東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
 ホータンは、西域南路シルクロードが通っていたタクラマカン砂漠の南西にあるオアシスの街です。
 ポプラ並木が続く道にはロバがゆっくりと荷を引き、のんびりとした空気が流れています。
 和田の名物といえば、玉と絹と絨毯です。
 絹と絨毯はいかにもシルクロードらしい名産品です。
 「玉」とはきれいな石のことなのですが、中国では宝石と同等に扱われています。
 白玉河の河原でとれる玉は、腕輪やベルト飾りに加工されて売られています。
 街の東方にはバザール地区があり、沢山の人出で賑わうことで有名な「日曜バザール」が開かれます。


雨のホータン

 20年前にはカシュガルから砂漠の未舗装の道を、砂煙を上げて20時間近くかかかって到着したが、
 今回は、逆コースでのミンフォン(ニヤ)から、舗装道路を5時間ほどで到着した。
 
イメージ 3


 
イメージ 5
       ひさびさのホータンは、5月のシルクロードとしては珍しく雨だった。
 雨にぬれたホータンの街――。
 それほどの雨でないせいか、傘を指さない人が多い。 
 「こっちの人は雨が好きなんです」と、ウイグル人の女性ガイドのウズトさんは言った。
 めったに雨が降らないので、私にとっても雨がうれしい。
 常に空に舞い上がっている細かい大気中の砂を、この雨が落としてくれるからだ。
 乾燥した空気も湿りを帯び 、植物の色が目に見えて鮮やか二なり、作物が実る。
 なによりほこりが立たないのがいい。
 道が、ぬれて光っているのがよい。
 シルクロードらしくない光景だ。
 
イメージ 2

 
イメージ 4

 

マリカウト故城

 
イメージ 6

 
 市街地に入る前に、車からロバ車に乗り換えてマリカウト故城へ向かった。
 ランドクルーザーで行けば早いが、地元のおじさんのお勧めらだ。
 
 玄奘三蔵が滞在したトルファンの高昌故城などでも乗ったが、
 これが、乗り心地は思いのほか快適なのだ。
 早歩き程度のスピードでなんとものんびりゆったり…
 昔のシルクロードの気分に浸れる。
 
イメージ 12
         前方からのロバ車もゆったりとしたペースで動いてくる。
         中には居眠りをしているおじさんさえいる。
         ロバは利口で、きちんと我が家まで主人を送り届けるのだそうだ。、

 
イメージ 13
    まもなくオアシスを抜ける頃、かわいい女の子のノロバ車に出会った。
    お客を送った帰りなのだ。さしずめオアシスのタクシー運転手といったところだ。
   

 ポプラ並木通り抜けると、あたりはいつものように砂漠が待っている。
 
イメージ 14


 故城の手前にある農家でチケット(10元、カメラ持ち込み料5元)を買って、
 ロバ車に乗ったまま入場する。
 
イメージ 11


 マリカウト故城は、ホータンの南約25キロのところにある古代遺跡である。
 白玉河の西岸にあり、漢代から唐代にかけて建てられた砦跡だ。
 
イメージ 7


玉売りの子供たち
 故城の中に入ると、たちまち近くの村の子供たちが集まって来て、
 彼らが河原でで拾っった石を売りつけようと、執拗にロバ車を取り巻きながら、追いかけてくる。
 「イクラ? イクラ? ヤスイ! ヤスイ! コレ、イクラ?」と日本語で迫ってくる。
 「イクラ?」は日本人が値段を「いくら?」と訊くのでおぼえたものだろう。
 
 断ると、それなら、いくらなら買うのか、おまえが値段をつけろと、しつこく寄ってくる。
 どこへ行ってもこれなので、ほとほと参ってしまう。
 「不要(ブーヨウ)」
 何度言っても寄って来る。
 
 「彼らはブーヨウという中国語がわかりません」と、
 ガイドのウズトさんが教えてくれた。
 “いらない”という中国語がわからないのに、
 “いくら”や“安い”という日本語を知っているというのが、すごいところだ。
 いくら拒否をしても、人なつこい顔で、ニコニコしながら、
 「玉を買ってくれ」と迫ってくる子供たちにはまさに迫力を感じる。

