東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 5
      夜の鳴沙山  まるで夜の砂漠をラクダで旅するシルクロードのキャラバン隊のように想えた。

マルコ・ポーロとの出会い

イメージ 1 シルクロードに興味をいだく人間で「マルコ・ポーロ」の名を知らない人はいないだろう。『東方見聞録』の中で、日本を「黄金の国・ジパング」と紹介した人物である。わたしが彼と初めて出会ったのは、小学5年生だった。担任のF先生は、わかりやすい面白い授業をする先生で、人間的にも立派で、学校中の生徒から人気があった。特に歴史が好きで、手振り身振り、ユーモアたっぷりで、社会の授業を盛り上げていた。ふだんは隣とおしゃべりをしたり、おとなしいと思えば寝ていたりする悪ガキどもも、社会の授業だけは楽しみにしていた。いつもとは打って変わって先生のほうへ顔を向け、たまには「はあ〜、それからどうした…」などと、合いの手を打つほどの変身ぶりだ。

 先生は、マルコ・ポーロの『東方見聞録』(実は、マルコ・ポーロがアジア諸国で見聞した内容口述を、ルスティケロ・ダ・ピサが採録編纂した旅行記である)の話になると、いつもにも増して熱が入った。旅の話はことさら面白くて、多少の作り話も混じっているとは思っても、ついつい引き込まれて、目を輝かせて聞いていた。マルコ・ポーロが東洋に夢を膨らませたように、私もシルクロードの世界に夢とロマンを広げていった。『アラビアンナイト』や『シンドバッド』、はたまた「月の砂漠をはるばると、旅のラクダがゆきました…」を思い浮かべながら、夢と想像を広げていった。

 『東方見聞録』には、日本は「ジパング(日本)は、カタイ(中国大陸)の東の海上1500マイルに浮かぶ独立した島国で、莫大な金が採れて、宮殿や民家は黄金で出来ているなど、財宝に溢れている。人々は信心深く、仏様の崇拝者で、外見がよく、礼儀正しいが、人肉を食べる習慣がある」と書かれているという。 旅の話ならば少しくらいのウソが入っていたほうが却って面白がって聞いていたが、さすがに自分の国のこととなるとそうは行かない。少し抗議口調で「鎌倉時代には、ほとんどの民家が貧しかったので金なんかでできているわけはないし、宮殿だって平泉の金色堂くらいしかないんじゃないですか。それに、日本人が人食い人種だなんて、まったく面白くありません。先生はどう思うのですか?」と尋ねた。
 
 すると先生は、
 ―― 「私もそう思っている。宮殿や民家は黄金でできている、というのは、中尊寺金色堂についての話を聞いたものだといわれているんだ。実際、マルコ・ポーロは日本には来たことがないので、中国で聞いた噂話として書かれているんだ。
 
イメージ 4
      2011年世界遺産に選ばれた平泉の中尊寺金色堂

 ころで、『ジパング』は日本の英語名「ジャパン」(Japan)の語源になっているんだよ。当時のヨーロッパの人々も、マルコ・ポーロの言っていた日本についての内容はあまり信じなくて、彼は嘘つき呼ばわりされたそうだよ。だが『東方見聞録』は、その後多くの言語に翻訳されて、手写本としていろいろな国に広まっていったんだ。これがアジアに関する貴重な資料として重宝されて、後の大航海時代に大きな影響を与えるようになったのです。ジパングを目指して出航し、アメリカ大陸を発見したコロンブスも、この書を手元から離さなかったそうだ。なんと366箇所も書き込があったそうだよ。
と答えてくれた。
 
イメージ 2 こんなわけで、私はマルコ・ポーロに強い興味を持った。さっそく、1時間以上電車に乗って仙台の書店まで出かけた。なかなかいいものが見つからなかったので,書店のおねえさんに「マルコ・ポーロの本を探してるんだけど」と声をかけると、
 「あなた小学生でしょう! これがいいんじゃない」と言って、『マルコ・ポーロの冒険』という少年少女向けの本を出してきてくれた。本での最初の出会いだった」
 
