東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

 [遍路二日目]
 孫は元気がない
 2日目の朝食、食卓に着いてもほとんど箸が進みません。
 おそらく大きなプレッシャーを感じているに違いありません。
 今日は20キロ以上歩かなければならないので、何としても食べさせなければならない、と気がかりでした。
 じいちゃんもつらいよな〜。
 団体遍路の子供たちは、どんどん食べて出発して行きました。
 遅く出発すると、次の宿へ到着するのが遅くなります。
 やむを得ずラップと塩をいただいて、本人に塩おにぎりを握らせました。
 母親が時々作ってくれるそうなので、母の味なのでしょう。
 2個作って、1個は食卓で食べさせ、一個は持参して、休憩時間に食べさせることにしました。
 
 出発間際に事務室の女性が私に声をかけました。
 住職からの預かりものということで、袋に入ったものを渡してくれました。
 後で確認すると二人分の手首数珠と記念バッジでした。
 実は住職の畠田秀峰さんは、私の大学の後輩の弟さんなのです。
 7時過ぎに出発しました。予定より30分ぐらいの遅れです。
 2日目の今日は、七番十楽寺から11番藤井寺までです。
 大人でも結構きつい距離です。
 
 10日間の遍路を覚悟させる
 素朴な農村地帯を西に向かいます。
 
イメージ 1
 
 歩きはじめて500メートルほど行くと、「おじいちゃん 3日か4日で帰ってもいいの?」
 と突然聞きました。
 「まだ、1日しか経っていないのに何を言っているんだい! そんなことは、今決めることじゃないよ。3、4日経ったら相談しよう」と言っても、
 家族に会いたい、帰りたいと泣き声で訴え続けます。
 
 実は、最初に誘ったときに、3,4日経ってどうしても続けられないときには、その時に相談しよう。とりあえず最低3日は歩きなさい―― ということで連れてきたのです。
  私は、自分自身やいろいろな人の体験談から、「焼山寺の遍路ころがし」を越えると、自信がついて続けようという強い決意が生まれるということを知っていました。
 8年前に出会った23歳のひきこもり青年も、父親から「だまされたと思って3日歩いてこい。3日経っていやになったら帰ってきてもよい」と、言われて来たのでした。
 結局、遍路ころがしを乗り切って、88ヶ所を廻りきり、大学へ復学しました。
 孫も必ずそうなるだろうという見通しでした。
 しかし、状況はちょっと違うようです。
 3日という縛りが、却って逃げ腰を生んでいるように思えました。
 私は考えました。
―― 孫の場合、逃げ腰の気持ちを断ち切って、10日間絶対に帰れない――
と覚悟させた方がよいと判断しました。
 ここは自分も踏ん張り時だ。鬼になろう!
 それを言い出した時、孫は絶望的に大声で泣きました。
 「とにかく絶対に帰れないんだから、気が済むまで泣きなさい」と、きっちりと言いました。
 それから孫は、七番十楽寺まで泣きながら歩きました。
 私はその間、無言でした。 《じいちゃんだって辛いんだぞ〜》。
 
 山門近くになって、「もうお寺だぞ! 泣き顔でお参りしていたら、仏様にも他のお遍路さんに笑われるぞ」と注意すると、スパッと泣きやみました。
 
イメージ 2
 
  心の中で〈お前は偉いぞ! がんばるんだぞ〉と、叫んでいました。
 
 新聞記事の切り抜きをいただく
 山門を入るとすぐに水子地蔵があります。
 それを説明してあげても上の空です。
 おそらく帰りたいという気持ちでいっぱいなのでしょう。
 
イメージ 3
 
 巡拝を終えて納経所へ行くと、
 「新聞に載った人たちですか?」と声をかけられ、記事を見せられました。
 
 
イメージ 4
 
 孫は大喜びで、途端におしゃべりが始まりました。
 彼は社交的で、知らない人でも気軽に会話を交わす。
 会話で息抜きをして、また修行といったところでしょうか?
 職員の女性が記事を切り抜いてにっこりしながら渡してくれました。
 孫にとっては生まれて初めての新聞掲載は貴重なものです。
 これ以来、孫は少しずつ、変わってゆきました。
 