朽ち果てた故城
 
イメージ 8

 
イメージ 9

 
イメージ 10


 遺跡内からは、漢・唐代の陶片や貨幣が多数出土したことから、
 ここは于闐国(うてん国)の都城跡と言われている。
 螺髪(巻貝が並んだような仏像の髪型)のある仏頭が出土したので、伽藍跡とするせつもあるが、
 不明とのことだ。
 いずれにしても、すっかり風化してしまって、何が何やらわからなかった。
 遺跡の跡らしいものがあちこちに広がっており、かなりの広さの故城だということは確かだ。

 だが、「故城」と名のつくところは、すべてこのような光景なので、
 高昌故城のように玄奘三蔵縁の城であるとか、歴史上の有名な遺跡であれば、
 それなりに思いを込めたり、想像をめぐらす楽しさがあるが、
 そうでないとちょっと食傷気味の感じがしてしまう。

[西域南道をゆく] 前回までの記事

 (それぞれ下線付きの題目をクリックすると記事が開きます)
268 ミーラン遺跡2 ミーラン故城の手荒な歓迎←クリック
269 ミーラン遺跡3 故城を巡る←クリック
270 ミーラン遺跡4 吐蕃の城砦と古寺のヘレニズム文化←クリック
271 チャルクリク  西域南道をゆく1 ←クリック
272 チャルクリクの小学校とウイグルのこどもたち  西域南道をゆく2←クリック
273 一路チェルチェンへ  西域南道をゆく3←クリック
274 チェルチェン 〜ポプラ並木の郷愁〜  西域南道をゆく4  杜泉新生シルクロード2万キロをゆく274←クリック
275 チェルチェン 〜バザールとチェス〜276 [http://blogs.yahoo.co.jp/sakurai4391/32807321.html チェルチェン故城とザーグンルーク古墳  西域南道をゆく6←クリック
277.http://blogs.yahoo.co.jp/sakurai4391/34725629.html楼蘭からホータンへ  西域南道をゆく7
278 チェルチェン故城とザーグンルーク古墳  西域南道をゆく6←クリック
石油開発で発展するミンフォン 西域南道をゆく8 ←クリック
http://blogs.yahoo.co.jp/sakurai4391/34725629.html楼蘭からホータンへ  西域南道をゆく7
279 玄奘三蔵が見たホータン は仏教国…、今のホータンは?  西域南道をゆく9←クリック

閉じる コメント(5)

顔アイコン

♪おはようございます。
5月のシルクロードとしては珍しく雨だった・・・。
今日の京都は 続く雨、
砂漠の雨は 恵みですが、テニスもできず・・・。

朽ち果てた故城・・・砂漠は風化で 芸術美ポチ!?ですね
対比に 沖縄の水浸食の芸術美探検を トラバさせてもらいます。

2011/5/30(月) 午後 0:01 [ EGACITE ] 返信する

顔アイコン

1枚目の写真、素敵ですね。
緑の葉が茂ったポプラ?並木、ここを通ったら気持ちよいでしょうね。

2011/5/30(月) 午後 8:32 [ rec*u*ive_s** ] 返信する

顔アイコン

私も、最初の画像のポプラ並木がとても好きです。
こんな所を通ってみたいです。
時間がゆっくりと流れていて素敵ですね。

2011/5/31(火) 午後 9:35 moriの熊さん 返信する

顔アイコン

EGACITEさん

せっかくの沖縄テニス残念でしたね。
やっぱり晴れてなんぼの沖縄ですよね〜
トラバとポチありがとうございます。

2011/6/1(水) 午前 9:19 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

rec*u*ive_s**さん
砂漠の黄色い世界からオアシスの緑の世界へ入ったときの快感は
なんとも言えないですよ〜\(^o^)/

2011/6/1(水) 午前 9:21 [ moriizumi arao ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事