東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

霊気漂う深山の古刹 〜焼山寺、鶴林寺、大龍寺

 なんといっても、遍路の雰囲気を感じさせてくれるのは、深山の札所だ。
 どこか、修行的、宗教的な心を満たしてくれる。
 遍路ころがしを苦労しながら上り詰めたところにあるお寺は、
 どこも杉の大木に囲まれ、空気がすがすがしい。
 霧が立ち込めていて、刺すような霊気さえ感じる。
 自分の邪心が見抜かれていると、感ずる時もある。
 別天地という感もある。

 最大の遍路ころがしを超えて十二番焼山寺に到達した時は、
 〈やった! 最大の難所を乗り切ったぞ!〉という、大きな達成感と安堵感が一杯だった。
 ものすごくすがすがしい気分だった。
 参道は老杉に囲まれ、その木々の間を山霧が流れて、まるで別天地のようだ。
 境内から雄大な山々の連なりを眺めたら、疲れがすっかり吹き飛んでしまった。
 
 
イメージ 1
         山道から静かな佇まいの参道に入り、ゆったりと歩んで山門へ向かう。        
 
イメージ 2
イメージ 3
             杉木立に囲まれた長い階段を上り、山門(仁王門)に到着する。

イメージ 4
       境内にも鬱蒼とした杉の大木が生い茂り、静けさが漂っていた。


 焼山寺の次に待っている難所――二十番鶴林寺に向けて、朝の新鮮な空気の中を歩き始めた。
 みかん畑や段々畑の間の険しい道を上って行くと、静かにどっしりと佇む仁王門にたどり着いた。
 朝なので、風景もことさらさわやかで、空気もすがすがしい。
 山門から本道へ向かう石段の両側には杉や檜の老木が生い茂っていてうっすらと暗い。
 軽快な気分で上って行くと、ほどなく本堂に到着した。
 正面には、左右に美しい鶴が向かい合って立っている。
 まるで本堂を守っているようだ。
 ゆとりがあれば2、3日逗留してあたりを散策してみたい――
 そんな気持ちをおこさせるほどの深山幽谷の山寺だった。
 
イメージ 5
       老杉に覆われた二十番鶴林寺の山門(仁王門)
 
イメージ 7
イメージ 6
                  本堂を守るようにして立つ2羽の鶴

 
 次の二十一番太龍寺は、今はロープウエーで行けるが、もちろん私は自分の足で登った。
 
イメージ 8

 
 山道の両側は、樹齢六百年といわれるみごとな老樹にかこまれて、
 ひんやりとした霊気を漂わせている。
 深閑として物音ひとつしない。
 静寂の中、耳を澄まして聞くと、風でかすかにこすれ合う葉ずれの音が耳に入り、
 荘厳さが迫って来る。
 古(いにしえ)の気配が感じられる。
 昔から、何人の遍路たちがこの道を辿ったのだろうか。
 お寺近くには石楠花の花も咲いていて、仙境の感をいっそう深くする。神秘性も感じられる。〈
 登ってきた甲斐があった〉と、しみじみと感じるひとときだった。
 
イメージ 9

 
イメージ 10

  
 太龍寺巡拝後、境内から600メートルほど離れた舎身ヶ嶽まで足を伸ばした。
 ここは、大師が19歳の時100日間修業した場所で、大師の像が下界を見下ろすように座っていた。
 もし実際に座ったら、怖さを感じるにちがいない。
 さすが、お大師様は違う。
 
イメージ 11
                 空海が厳しい修業をした舎心ヶ獄の断崖絶壁の岩場                                   


?H3>「四国遍路の魅力にふれて」記事一覧
クリックするとそれぞれの記事が開きます。
11.人生リセットの遍路旅へ      12.一番霊山寺その1 始めは驚き…そしてとまどい     13.一番霊山寺その2 納経所 納経帳に両手で墨書と語朱印     14.ドイツ館と撮影モデル   15.般若心経のふとん     16.子供たちから元気をもらう     17.黄金の井戸に映った顔  〜三番金泉寺〜     18.「私のライフスタイル」と黄金の井戸 〜三番金泉寺〜     19.ひきこもりを直すために遍路にきました〜人生を変えた遍路     20.三番の奥の院愛染院を経て四番大日寺へ〜こころ和んだ遍路道〜     21.やさしさに甘えた特権意識  五番地蔵へ向かう道すがら     22.四国遍路 〜思いと感動の発露(その1)  遍路の世界・自分の世界     23.私の四国遍路 思いと感動の発露(そ2)     24.すがすがしい夜の目覚め  解き放たれた世界1      25.私の四国遍路 〜想い、感動、そして魅力 センテンス集〜  27.最大の難関焼山寺越え −案ずるより生むが易し   25.私の四国遍路 〜想い、感動、そして魅力 センテンス集〜  27.最大の難関焼山寺越え −案ずるより生むが易し   28.相通じる歩き遍路と山登りの心    29.何ものにも代えがたい開放感   30.「遍路ころがし」に掛けられた訓えや励ましの札   31.杖杉庵で遍路の元祖衛門三郎を哀れむ   32.心細い身に強くしみた山道でのお接札   33.心やすらぐ札所の世界〜我が家に帰った気持ち

閉じる コメント(8)

舎身ヶ嶽まで行かれたんですね、私は何度も歩きながらまだ尋ねてない場所が有るのに驚いています、毎回発見があって前とは違う歩き方にもやみ地もあって辞められないって言うのが本音です
モリイズミさんコメント有難う御座いました これからも良いおまいりが来ますように、ぽち、

2011/6/19(日) 午前 9:34 musashi1233

顔アイコン

おはようございます。
山奥の札所、とても良い感じですね。ロープウエーもあるとのことですが、わたしも歩いて登りたいところです。
仁王門と断崖で修行する空海の像がいいですね。
ポチ☆

2011/6/19(日) 午前 9:42 [ バタフライ ]

捨身が岳は流石にお大師様のお近くまでは行くこと叶いませんでしたが後姿に手を合わせて次の札所へと歩きました

2011/6/19(日) 午前 10:41 mannmaruogojyo

アバター

moriizumi araoさん、こんにちは ヽ(゚∀゚o)

写真からも神聖な雰囲気が伝わってきます。
ロープウェイからの眺めは絶景ですね (*^_^*) ポチ☆

2011/6/20(月) 午前 10:19 静岡市葵区自治会連合会

顔アイコン

m​u​s​a​s​h​i​1​2​3​3​さん

何度行っても見るもの聞くものだけでなく、
心の発見がありますよね。

だからやめられね〜 というところでしょうか。

ポチありがとうございます。

2011/6/20(月) 午後 5:11 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

バタフライさん

苦あれば楽しさ百倍、といったところでしょうか。
ポチありがとうございます。

2011/6/20(月) 午後 5:18 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

葵区さん

記事をアップしているとまた行きたくなります。

ポチありがとうございます。

2011/6/20(月) 午後 5:36 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

おタケさん

下を見ましたが、谷底が見えませんでした。
弘法大師の沖ごみと精神力にまったくの脱帽でした。

2011/6/20(月) 午後 5:38 [ moriizumi arao ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事