩いているなんて…
 と思いながら、少し歩みを速めて追いついた。
 「おばあちゃん、ずいぶん早いんだね」と声をかけると、
 「さすがに今度はな、たまにはバスを使っとるんよ」という返事だった。
 それを聞いてなんとなくほっとした。
 
イメージ 5

 「そのほうがいいですよ。それじゃこれからも無理をしないで…」と言って、私は先に歩き出したが、 年相応の遍路の仕方をしていることに、他人ごとながら安堵した。


イメージ 6 六十三番札所吉祥寺で、少し細身で色白の青年と、休みながら会話を交わした。
 「私は体が弱いので、少しでも丈夫になればと思って遍路をしています。
 バスや列車に乗ることが多いのですが、歩けるところは出来るだけ歩こうとしています…」。
 青年は聞くともなくぽつりと語った。
 この時にも、「たいした心がけですね。大切なのはお遍路をしようという気持だと思うのですよ。自分 にあった巡り方が一番いいと思いますよ」と答えた。

 
 
 
イメージ 8
    四万十川の清流   これを眺めていたら、とてもすがすがしい気持になれました。 
   これが心が洗われたというのでしょうか。 いまも心に深く残るっている光景です。

閉じる コメント(14)

顔アイコン

お遍路の回り方はその人の気持ちしだいといううことを聞いて気持ちが楽になりました。☆☆☆ポチ!
私も回って見ましょうかね〜

2010/11/8(月) 午前 10:41 [ chama ]

顔アイコン

chamaさん
それぞれの人の心が大切だと、私は思っています。
形ではないでしょう。
ポチありがとうございます。

2010/11/8(月) 午前 11:03 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

本土ね、まったく同じ感じでした

2010/11/8(月) 午前 11:43 [ fuq*a*16* ]

火渡り修行!
勇壮ですね。
お遍路も、体力にあわせて、
バス利用とかいろいろあるのですね。
良い出会い、もたくさんあることでしょう。
心の中の問題が浄化され、願っていることが、叶いますように。。。
青く美しい海にポチ!

2010/11/8(月) 午後 0:12 K

顔アイコン

こんにちは。

傑作ポチ☆です。
転載させてくださいね、このシリーズ。
出来れば、このシリーズに転載マークがありますと、よいのですが。
ご一考下さい。合掌

2010/11/8(月) 午後 1:32 [ rasen ]

顔アイコン

fuq*a*16* さん

「同感の士?」ですね。\(^o^)/

2010/11/8(月) 午後 3:05 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

Kさん

いつも写真をすばらしい感性で見てくれるのでうれしいですね。

傑作ポチありがとうございます。

2010/11/8(月) 午後 3:08 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

洗心庵さん

これからは「転載可」にしておきますので、これからもよろしくお願いいたします。
忘れたら連絡くださいね(^o^)

2010/11/8(月) 午後 3:13 [ moriizumi arao ]

火渡り修業・・・実際に見て
ビックリされましたか?私は画像だけでも目がとまりましたです

2010/11/8(月) 午後 7:03 はなゆり

コメントありがとうございました!
とてもステキな旅、経験をお持ちですね。
これから沢山見せていただきます。

写真も本当にキレイですね!

2010/11/8(月) 午後 7:35 [ たらこ ]

顔アイコン

はなゆりさん

子供のころから厳しい修行を見てきましたので、むしろ自分もあれをやれるようになりたいな〜という目で見ていました。

2010/11/8(月) 午後 8:51 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

たらこさん

訪問とコメントありがとうございます。

これからも見に来ていただけるとほんとうにうれしいです。

2010/11/8(月) 午後 8:52 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

四万十川の清流は確かに心がゆったりと感じる、そんな経験をしました。ありがとうございます。ポチ!

2010/11/9(火) 午前 9:01 [ yukkon ]

顔アイコン

yukkonnさん

四万十川を眺めていると気持がゆったりしてきます。
やっぱりいつ眺めてもいいな〜

ポチありがとうございます。

2010/11/9(火) 午前 10:31 [ moriizumi arao ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事