東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

四十四番大宝寺

老樹に囲まれた、昼なお暗き霊場
 大宝寺へは朝6時前、まだ明けやらぬ薄霧の杉木立の坂道を上って行った。
 すがすがしい冷気が心地よく頬をさす。
 道は急でないので快調に歩みがを進む。
 山門には、門に入りきれなくて折れ曲がっている巨大なわらじが奉納されている。
 余りのすごさに、上から下まで眺め回してしまうほどだ。
 杉や檜の巨木に覆われている境内は朝霧にけむり、すばらしい幽玄さをかもし出している。
 周囲には人の気配はなく、この幽玄さを独り占めできる幸せをかみしめることが出来たた。
 
 
イメージ 1
          朝霧の中を杉木立に囲まれた参道を上ってゆく。
 
イメージ 2
          薄暗い中、ひっそりとたたずむ四十四番大宝寺 仁王門
 
イメージ 3
          仁王門の大わらじ(巡拝の後で撮影)
 
イメージ 4
          まだ人が見当たらない境内

イメージ 5 
 山頭火は、この寺で、
  お山は霧のしんしん大杉そそり立つ
 という句を詠んでいる。
 まさに、〈自分がいま立っているこの雰囲気をぴたりと詠みこんでいる〉と、感激してしまった。
 境内には、彼が同じ時に詠んだ、
  朝まいりは私一人の銀杏ちりしく
 の句碑が立っていた。
 二つの句とも、まさにそのときの私の心境とぴったり同じだった。


四十五番岩屋寺

背後に迫る山に抱かれた霊場
 岩谷寺は、名前どおり、
 本堂の背後には岩がのしかかるように迫り、お寺が岩に守られているようだ。
 境内に寺の縁起を記した石碑には、
 ――ここは弘法大師の開基した寺で、
 大師は岩頭に立って、「山高き谷の朝霧海に似て 松吹く風を波にたとえむ」と詠み、
 山号を海岸山岩谷寺と名づけた――と書いてあった。
 実際、境内は幻想的で、
 うっすらと霧のかかった山並みは、
 確かに、春霞に煙る海原を連想させるにふさわしいすばらしいものがあった。
 神秘性も感じさせる雰囲気だった。
 
イメージ 6
           岩壁に守られるように建つ岩谷寺
 
イメージ 7
           秋には周囲の岩山の木々はきれいな紅葉を見せる。

六十番横峰寺

霊場の名にふさわしい、四国霊場の難所
 横峰寺は雨の中の遍路ころがしだった。
 胸突き八丁の連続だ。
 幸いお寺の近くになって雨がやんだ。
 その後は、あたり一面霧につつまれた。
 まさに幻想的で、深山幽谷の霊場だ。
 雨の後なので、お寺にはほとんど人はいない。
 〈こんな荘厳な雰囲気を独り占めできるとは、幸運だ!〉。
 そう思うと、なんだか大雨に感謝したくなった。
   
 
イメージ 8
          霧に包まれた幻想的な六十番横峰寺参道
 
イメージ 10
          横峰寺の境内
 
イメージ 9
          横峰寺k境内から望む幻想的な光景 
 
イメージ 11
          横峰寺の奥の院・星ガ森から石鎚山系を望む。

閉じる コメント(12)

顔アイコン

こんばんは。
きょうも、深山の幽玄の世界が漂う良い感じですね。
特に、六十番の参道の景色がいいです。
ポチ☆

2011/6/20(月) 午後 7:24 [ バタフライ ] 返信する

顔アイコン

バタフライさん

雨の中、というより雨中登山の末たどり着いた六十番横峰寺の参道はは、霧に包まれた有限の世界でした。

ポチありがとうございます。

2011/6/20(月) 午後 8:45 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

先日、家田荘子さんがお奨めの寺と言うことで、岩屋寺を紹介されていました。本当に凄い岩の側に建っているのですね。
幻想的な横峰寺も尋ねてみたいお寺ですね。

2011/6/20(月) 午後 10:26 moriの熊さん 返信する

顔アイコン

moriの熊さん

車やバスの遍路ですと、比較的簡単に行けるのですが、
特に六十番横峰寺などは、歩くとヶっこ大変です。
その代わり、到着した時の感激や達成感はひとしおです。

2011/6/21(火) 午後 11:36 [ moriizumi arao ] 返信する

アバター

moriizumi araoさん、おはようございます♪

ここは日本?! と確かめてしまいたくなるほど
神秘的な空気に包まれていますね〜 ポチ☆

2011/6/22(水) 午前 9:30 静岡市葵区自治会連合会 返信する

顔アイコン

東北の震災から無事お帰りとの事、安堵しました。
今回の様々なことに、また人々の真情に触れ、
ますます「ただ歩く」ということに惹かれます。

山頭火の今で言う「ツィッター」でポロッと呟いたような
句が大好きです。

2011/6/22(水) 午前 9:59 [ tomo ] 返信する

顔アイコン

♪おはようございます。
ここでしたかね?
仁王門の大わらじ・・・どこかで見たような?
やっぱり 霧に包まれた・・・ 幻想的ポチ!

2011/6/22(水) 午後 0:16 [ EGACITE ] 返信する

顔アイコン

四国は残念ながらまだ行ったことありません。
霧の中の幻想的な写真・・・素敵です。
チャンスを是非造りたいです・・・☆
しばし東北の瓦礫の風景を忘れます。

2011/6/23(木) 午前 11:07 [ TOMI-旅子 ] 返信する

顔アイコン

葵区さん

山深いお寺はたいてい難所ですが、それだけに人里にはないよさがありますね〜
ポチっと! ありがとうございます。

2011/6/23(木) 午後 11:30 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

tomoさん

四国の札所には山頭火の句碑があちこちにありました。

只歩く――最高の旅だと思います。

2011/6/23(木) 午後 11:44 [ moriizumi arao ] 返信する

アバター

こんばんは^^
TBから飛んできました^^
良いっすね〜^^ ここ^^
仁王門が最高っすね^^ノシ

2012/9/22(土) 午後 11:07 橘朝臣幸麿 返信する

顔アイコン

幸麿さん

さっそく訪問してくれてありがとう!

2012/9/22(土) 午後 11:10 [ moriizumi arao ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事