 1271年、イタリアのヴェネチアに暮らしていた17歳の少年マルコ・ポーロは父ニコロと叔父マテオに随行して東方へ旅立つことになる。道中でマルコは様々な体験や色々な人々との出会いと別れ、冒険を繰り返しながら成長していく。未来に向かって、理想に向かって突き進んで行くマルコ・ポーロ。未知の世界を切り開く意思の強さ、何処までも希望を捨てない精神の強さ……。感動で時には涙をためながら、一気に読みきってしまった。'''「大人になったら絶対にシルクロードに行ってやる!」"""――そう決意した。
 
 これが、248日にも及ぶシルクロードの一人旅の原点になったのである。

  
イメージ 3
       タクラマカン砂漠  砂丘を超えて歩むわたしたちのラクダの隊列

閉じる コメント(14)

杜泉さんがシルクロードに興味をもたれたのははじめに教え上手な社会科の先生との出会い、そして本との出会いだったのですか。

少年時代の夢を実行されたのは素晴らしいことです。

2011/8/25(木) 午後 1:25 [ - ] 返信する

顔アイコン

ゆめ 嵐子さん

子供のころから未知へのあこがれはとても強かったと思います。

未知への訪問はわくわくです。

2011/8/25(木) 午後 1:36 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

少年時代の夢をいつまでも持ち続けて見事に実行するなんてすごい!
☆☆☆ポチ!

2011/8/25(木) 午後 6:32 [ chama ] 返信する

顔アイコン

chamaさん

ポチ!ありがとうございました。
自分でもやっぱりうれしいですね。

2011/8/25(木) 午後 7:31 [ moriizumi arao ] 返信する

坂東真砂子さんの「旅涯ての地」も面白かったです。
ちょっと視点が違いますがマテオやニコロが出てきます。

2011/8/25(木) 午後 11:13 安寿 返信する

顔アイコン

安寿さん

情報ありがとうございました。
読んでみたいです。

2011/8/26(金) 午前 6:09 [ moriizumi arao ] 返信する

アバター

。。夜の鳴沙山は 幻想的ですね。。

古から 変わらない 時間のように 感じます。。

少年のような 純粋な心は ずっと 変わらずに あるのですね。。

ara0さんの 原点。。かも。 ポチ

2011/8/26(金) 午前 7:56 真砂女 返信する

顔アイコン

♪おはようございます。
マルコ・ポーロが 杜泉法師を シルクロードの世界に夢とロマンを広げていって 248日のシルクロードの一人旅・・・雄大ポチ!ですね。

「月の砂漠をはるばると、旅のラクダがゆきました…」・・・こちらも 夢と 想像が広がります。

2011/8/26(金) 午前 11:16 [ EGACITE ] 返信する

顔アイコン

子供の頃の出会いが後にシルクロードへ導くとは、
素敵な先生との出会いがきっかけだったのですね!
「出会いを大切に!」
私が何時も思い続けている言葉そのものです(^0^)/
素敵な出会いに乾杯です! ポチ☆

2011/8/26(金) 午後 0:04 fum*kom*n*er 返信する

アバター

あらおさま

現在の旅の起源が小学校の授業にあったとは!!!
子どもの教育の重要性を改めて感じ褌の緒を(一応女性ですが)しめなおしました。

ポチ☆

2011/8/26(金) 午後 10:12 幼児小学生絵画教室 三原色の会 返信する

顔アイコン

真砂女さん

リコメ遅れてすみません。

子供のころからの熱をず〜っと持ち続けていられた僕は幸せかもしれませんね。

ポチありがとうございます。

2011/8/28(日) 午後 5:10 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

EGACITEさん

あなたのコメントはいつもロマンとユーモアたっぷりだな〜

楽しみ方の名人にエールの逆ポチ!と行きたいくらいです。

2011/8/28(日) 午後 5:20 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

わくわくさん

私に影響を与えた出会いは結構ありますが、この出会いはもっとも大きかったと思います。

2011/8/28(日) 午後 5:52 [ moriizumi arao ] 返信する

顔アイコン

三原色さん

人に影響を与えることができる立場って大変だけれどやりがいがありますね。
楽しく頑張って!

2011/8/28(日) 午後 5:57 [ moriizumi arao ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事