東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
 
 仙台市荒浜には立派な観音像が立っていました。
  「荒浜慈聖観音」と刻まれた白御影石製の観音像は、土台も含めた像の高さは約9メートルで、ほぼ津波の高さだとのことです。
 右手の慰霊碑は高さ1.7メートル、幅2.4メートルの黒御影石製です。
 
 数十メートル離れた場所に2011年12月に住民有志が建てた木製の慰霊塔(高さ2.5メートル、写真左手前)も同所へ移されていました。
 
 2年半の区切りの日ですので、たくさんの人がお祈りに来ていました。
 しかし、お参りしている人々の気持ちは実にさまざまで複雑なのです。ここへいつ来てもそれを感じます。
 仙台市は復興計画の中で、海沿いを南北に走る県道10号線の海側を災害危険区域に指定しました。居住は禁止なのです。
荒浜地区、800世帯はすっぽりこの区域に含まれます。
 以前来たとき、住民の話によると、この区域指定は住民の意向を事前に聞くことなく発表されたとのことで、それに対して住民の反発が強いとのことでした。
 防潮堤の整備や、敷地のかさ上げなどの防護策をとり、避難ビルなどを整備すれば安全は確保できると考える住民もいます。一部の住民は、いままで通り荒浜に住み続けたいと主張しています。
 黄色の旗はこうした人々の意思表示なのです。
 
 
イメージ 8

 
 しかし別の看板を見ると「移転を希望するものも、荒浜に住み続けることを希望するものも、ふるさと荒浜が好きです。どちらも生きていける道を探しております」と書いてありました。
 住民の人々の気持ちは実に複雑なのです。
 観音様近くで、70代と50代くらいの母子らしい女性たちと話をしました。
 50代くらいの女性はこう語りました。
 仙台市内の安全な場所にいた息子が、自分たち二人のことが心配でわざわざ荒浜の自宅まで戻ったために津波の犠牲になった。自分たちは荒浜小学校の屋上に避難して命は助かったが、その時にはいつ死ぬかとすごい恐怖だった。海の前のこの慰霊の場に来ると、津波の恐怖がまざまざと蘇り、息子が感じたであろう恐怖まで想像してすごく怖い。この慰霊の場は、もう少し海から離れた浄土寺にあってほしかった。そうすればもう少し穏やかな気持ちで祈ることができると思う。私は怖くてもう荒浜には住みたくない。
 一方、近くで荒浜居住を希望する女性が署名運動を行っていた。
 その光景に向けた視線は鋭かった。
 震災前の荒浜地区は集落全体がまとまっていたが、震災のために断ち切られてしまったと感じた。
 イメージ 2
   左前方には先ほどの母子が助かった荒浜小学校が見える。
 
 
次は、母子が話していた浄土寺へ向かった。
 
応援のクリックお願しますo(^-^)o 
 アジア旅行ブログランキング参加用リンク一覧 

この記事に

閉じる コメント(2)

住民の声も聞かず、役所の判断で進んでしまうおと
しているんですね。1日も早い復興をお祈りいたします。

ナイス!

2013/9/14(土) 午後 11:15 牡羊座の独り言 Part2 返信する

顔アイコン

Kasayさん

こんなに強いきずなで結ばれていましたのに残念ですね。

2013/10/6(日) 午前 11:18 [ moriizumi arao ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事