東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

 郵便局は休み
 切幡寺から市場町の集落を歩いて行くと、折よく八幡郵便局がありました。ところが閉まっていました。
 手帳を見ると今日は日曜日だったのです。
 曜日無用―― 遍路の世界は、曜日はほぼ無用の世界なのです。
 
 「おじいちゃんお金は大丈夫?」と孫は心配顔です。
 「大丈夫さ。3万円くらいあるから、2日分の宿代はあるよ。明後日は徳島に入るから必ず郵便局があるよ」と言うと、安心したようでした。
 ほどなくお遍路さん休憩所ありましたので、15分ほど地元の人と懇談しながら休しました。
 
 吉野川周辺の田園地帯を行く
 集落を過ぎると田園風景が広がりました。見事な菜の花畑です。
 潜水橋を渡ります。
 
イメージ 1
 
 「これからあの山のふもとまで行くんだよ。明日はあの山を何時間も歩くんだ」と言っても、孫は特別反応を示しませんでした。
 はたしてどんな気持ちっだたのでしょうか。今になってとても興味があります。
 
 橋を渡ると広々とした田園地帯です。
 厳密に言えばここは吉野川の中州です。今日はことさらすごい風です。
 孫は寒い寒いとちょっとべそかき気味に付いてきます。
 私は両耳の小さな補聴器が外れそうになるのが、とても気がかりになっていました。
 孫の傘のひもが緩んだので結んでやっていると、後から来た若い女性遍路が結んでくれました。
 孫はじいちゃんよりもおねえさんに面倒を見てもらってうれしそうでした。
 彼女は足早に去って行きました。
 あゆみの遅いこちらは、ちょっと焦りを覚えました。
 
イメージ 3
  
 
  ちょっと歩くと、後ろから車の男性が来て、「写真を撮らせてください」と言うので、撮っていただきました。 
  男性は尾形さんという方で、今は持ち合わせがないからと言って、250円お接待してくれました。
  
 
イメージ 2
                  吉野川の善入寺島にて  二人とも疲れ顔ですね  (尾形徳春氏撮影)
 
 吉野川に架かる長い川島橋を渡ると、宿まで約4キロです。
 
イメージ 4
 
 川島に入り、県道240号線を歩いていると、先ほどの尾形氏が通りで待っていて、声をかけてくれました。そして新たに千円をお接待してくれました。
 尾形さんは、私の感謝に対して、「わたしの家は近くなので偶然お会い出来ましたね」と言ってくれましたが、彼がわざわざ待っていてくれたことはすぐにわかりました。
 おそらく家に戻ってお金を持ってきて、しかも1時間位は待っていたのでしょう。
 会った瞬間ジーンとなり、うれし涙がたまっていました。
 この時、人間の根源が残っている土地を、この孫と再び回りたいと、強く感じました。
 それを感じることができれば、孫は一生幸せな人生を送れるだろうと、わたしは本能的に感じました。
 
 今度の遍路は、じいちゃんに連れてこられた遍路だと思って終わるかもしれませんが、絶対いつかわかるはずだ、と確信ています。
 孫さえ承知すれば、夏休みにまた孫と二人で遍路したいと思っています。
 真夏の高知を出発するのは、今以上ずっととひどいことは百も承知ですが、
 私は孫のために体を張りたいと心から思います。
  東日本大震災だけでも2度も死んだ人間なので、孫のために死ぬのは、まったく意に返していません。
 ちょっと気負い過ぎましたが、真夏の遍路を2度経験した私ですので、もう一度孫を鍛えたいと思います。 
 
 孫へのコメントいただければ嬉しいです。
  
 

閉じる コメント(26)

顔アイコン

諒くんへ
良く頑張りましたね…。
夏休みにも挑戦されることと思いますが、
諒くん なら きっと頑張れることでしょう…。
無事に結願されることを、遠い空のもとから
応援しています。 ガンバレー 諒くん !!

2012/4/22(日) 午前 7:32 [ 忠志 ]

顔アイコン

良く頑張りましたね。
菜の花も、応援してくれていますね。

2012/4/22(日) 午前 9:00 はんちくてぃ

顔アイコン

杜の泉さん、おはようございます。
吉野川周辺の田園地帯を行くと、見事な菜の花畑ですね。
やはり歩き遍路でないとこのような風景を見て感じることも仲々で
きません。おじいちゃんに似て諒君の写真を見る眉毛が濃く意志の
強そうなハンサムボーイではないですか。今は分からなくても成長
した暁には、きっとおじいちゃんの意図を感じ取り感謝してくれる
ことと思います。諒君、夏休みの入ったら叉、再度挑戦して下さい
私も月一度の逆打ち中どこかで君に会えるかもと期待していますよ。
ポチです。

2012/4/22(日) 午前 9:04 [ らくがき楽ちん ]

顔アイコン

おはようございます、
写真を見たら、始めての一番からひと回りもふたまわりも、諒君は変わってきていると思います。ぜひ夏休みに数日でいいから札所参りしてくださいね。
moriizumiさん、無理をせずに、出来るだけ頑張って下さい、
一生懸命信仰していると「祖父母の霊が幼い子に宿りますから」

2012/4/22(日) 午前 9:38 asayan

顔アイコン

付け加えで再度、
金剛杖の持ち方ですけど、上の五輪塔の所、カバーしている所を持たないで下さい、お大師様ですから。それから橋の上では杖を持ったままでつかないで下さい。

2012/4/22(日) 午前 9:50 asayan

日々成長していく様子

まだ、私の3歳の孫ですが、逞しく成長してほしいとロムして思います。

素敵な経験が出来るお孫さん
良い経験をさせてあげられる事

先で私も何か出来たらと思います。。
ありがとうございますm(_ _)m

2012/4/22(日) 午前 11:02 [ すず ]

