東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

http://www.youtube.com/v/7MesT0AJDcI&hl=1&autoplay=1

敦煌莫高窟3   杜泉新生シルクロード2万キロをゆく

記事は、題目をクリックしてご覧ください。
 記事中の写真一部紹介
 
イメージ 6

 
イメージ 7

 
イメージ 8
           

四国歩き遍路の巡り方

1.四国遍路のいわれを知ろう  四国歩き遍路の巡り方1
2.l路の時期はいつがよいか  四国歩き遍路の巡り方2
3.いろいろな巡り方があります  四国歩き遍路の巡り方3

 [本 日 の 記 事] 

桃の花咲く道を二番札所へ向かう 〜逆打ち女遍路の余韻

逆打ち女遍路を回想しながら歩む…

 霊山寺をから二番極楽寺へ向かう道の両側には、満開の桃畑が続く。
 ピンク色がいっそう心を浮き立たせてくれる。
 
イメージ 4
イメージ 5
                   
 
 そういえば、二度目の遍路の時には、
 霊山寺から二百メートルほど歩いたところでで逆欝の女遍路と出会った。
 そのことを懐かしく思い出した。
 
 そのときの様子を描いた日記文と当時のを紹介します――。

イメージ 9  反対方向から歩いてくる女遍路が、
 「こんにちは、これからですか」
 と道の向こう側から、笑顔で声をかけてきた。
 年のころ四十歳ぐらいだろうか。
 切れ長のまなざしが印象的だった。
 
 私の真新しい白衣を見て、これからのスタートだとすぐにわかったのだろう。
 「はい、今日からスタートです」
 「どうぞお気をつけて」
 「ありがとうございます。あなたは、結願なさって一番札所へお礼参りですか?」
 と聞くと、
 「いいえ、逆打ちです」
 という返事が返ってきた。
 予想外だった。
 逆打ちというのは、「逆の順番に巡る」ということは、
 学生時代の遍路の時に聞いてすでに知っていたが、
 最初に言葉を交わす遍路が、まさか「逆打ち」だとは、夢にも思っていなかった。

 「逆打ちをなさる人は、何度かの経験者だと、聞いているんですが。何回目ですか?」
 「5回目です」
 「やっぱり、すごいですね。そういう人に最初に声をかけてもらって、勇気になります」
 「それじゃ、気をつけて行ってきます」
 と言うと、女遍路はにこりと笑って、
 「がんばってぜひ結願してください。お祈りさせていただきます」
 と目を閉じて合掌した。
 そのあと私に向かって、ていねいに頭を下げてくれた。
 
 私も頭を下げながら、
 「ありがとうございます」
 と言って別れた。
 
 10歩ほど歩いたところでふと気になり、後ろを振り返ると、
 女遍路はこちらを見てまだ立っていた。
 まるで私の旅路を見送ってくれるようだった。
 心に響くものがあった。
 私は女遍路のほうを向いて、ていねいにお辞儀をして、ふたたび前方へ歩き出した。
 
 これから長い遍路が始まる。
 この励ましは「お接待の心」だろう、と思う。
 学生時代のときのような「お気楽遍路」と違って、
 将来への不安を抱えての気の重い遍路だけに、
 ほんとうに力を頂いたような気持になった。

 
 少し気持が引かれたが、後ろを振り返らなかった。
 なんともいえない余韻が残った。

 
イメージ 1
イメージ 3
                 27年前当時のこの近辺の写真

閉じる コメント(12)

顔アイコン

こんばんは。
開けてびっくり。桃の花が満開です。寒いのが急に暖かくなった様に思えます。
ポチ☆

2010/11/14(日) 午後 5:48 [ バタフライ ]

顔アイコン

こんばんは。
こちらも 桃の花が満開でびっくりしましたが、
逆打ち美人女遍路はんの写真に またびっくりポチ!。
余韻が大切ですが、写真が大きくなる ご利益をいつか・・・?

2010/11/14(日) 午後 5:53 [ EGACITE ]

顔アイコン

バタフライさん

晩秋にパーッと行くのも趣向があっていいじゃありませんか…?

ポチありがとうございます。

2010/11/14(日) 午後 6:22 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

EGACITEさん

小さく? 大きく? 迷ったんですが小さくしてしまいました。

この女性も、もうおばあちゃまなんでしょうね〜

まあ拡大してみましょう。

ピンボケにならない程度に…

ポチありがとうございます。

2010/11/14(日) 午後 6:26 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

はじめまして、こんばんは。
訪問とコメをありがとうございます。

敦煌という映画を2度見ました。「行ってみたいなー」の気持ちは生活の忙しさとともに頭の隅からも無くなっていましたが、こちらで見てぱっと思い出しました。ありがとうございます。ポチ!

2010/11/14(日) 午後 10:31 [ あゆみ ]

顔アイコン

いつまでも見ていたいような
桃がきれいですねえ
絵の安らかな表情がとても好きです〜ぽち

2010/11/14(日) 午後 11:12 まよすら

これほどまでに美しい桃の満開アーチは初めてです。
色も濃くて素晴らしいですね。

出発時に出会った方が、素敵な方で良かったですね。
最初って肝心ですもの。その後の遍路の力になったことでしょう。
ポチ☆

2010/11/14(日) 午後 11:13 daisukiyumin

顔アイコン

歩さん

書庫の中からお好きな項目を選んで楽しんでいただければ、
うれしいです。
これからもよろしくお願いいたします。

ポチありがとうございます。

2010/11/15(月) 午前 7:24 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

まよすらさん

きれいな桃の花が咲き誇る遍路道を歩いていると、
とてもルンルン気分でした。

敦煌にはお気に入りの仏像がたくさんありました。

ポチありがとうございます。

2010/11/15(月) 午前 7:32 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

YUMINさん

通り過ぎるのがもったいないほど心地よく歩けました。

逆打ちの女性遍路との出会いは、思い出に残ります。

ポチありがとうございます。

2010/11/15(月) 午前 7:37 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

こんにちは♪

綺麗なお写真をありがとうございます。

>「御接待」

品物だけではなくて心の御接待も有るんですね。


”ポチッ”

2010/11/15(月) 午後 2:28 [ rar*rar*do ]

顔アイコン

rar*rar*doさん

お接待は心が行為に表されるものですから、

ものであることだけでなく、
親切として形に現れることも多いのですよ。
ポチありがとうございます。

2010/11/15(月) 午後 4:02 [ moriizumi arao ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事