東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

  ご恩返しの勤労

 黄金山神社の禰宜さんと被害調査を終えて神社に戻ると、社務所の人たちや巫女さんたちが焚き火をしている。
  避難している16名(我々以外に5名の方がお世話になっていた)が、暖を取れるようにとの配慮である。私たちも、境内の木製の落下物や、周辺の倒木やなどを集めてきた。我々が交代で火の番をすることになった。

  “何でもいいですから、やれることがありましたら申し付けてください”と申し出ると、 「それでは、水汲みを手伝っていただけませんか」と頼まれた。
 神社から300メートルほど離れた「金光水」という湧きがある。そこから20リットルポリ容器やペットボトルなどで飲料水や洗い水などを運ぶ仕事である。

私たちは長期の避難生活を覚悟していたので、神社の一員という気持ちで積極的に仕事を買って出た。水の運搬の他、復旧作業、落下物の焼却などに精を出した。少しでもご神社の役に立てるかと思うと気分がよかった。
働いた後の昼食のカレーライスはことのほかおいしかった。

イメージ 3

イメージ 1

  
  何回も往復しているうちに、汗ばむほどであった。
  ただ御世話になっているよりも、ず〜っと気分がよかった。

交代で救出のための見張り
 しかし一方では、救援をあきらめてわけではない。
 二人一組になって沖を走る船を30分交代で見張っていた。
そんな時はまるでロビンソンクルーソーになったような気分だった。
もちろん大きな期待は持ていなかったが、わずかな可能性を期待してやれるだけのことはやろうと思ったのである。
 






 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事