東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

何ものにも代えがたい開放感

イメージ 1
          焼山寺を下る途中の里には、もう4月なのにまだ梅が咲いていました。

 焼山寺越えの翌日、植村旅館を出発して、鮎喰川沿いの道を十三番大日寺に向かった。
 
イメージ 2

 自由を満喫しながら歩き続けた。

 メモには、こんなことが書き綴られていた。

 太陽に向かって歩いてゆく。
 開放感いっぱいだ。心が自由だ。
 せせらぎがきらきら光りながら流れている。
 
イメージ 7

 
 山側には、満開の桜の花々。
 川向こうの畑にはには、菜の花がいっぱい咲いている。
 きれいに、きれいに咲いている。
 ところどころに、川に渡されたこいのぼり。気持ちよさそうになびいている。    
 まるで、鯉の川上り。
 
イメージ 8

 
イメージ 3

 
イメージ 4

 
イメージ 5


 見るものすべてが自分に優しい。
 花も草も、脇を流れる川も、みんな私を歓迎してくれるようだ。
 やっぱり歩きの旅はいい。
 
 道端の小さな仁王像や無縁仏に、心を込めて手を合わす。
 
イメージ 6

 通行の人や車の人が、みな深々と頭を下げてくれる。
 ありがたい、ありがたい。    
 ほんとうは、こちらから頭を下げさせてもらわなければならないのに…。

 見るもの、出会う人、すべてがありがたい。いとおしい。
 すれ違う車が大きくよけてくれる。自然に頭が下がってしまう。
 道端の交通標語「狭い道 大きく拡げる ゆずり合い」が心に沁みる。
 
 こんな至福の時間を与えてくれる四国の人に、自然に…、心から感謝がわいてくる。
 今まで頑張ってきた自分へのご褒美に、神様が与えてくれた時間かもしれない。   
 よくこれまで我慢しながら化学の道をがんばってきたと思う。
 今までの苦労のご褒美をやるから、これからは十分楽しむがいい
 もうこれからは誰からも自分からも束縛されない。
 「自由にやるがいい」
 神様と自分が、自分にそう叫んでいる。
 神様に感謝しよう。自分にもちょっぴり感謝しよう。

 おごらず、謙虚な気持ちをますます持ち続けていこう。
 こんなにいい気分で歩けるなら、大日寺へ着かなくてもいい。            
 このままずっと歩いていたい。やっぱり歩きは最高だ。
 
 今までの人生でこんな気持ちを味わったことがない。
 その後のお遍路でもずっと、見るもの思うことがすべて新鮮だった。
 
イメージ 9


 これこそ自由と言わずして何と言おうか。
 いままでは、物事を理詰めで考えていたが、
 このことから開放されて感性を働かせることのできる喜び…。
 理系から解き放たれた感動を味わいながら歩き続けていた。
 ずうっと抑えられていた感性が、ふつふつと湧き上がってくるのを何度も感じた。

 いろいろなことが次から次へと浮かんできて、〈まるで支離滅裂な人間だ〉とにさえ思う時もあった。
 こうあらねばならないといったような、堅苦しい教師の立場からも解き放され、意気揚々と歩いた。 〈ほんとうに遍路に来てよかった〉と、つくづく感じた。
 気持ちが体を後押ししてくれた。
 
 生まれて以来、今度のお遍路ほど自由感、開放感を味わったことはない。
 私にとって、三回目の歩き遍路陵は「自由と開放の旅」だった。

イメージ 10
      
       振り返ると、前日苦労して超えた焼山寺の山並がはるかに見えた。 
       第一ハードルを越えた安堵感と開放感を強く感じた。

 これからが楽しみだ!