顔アイコン

はじめまして。

二人旅の歩き遍路の様子を読ませていただきました。
菜の花の中を歩く姿、とても素敵ですね。

諒くんへ。
おじいさんといっしょでも
つらくてさびしいことばかりだと思います。
泣きたいときにはいっぱい泣いて
うれしい時楽しい時には、
いっぱい笑顔の花を咲かせてください。
お遍路の旅にはきっと素敵な出会いが
待っていると思います。
ずっと応援していますね。


夏に高知の方へお参りに来られるそうですね。
夏の日差しは厳しく風雨の強い土地です。
お遍路の経験がおありで御存じとは思いますが
移動距離も長く、二人でのお参りは大変だと思います。
どうぞお体に気をつけて、無事のお参りをお祈りしています。

2012/4/22(日) 午前 11:23 kamo

顔アイコン

お孫さんの諒君は、いいお祖父ちゃんがいて幸せです〜ね!
私の父と、息子の関係もこんなだったら、、最高だったのに、、、
ポチ!

2012/4/22(日) 午後 2:05 [ 粉砂糖 いちご ]

顔アイコン

孫の諒君素敵なオジイチャンを持たれて幸せですね。。。
キット逞しい思い遣りある大人に成長されるでしょう。
それにしても春休みにお祖父ちゃんと一緒に遍路をさせた親御さんにも敬意を払います。今は親子の断絶の時代ですから!!
ポチ! モリズミさんは羨ましい。。私どもの理想です。鑑です。

2012/4/22(日) 午後 4:00 [ bnq*w6*0 ]

顔アイコン

諒君
いいな!おじいちゃんと巡礼の旅!
大人になったとき、きっと・きっと此の事を
諒君の子供や孫に話すんだろうな?素敵です・・・ポチ☆

2012/4/22(日) 午後 4:13 [ TOMI-旅子 ]

顔アイコン

杜泉新生(もりいずみあらお、旅行作家)さん・・孫へのコメントいただければ嬉しいです。」・・・のひと言は、Good Ideaでしたね。
楽農家(らくのうか)です。

2012/4/22(日) 午後 6:18 楽農家

顔アイコン

こんばんは。

人情豊かな徳島のお人ですね!
みなさん本当に遍路さんに親切で優しい人が多いと感じました。

長歩きのお孫さんはつらいでしょうがきっとこの日の事は何時か良き思い出となって甦ることと思います!

頑張って下さい、応援しています!
ポチ☆

2012/4/22(日) 午後 8:19 fum*kom*n*er

吉野川の潜水橋、沈下橋とも言うんですよね。昨年、四万十川に行った時、初めて見ました。四国は昔から台風の通り道ですので生活の知恵で欄干がない橋が、広まったんですね。お孫さん、知らない土地の長旅で肉体的にも精神的にも疲れたかと思いますが、この経験が彼の今後の人生に良い結果をもたらすことを期待します。

ぽちっとね

2012/4/22(日) 午後 9:44 kassy1946

顔アイコン

こんばんは

みなさんからのコメント感激して涙を浮かべながら読ませていただきました。

今晩山形から遅く帰ってコメントを拝見しました。
今晩はおひとり筒にリコメできなくてごめんなさいね。

またリコメいたします。
ありがとうございました。

2012/4/22(日) 午後 11:28 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

こんばんは
私のブログへご訪問頂きましてありがとうございました。

私も2年前位には暇さえあれば四国をバイクでまわっておりましたが、1年前くらいから中国での事業が忙しくなり四国へ渡る時間が全く取れなくなってます。そして、先月の17日に中国で交通事故に遭い、これを期に車よりも危険度の高いバイクには乗るまいと決意して、先週には2台所有していたバイクを2台共に売却致しました。事業が軌道に乗り、暇な時間が取れた時はより安全な車で再び四国を廻りたいと思ってます。
そして、将来引退をした時は徒歩でチャレンジしようかと思っております。これは3年前に亡くなった私の父の念願でもありましたから是非とも実現したいですね。

2012/4/24(火) 午後 10:31 [ ニッコール ]

顔アイコン

オタケさん

そうですね。遍路の良いところは人や自然との出会いだと思います。
普段背することの少ない、多くの「ほかの人」とのふれあいでいろいろなことを感じ取ったと思います。
ありがとうございました。

2012/4/25(水) 午前 7:27 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

楽農家さん

孫に対するみなさんの貴重なコメント、コピーして送りたいと思っています。

ありがとうございました。

2012/4/25(水) 午前 9:14 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

忠志さん

孫へのコメントありがとうございました。

わがままな子ですが、お遍路のばはあまりわがままが通らない舞台なので、良い経験になることでしょう。

2012/4/25(水) 午前 9:20 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

忠志さん

孫へのコメントありがとうございました。

わがままな子ですが、お遍路の場はあまりわがままが通らない舞台なので、良い経験になることでしょう。

2012/4/25(水) 午前 9:21 [ moriizumi arao ]

顔アイコン

♪こんにちは。
曜日無用―― 遍路の世界も、シニアの世界も 曜日はほぼ無用の世界で候。

「写真を撮らせてください」・・・
じいちゃんよりも おねえさんに面倒を・・・
お遍路さんに、美人さんに、感動の お接待で候。

お孫さんへのコメント・・・
お遍路で 自分が大きくなり、人とのつながりができて、
生きがい、楽しい人生のご利益があり候。

あわせて、楽しい潮風おばさんをトラバ候。

2012/4/25(水) 午後 2:12 [ EGACITE ]

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事