 歩いていてもお寺でも、あちこちで声をかけられました。
 「えらいね〜。がんばってね!」という言葉に、孫はどれだけ励みや勇気をもらったことでしょう。 ありがとうございました。
 家では「やってもらうことが当然」と思っていた孫も、お接待や励ましなど他の方々からの親切を受けることで、少しずつ感謝の心が育つことでしょう。
 
 泣いていても「ほらほら、向こうから人が来るぞ」と言うと、スパッと泣き止んで、
 愛想よく「こんにちは〜」と挨拶する。
 気分の切り替えが、すごく上手なところが、まことに不思議な子なのです。
 そんな時、〈将来何になったらいいのかな〜〉なんて考えたりしていました。
 
 次は、8番熊谷寺まで、4.2キロの道のりです。
 少し距離が長いので、東日本大震災の話をしてあげました。
 
 よければ、孫へのメッセージよろしくお願いいたします。(じじバカより)

閉じる コメント(24)

顔アイコン

kahoさん

さっそくの訪問とコメントありがとうございました。

後になってわかる部分も結構あるのでしょうね。

2012/4/19(木) 午前 10:38 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

楽農家さん

ありがとうございました。このコメントを孫も読むことでしょう。

みなさんからのコメントは、肉親の言葉よりも心に届くことと思います。

2012/4/19(木) 午前 10:42 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

こんにちは。
まだ10才、お孫さんの気持ちが痛いほどわかりますね。でも新聞の写真はとても凛々しくいい顔をしています。一生の宝物になるでしょうね。
でも20kmは大人でもなかなかきついですね。

ガンバレのポチ☆

2012/4/19(木) 午後 0:50 [ バタフライ ]

団体子供遍路さんは子供同士で励ましあったり競いあったりできますが
お孫さんはお爺ちゃんとですからねぇ、不安だったと思います。

同じ歳の我が家の孫は10キロ以上歩いたことがありません。
今週の日曜日、遊びに来るので
araoさんと一緒に遍路されたお孫さんのことを是非、話してあげます。ポチ☆

2012/4/19(木) 午後 3:24 まりん

顔アイコン

杜の泉さん、こんにちは。新聞記事を読ましていただきました。
お孫さんにとっても素晴らしい体験になりましたね。新聞に載った
ことで、苦しい遍路の道中でも自分が注目されていることを自覚し
たのですね。これは断然大きな効果がありますね。本人がそのこと
に気づくとメソメソばかりはしていられないと思うようになったの
ですね。大人でも辛い歩き遍路ですが周囲の人の温かい声援に応え
ようとする自覚が小学4年生のお孫さんを勇気づけたのは大成功で
したね。私も昨日バスツアーでの遍路旅で雲辺寺、三角寺と難所を
歩き疲れて昨夜はブログも出来ないようでしたがこの記事で勇気づ
けられました。三日目も頑張られたお孫さんにポチです。

2012/4/19(木) 午後 4:58 [ らくがき楽ちん ]

顔アイコン

お孫さんの気持ちもおじいちゃんの気持ちもよくわかります。皆さんからの励ましは大きいでしょうね。
頑張っているのがわかってくれた気分でしょね。

2012/4/19(木) 午後 5:46 [ ant*qu*_sh*ra ]

顔アイコン

MUGENさん

転載ありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。

2012/4/19(木) 午後 6:54 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

徳島新聞、写真入りで凄いですね。
お孫さんにも、励みになるでしょう
頑張って下さい。

2012/4/19(木) 午後 7:02 はんちくてぃ

アバター

araoさま

孫へ伝えたいこと。
残したいこと。
諒君への思いがひしひし伝わってきます。

そして諒君の一歩踏みしめるごとの成長も嬉しいですね\(^o^)/

彼の人生にとってもaraoさまの人生にとっても最高の歩き遍路に・ポチ☆

2012/4/19(木) 午後 9:42 幼児小学生絵画教室 三原色の会

顔アイコン

まりんさん

孫の遍路が少しでも、多くの人の刺激になりお役にたてればうれしいですね。
ぜひ話してあげてください。
(〃^∇^)o彡☆ポチありがとう!!

