東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

結 願

 
イメージ 1
               最後の難関女体山の木にかけられた「結願の札」
 
 八十八ヶ寺すべてを巡拝し 終えたことを「結願」と言う。
 一番から順打ちした人は八十八番大窪寺が結願の寺になる。
 
イメージ 2
                      結願の寺八十八番大窪寺

 
 弘法大師との「同行二人」の旅もいよいよここで終わりになる。
 人それぞれ、感無量の時を迎えるだろう。
 長い道のりを無事に巡拝出来たことを感謝するひと時でもある。
 
イメージ 3
        ひざまづいて感謝の祈りを捧げる遍路

 ここで完全に遍路を終了する人の中には、
 今まで道中を共にしてきた金剛杖や菅笠などをここで奉納する人もいる。
 奉納する場合には、大師堂の横に造営されている「寶杖堂」に納める。
 
イメージ 4
                   寶杖堂には奉納の杖がいっぱい。
 
近年、2000円で「結願証明書」を発行してくれる。
 あくまでも自分の気持の問題なので、私はいただかなかった。
 
イメージ 6
            東京の遍路仲間から拝借しました。

お礼参り

 八十八ヶ所を巡り終えた後に、打ち始めの寺へ戻り、無事結願し得たことを報告して感謝をささげる人が多い。
 こういう習わしが一般化しつつある。
 一番霊山寺から打ち始める人が多いので、八十八番大窪寺から一番へ向かうことになる。
 
 もちろん結願寺から、そのまま帰路に着く人も少なくはない。
 「この習慣は、歴史的、宗教的な根拠が明確なわけでもないし、一番さんの商業的なにおいも感じられるので、意味がない」と述べる札所関係者も多いと聞いた。
 しかし私は、当然のような気持で何のためらいもなく、一番寺へ向かった。
 戻る道すがら、真新しい白衣を着た遍路に出会うたびに、42日前の自分を思い出した。
 感無量なものがあった。

 一番寺では、落ち着いてゆとりのある巡拝をすることが出来た。
 新米遍路が戸惑いながらぎこちないしぐさで巡拝している様子を見て、
 先輩遍路としての誇りのようなものを感じた。
 何か、懐かしいふるさとに戻ったようで、これで自分の遍路は締めくくりがついたと思った。
 私は、お礼参りしてほんとうによかったと感じた。
 事情が許せば、巡ることをお勧めしたい。

 
イメージ 5
       「ありがたい」という気持がどっと湧き出て、涙をためながら深々と頭を下げて山門を後にした。
       「ありがたい」――それは何に対してありがたいのかは自分にもわからなかったが、
       とにかく無性にありがたかった。                 

閉じる コメント(19)

顔アイコン

今晩はこの記事に応援の☆ポチですよ!ありがとうございました。これからも宜しくお願いします!

2011/7/11(月) 午後 6:13 [ 清水太郎の部屋 ]

一日でも早く結願してお礼参りをと思う自分と、まだまだゆっくりと目標を見失わないで巡りたいと思う自分です

其々の札所に立ち寄りその地の空気に触れて歩きたいと思っています
秋から冬にまた区切りの遍路に出る予定です

2011/7/11(月) 午後 6:18 mannmaruogojyo

顔アイコン

巡礼の記事も西域の記事も極めて秀逸です。こちらさまのの記事をいつも楽しみにしております。傑作。
震災後の復興は順調でしょうか。

2011/7/11(月) 午後 6:31 -

顔アイコン

私は、車遍路でしたが、それでも結願の大窪寺へお参りしたときは
感無量のものを感じました。御礼参りは高野山奥の院へお参りして
帰りました。一番寺の霊山寺へお礼参りすることは、納経帳を頂い
た時初めて聞きましたが、以前お参りされた先輩や友人の話を聞い
て高野山へお参りしました。

2011/7/11(月) 午後 7:03 はんちくてぃ

顔アイコン

結願とお礼参り、四国歩き遍路の巡り方28
杜泉さん、こんばんは。結願おめでとうございます。
歩き遍路をされた方のお礼まいりは、一段と感動もあるのでしょう
ね。42日間ひたすら無心に巡拝する精神力と忍耐力は素晴らしい
ものだと思います。私も三回通り巡拝しましたが全て観光バスでし
たので、歩き遍路の方のような苦難を乗り越えたという達成感での
体験はありません。そのバスも今ではもう無理だと思います。ポチ

2011/7/11(月) 午後 7:34 [ らくがき楽ちん ]

顔アイコン

最近、将来、お遍路をする時の体力づくりで歩いていますが、、20キロも歩くと、フーフーしてしまいます。実際、歩きとおされた時の、満足感というか充足感は凄いものなのでしょうね。何にありがとうのところに、訳もわからず、共感します。

2011/7/12(火) 午前 7:05 [ - ]

顔アイコン

♪おはようございます。
結願とお礼参り・・・遍路ポチ!ですね。

友人が サンチャゴ巡礼から帰ってきました。
これも 高野山へ報告?
どこへお礼参りとなるのでしょうか!?

2011/7/12(火) 午前 9:33 [ EGACITE ]

バスツアーですが先月、結願しました。
そのあと一番寺の霊山寺へお礼の報告にお参りさせていただきその折の法話に感極まって涙しました。
明日、高野山へ報告に行きます。

2011/7/12(火) 午後 3:30 まりん

顔アイコン

証明書も個人の考え方・・。そうですね。
義父がお参りしたころにはなかったのでしょうね。
結願は感極まった事でしょう。

2011/7/12(火) 午後 4:33 moriの熊さん

顔アイコン

清水太郎の部屋さん

応援ポチありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

2011/7/12(火) 午後 4:39 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

おタケさん

私は80番代になるともうすぐ終わるのかという寂しい気持にとらわれてしまいます。
区切りは、楽しみを残しておくという意味でよいですね。

2011/7/12(火) 午後 4:53 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

ムサシさん

いつもていねいに読んでいただいてありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

2011/7/12(火) 午後 4:57 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

山登りさん

若い頃には、お礼参りといえば高野山でしたので、私も高野山へ出向きました。
3度目の時には、一番札所へお礼参りをしてから、高野山で締めくくりをさせていただきました。

2011/7/12(火) 午後 5:02 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

らくがき楽ちんさん

私は逆にバスでのお参りの経験がないのですが、将来足が弱ったら御世話になると思います。
バス遍路には、歩きでは味わえないよさがあると思います。

2011/7/12(火) 午後 5:09 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

はやぶささん

歩きの時には、始めの数日は無理をしないで歩いていると、
1週間くらいで歩きが生活になってなれてくると思います。

2011/7/12(火) 午後 5:12 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

EGACITEさん

サンチャゴ巡礼は私のあこがれのひとつです。
行きたいところばかりでし、書きたいところもたくさん残っているし、心と、能力や時間がミスマッチで〜す。
ポチありがとうございます。

2011/7/12(火) 午後 5:17 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

moriの熊さん

女体山を下りながら八十八番大窪寺が見えたときも、いろいろなことが走馬燈の楊に思い浮かんで、涙をためながらお寺に向かいました。

2011/7/12(火) 午後 5:28 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

こんばんは。
この秋には残りの43番から88番までをお参りしたく思っていますが・・・
その後が分りませんでした^^; 又お訪ねしますm(_ _)m

2011/7/12(火) 午後 8:48 fum*kom*n*er

顔アイコン

わくわくさん

楽しみですね。
私もこの秋に4度目の歩き遍路を予定しています。
また来てくださいね。

2011/7/12(火) 午後 9:04 [ moriizumi arao ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事