東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]


イメージ 2
   私が心に残る足摺岬の夕暮れです。「補陀洛」伝説を想いながら立ちつくしているところです。
   お気に入りの写真なの、でつい何度も登場してしまいます。

お遍路さんのマナー

イメージ 5 四国遍路は、「弘法大師との『同行二人』」の旅である」
ということが、基本的な考え方になっている。
このことは、まず心得ておこう。

 たいていの人は、遍路の初めのころにはこのことをあまり実感できないと思う。
無理のないことだ。
 しかしほとんどの人は、地元の人や他のお遍路さんと接しながら巡拝を重ねているうちに、自然にしみこんでくるようだ。
 
 お遍路さんに向かって、遠くから両手を合わせて拝む人も少なくない。
 決して遍路その人に手を合わせているのでなく、「お大師さん」と遍路と共にしている人に手を合わせているのである。
 人によっては、お大師様の仮の姿としての遍路に手を合わせているのかもしれないし、
 自分に代わって遍路してくれている人に感謝の気持をあらわしているのかもしれない。
 中には、お遍路さんの無事を心から祈って手を合わせてくれる人もいる。
 
 
イメージ 1
             金剛杖は弘法大師の化身といわれている。
              これを常に持って巡礼することで、「同行二人」を実践することになる。
              私が3回目に使った愛着のある杖です。4回目ももちろん使います。
 
イメージ 6
イメージ 7
       菅笠や山谷袋(頭陀袋)にも、「同行二人」と書かれています。

 遍路は、それを行うお遍路さんだけでなく、見守る土地の人にとっても「同行二人」の実践なのだ。
 むしろ「同行三人」と言ったほうがよいかもしれない。
 そういう意味からも、「自分だけの遍路ではない」ことを自覚することが大切である。


「十善戒」と「三信条」

 昔から、遍路するときに、守らなければならないとされる心得や訓えがある。
 「十善戒」と「三信条」の二つである。

 十善戒
 「十善戒」は、弘法大師が説いた教えである。
 この戒めは日常生活の心得として、大切なものだと思う。

 一、不殺生(ふせっしょう)    殺生をしない
 二、不紐唐(ふちゅうとう)    盗みをない
 三、不邪淫(ふじゃいん)     邪淫をしない
 四、不妄語(ふもうご)      嘘をつかない
 五、不綺語(ふきご)       虚飾の言葉を言わない
 六、不悪口(ふあくく)      悪口を言わない
 七、不両舌(ふりょうぜつ)    二枚舌を使わない
 八、不慳貪(ふけんどん)     欲張りをしない
 九、不瞋恚(ふしんに)      怒らない
 十、不邪見(ふじゃけん)     よこしまな考えを起こさない

 三信条
一、 摂取不捨の御誓願を信じ、同行二人の修業に励む。
二、 何事も修業と心得て、愚痴、妄語を慎む。
三、 現世利益の霊験を信じ、八十八使の煩悩を消滅させる。

 一番目の「摂取不捨の御誓願」は、
 弘法大師が、「悩めるもの、苦しむものなど、救いを求めるものを決して見捨てず、最後の一人まで救 います」と、阿弥陀さまに誓った言葉である。遍路はこれを信じて、常に「お大師さま」が自分の側に いらっしゃるという思いで、修業に励みなさいという意味である。
 
 二番目は、苦しいときや困ったときには、お大師様が自分に与えた試練と思って、
 愚痴を言ったり、うそをついたりしてはいけない、ということである。

 三番目は、人間が本来持っている八十八の煩悩を、札所で一つ一つ取り除いていくように修業を積みなさい、という意味を表している。

 「三信条」は、いささか宗教めいたところがあって、宗教を意識したくない人にとっては、
 少し抵抗があるかもしれないが、各地で人の情けに触れながら歩いていると、
 次第にこの心境になっていくということをしばしば耳にした。


 十善戒も三信条も、私のような凡人には、すべて守ることは至難の業である。
 読者の多くの方々も、そこまで厳密に意識しながら遍路をしようと思う人は少ないと思う。
 しかし、多少なりとも頭に入っていた方が、遍路中の気持や行動にいい影響があると思うので、紹介した。