2012/4/19(木) 午後 11:27 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

ひのもと情報交差点: 【5/13〆切】 アメリカの教科書に「東海」表記をしないよう求める署名が始まりました!2万5千署名達成のためご協力を!(すでに在米邦人の子供たちが、歴史捏造工作のために「イジメ」にあっています) ←検索!
ぼやきくっくり 【拡散】「日本海」維持嘆願署名にご協力を ←検索 簡単なので是非ご協力ください。


NHKを支配する朝鮮人勢力
ttp://quasimoto.exblog.jp/17250661
韓流フジTが逆ギレ
ttp://quasimoto.exblog.jp/15370377
在日の勝

利宣言
ttp://quasimoto.exblog.jp/13712051
韓国人工作員が日本人大虐殺計画
ttp://quasimoto.exblog.jp/17786660
反日がテロとの認知から日本人は韓国について認識が深まる、韓国は侵略国家で著作権侵害などありとあらゆる事に悪事に手を染めてることに認知する事から対話は始まる。そういうのを度外視して友好だとか韓流だとか言ってる時点で程度が知れる。

2012/4/20(金) 午後 5:22 [ - ]

顔アイコン

辛く悲しい時には人に励まされると勇気が湧くものですね!
ましてや新聞の記事となり皆さんが応援してくれるとなっては
頑張りも出ることでしょう!
日に日に成長の糧が伝わります(^0^)/
予定通りの最期まで頑張ってね! ポチ☆

2012/4/20(金) 午後 7:47 fum*kom*n*er

顔アイコン

孫の諒ちゃんは、し合わせ者ですね。大好きなお祖父ちゃんと四国のお遍路の旅を完了されて一回り大きくなられたでしょう。
たくましい青年になられることでしょう。
それにしても、モリズミさんのお孫思いの行動力には感動しました。
さすが旅行作家!!!これからも宜しく活躍してください。東西

2012/4/21(土) 午前 10:02 [ bnq*w6*0 ]

moriizumiさん
お孫さんとの素晴らしいこころの旅ですね。その時はとても辛いけれど、経験は将来自分が困難にぶつかったとき、大きな気づきをくれますね。頑張ってください。応戦しております。

2012/4/21(土) 午前 11:15 [ - ]

顔アイコン

山登りさん

心こもるコメントは、きっと孫のこころにも届くことでしょう。

孫も感じてくれたら、将来それを自分よりも若い人に伝えてくれることを期待しています。

孫を信じています。

2012/4/21(土) 午後 11:46 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

三原色さん

孫との遍路に幸せを感じています。

私に遍路を感じさせてくれた4歳のお遍路さんにも感謝したいと思います。

(〃^∇^)o彡☆ポチありがとう!!

2012/4/21(土) 午後 11:50 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

わくわくさん

自分の遍路にこんなにもたくさんの人が応援してくれていることが諒にもぐっと感じられることでしょう。
ありがとうございました。
こういう励ましがきっと量の将来に大きな影響を及ぼしてくれることと思います。
料は、幸せ者です。

2012/4/21(土) 午後 11:57 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

トンスルキム さん

訪問とコメントありがとうございました。

2012/4/22(日) 午前 0:05 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

♪こんにちは。
なんやかんやで お久訪問 申し訳なく候。
お孫さんとの お遍路記事・・・
お孫さんにも 杜泉法師にも ポチ!で候。

2012/4/24(火) 午後 3:08 [ EGACITE ]

顔アイコン

EGACITEさん

忙しいことと楽しいこと―― これが最高の(〃^∇^)o彡☆ポチ ですね。

2012/4/26(木) 午後 11:06 [ moriizumi arao ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事