東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]


避難所生活二日目(3月13日) その1

鮎川は孤立状態だし、携帯電話も通じないので、外部との連絡がまったく取れない。そこで、自ら行動を起こすことにした。家族への連絡と車のチャーターを目的にして先発隊を結成することにしたのである。
 メンバーはリーダー、車のディーラーの会長、そして石巻近辺在住の2名である。
迎えが不可能なときには、リーダーが責任をもって鮎川残留組の家族に連絡することになった。朝7時ごろ先発隊4人は30キロほど先の石巻へ向けて出発した。残留組は期待と不安で見送った 
  
イメージ 1
まだ薄暗い中を先発隊は出発した。

 港方面に被害状況を調査に行く
 わたしは彼らを見送ったのち、港方面に被害状況を調べに行った。

イメージ 3
イメージ 2
利用客に親しまれていた港近くのふじや旅館

イメージ 4
青森県のご夫妻が乗って来た車

イメージ 5









牡鹿中学校より手前のスピンカーブから、鮎川港を眺めると、まだ海はざわついており、津波が収まっていないように見えた。
イメージ 6
                       まだ津波が収まっていない様子の鮎川港

 そして彼らが歩んだがれきに覆われた道を中を石巻方面に数百メートルほど歩いてみたが、道にはまだがれきが散乱し、両脇にはうず高く積み重なっている。.
 きっと難儀しながら歩いているのだろうと思いやった。

結局、彼らは2日経っても戻って来なかった。
後日聞いた話では、
 ―― 仙台在住のリーダー以外の3人は、自宅が流されるか浸水していた。そのため連絡どころではなく、家族の消息探しや、自宅の復旧に追われたそうである。

 リーダーがまず石巻市在住のメンバー宅に歩いて連絡した後、ヒッチハイクで5台の車を乗り継いで仙台の自宅にたどり着き、仙台近辺のメンバー宅への連絡は、電話不通のため車で回って行なった、とのことであった。
 
東日本大震災・「祈り・伝承・防災・復興」 
            
 一般社団法人みちのく巡礼 
 ホームページ:: URL:http//michinoku-junrei.info 





.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事