?H3>「四国遍路の魅力にふれて」記事一覧
クリックするとそれぞれの記事が開きます。
1.心癒される出会いとふれあいの旅        2.お遍路さんとの始めての出会い     3.お遍路との共通点を感じた山伏修行     4.私の発願1   5.私の発願2     6.人生リセットの遍路旅へ     7.新人生への旅立ち     8.富士山からのお接待     9.大阪で道案内のお接待         10.四国入り早々「お四国病」に出会あう     11.人生リセットの遍路旅へ      12.一番霊山寺その1 始めは驚き…そしてとまどい     13.一番霊山寺その2 納経所 納経帳に両手で墨書と語朱印     14.ドイツ館と撮影モデル   15.般若心経のふとん     16.子供たちから元気をもらう     17.黄金の井戸に映った顔  〜三番金泉寺〜     18.「私のライフスタイル」と黄金の井戸 〜三番金泉寺〜     19.ひきこもりを直すために遍路にきました〜人生を変えた遍路     20.三番の奥の院愛染院を経て四番大日寺へ〜こころ和んだ遍路道〜     21.やさしさに甘えた特権意識  五番地蔵へ向かう道すがら     22.四国遍路 〜思いと感動の発露(その1)  遍路の世界・自分の世界     23.私の四国遍路 思いと感動の発露(そ2)     24.すがすがしい夜の目覚め  解き放たれた世界1      25.私の四国遍路 〜想い、感動、そして魅力 センテンス集〜  27.最大の難関焼山寺越え −案ずるより生むが易し   25.私の四国遍路 〜想い、感動、そして魅力 センテンス集〜  27.最大の難関焼山寺越え −案ずるより生むが易し   28.相通じる歩き遍路と山登りの心  


閉じる コメント(10)

顔アイコン

記事を読みながら、私もご一緒させて頂いている気分になりました。
とても解放された自分が今ここにあります。
自然を美しいと感じる時、人間は自由感・解放感を合わせて感じるのですね。
段々畑の菜の花、とても綺麗です。

2011/5/6(金) 午前 5:45 moriの熊さん

顔アイコン

♪ おはようございます。
満開の桜の花々、
菜の花がいっぱい咲いている 棚田。
川に渡された 気持ちよさそうになびいている こいのぼり。

見るもの、出会う人、すべてがありがたい。
いとおしい お遍路ポチ!で候。

こどもの日の いとおしい ツツジ美人を トラバさせてもらいます。

2011/5/6(金) 午後 0:09 [ EGACITE ]

顔アイコン

moriの熊さん

難関を越えてた遍路4日目、心身ともに開放感と自由を感じながら、歩いていました。

2011/5/6(金) 午後 0:53 [ moriizumi arao ]

透き通っている川を見ますと、なぜか不思議と自分の心も透き通ったような気持ちになります。"^_^"
広大は青空を見ますと、自分の心も広がっていくような気持ちになります。"^_^"

不思議に思います。

人の心に変化を与えてくれる自然。

いつまでも大切にしていかないといけないなあと、あらためて感じさせられました。(*^。^*)

2011/5/6(金) 午後 0:55 [ マチルダ。 ]

顔アイコン

四国お遍路は、いいですよね。私も2巡目を開始しています。
一巡目の、最終34箇所の札所は、
身体にハンディキャップを持った松葉杖の親友と廻ったので車の旅になりました。
歩き遍路は、人との繋がりがとても素敵でした。
また寄らせて頂きます。

2011/5/6(金) 午後 1:04 [ - ]

顔アイコン

EGACITEさん

この日の朝は、述べ何日も回った遍路の中では、最高に印象的でしたね。

開放感いっぱいの遍路もいいものですよ。

ポチありがとうございます。

2011/5/6(金) 午後 2:51 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

マチルダさん

青く澄み切った青空を見ていて涙を流したことがありましたよ。

遍路しているうちに歓声が豊かになってくるのだと思います。

2011/5/6(金) 午後 2:53 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

えるもさん

放蕩に四国遍路はいいですよね。
歩き遍路は人との出会いにあふれていていいですね。
それが最大の魅力かもしれませんよ。
またきてくださいね。お待ちしてます。

2011/5/6(金) 午後 2:56 [ moriizumi arao ]

誰からも自分からも束縛されない時間を少しだけ取り戻してきました
38番さんから39番さんまで同行の仲間に巡り会い再会を期して其々の居場所に今は帰って、また、繋いで行こうと約束もなしに、

でも、きっと再び歩き始めるとの思いを胸に、、、、

青空の中に湧き流れる雲が素敵です

2011/5/6(金) 午後 4:35 mannmaruogojyo

顔アイコン

おふみさん

リアルな様子をありがとうございます。

気をつけて歩いてくださいね。

2011/5/6(金) 午後 6:08 [ moriizumi arao ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事