 一般的な心得としては、まず「何のために巡るのか」を自分に問い正してみることが大切だ。
 朝に、何のためかを考えてから参拝し、一日の終わりにそれを確認して見るとよいと思う。


 
イメージ 3
          足摺岬の朝日を見つめながら、一路三十九番延光寺へ向かう。
 
 
イメージ 4
           七十一番弥谷寺の参拝を終えて宿へ向かう途中、日没を迎えた。
           霊が集まる弥谷寺の山は不気味な雰囲気が漂っていた。

閉じる コメント(15)

顔アイコン

わかりやすい解説ありがとうございます。

2011/5/15(日) 午後 10:26 set

顔アイコン

set1さん
紹介していただいてありがとうございます。

2011/5/15(日) 午後 10:46 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

初めまして
set1さんの所から飛んできました
大変勉強になりました、ありがとうございます。

2011/5/15(日) 午後 11:12 [ 高田51 ]

顔アイコン

高田51さん

訪問とコメントありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

2011/5/15(日) 午後 11:20 [ moriizumi arao ]

アバター

あらおさま

こんばんは〜
大切な心得〜しかと覚えておかなければ〜

「同行二人」とても好きな文字(言葉)です。
そして最後の画像に感動しました\(^o^)/

ポチ☆

2011/5/15(日) 午後 11:29 幼児小学生絵画教室 三原色の会

お参りの時に唱えていても直ぐに意識から外れます
でも全てに感謝の心だけは忘れません

2011/5/16(月) 午前 1:27 mannmaruogojyo

顔アイコン

初めまして、真言宗の高校やったんでよく習いました。
同行二人、南無大師遍照金剛、普段は生かせてなさそうなんですが。

2011/5/16(月) 午前 6:42 もりた

顔アイコン

同行二人・・ご説明有難うございました。
私も真言宗ですので、毎日お経を唱えます。
我昔所造諸悪業皆由無始・・で始まって
十善戒・・はスラスラと言えますが、実行は難しいです。

2011/5/16(月) 午後 0:15 moriの熊さん

顔アイコン

こんにちは。
一枚目の写真、とてもいいですね。お遍路さんの、心境が伝わってくるようです。
ポチ☆

2011/5/17(火) 午後 3:38 [ バタフライ ]

顔アイコン

三原色さん

みんなほんとうにためになる言葉ばかりですね。
ほんとうに実行するのは難しいですね〜
目標でよいということでしょうか!?
ポチありがとうございます。

2011/5/17(火) 午後 6:14 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

お遍路さん について あまり 詳しくない僕です。宗教研究会(名前検討中
四国も 行ったことがないです。海の幸 山の幸が おいしい と聞きます。旅行同好会(名前検討中

2011/6/18(土) 午前 11:08 [ 村石太マン ]

顔アイコン

近年のお遍路の動機、目的、やり方はいろいろです。
まず、一歩踏み出してみませんか。

2011/6/19(日) 午前 6:12 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

近年のお遍路の動機、目的、やり方はいろいろです。
まず、一歩踏み出してみませんか。村石太マン

2011/6/19(日) 午前 6:13 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

芸能人は 悪人になるのかなぁ
十善戒 で プログ検索中です。
5逆罪とかもあるのかなぁ
人間とは どう生きるか。
人は 美しいのかなぁ?
BAT気箸いΔ里呂△襪里なぁ?
神仏とは どんな能力を 持つのかナァ
能力では ないのかなぁ 悟りの中で
宗教研究会(名前検討中

2012/11/7(水) 午後 8:01 [ 村石太キッド&あるアイドル女性 ]

顔アイコン

村石太キッド&あるアイドル女性さん

訪問とコメントありがとうございました。

逆に考えさせられましたね〜

神仏は自分の中にあるのではないでしょうかね〜

その疑問を解決出来るのは、自分が自分が最適任者ってことだと思いますね。

2012/11/8(木) 午前 10:53 [ moriizumi arao ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事