東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

高校時代のトレーニングコースを埋め尽くすがれき

 市街地の見える場所から反対方向の海岸の見える場所に移動すると、日和大橋の向こうに牡鹿半島がみえた。その先端付近に金華山が位置しているが、ここからだと半島に隠れて見えなかった。大震災からのことが足早に思い出されたが、そんな余韻を吹き飛ばすように、眼下の海岸一杯に「がれきが原」が広がっていた。

イメージ 4

イメージ 2

イメージ 1

 この一帯はひばり野海岸と呼ばれ、高校時代陸上部の冬季練習でこの海岸と日和山のサーキットコースを走り回っていたことを思い出す。当時は砂浜ばかりだったが、その後住宅地として次第に発展し、門脇町、南浜町などの町名で呼ばれるようになった。

  しかし、今は見渡すがぎり瓦礫で覆われている。
 日和山のすぐ下の西光寺墓地もかなりの数の墓石がめちゃくちゃに倒れていた。

イメージ 3


 遠方には石巻市立病院が見えるが、おそらく内部はめちゃめちゃなのであろう。
イメージ 3

 石巻市立病院が機能しなくなったので、日赤石巻病院がフル稼働を余儀なくされたのだと後で知ったが、その時は想いが及ばなかった。

実家の被害が心配
 仙台の自宅に早く帰りたい。元気な顔を早く家族に見せてあげたい。そんな思いが強く浮かんでくる。
 東松島市の実家の家族は、一応生命は無事だと聞いているので幾分安心しているが、東松島市の津波被害も大きかったという報道を、鮎川の避難所でラジオで聴いていただけに、どうしているのか心配だ。

 東松島市は石巻市から仙台へ向かう途中にある。実家は海岸から2キロ弱しか離れていないので、津波が到達している可能性が極めて高い。実家の被害状況を見るために、東松島市矢本に向かことにした。
 私の母は東日本大震災より11か月前に亡くなった。こんな惨状を見ずに亡くなったことはむしろ幸せだったかもしれない…、と自分を慰めた。
 
   そんなことを想いながら 日和山公園を後にして、海側を見ながら西に1キロほど進んだ。母校の前を通ったとき、高校2年生の時に襲って来たチリ地震津波を、グランドから半分は興味で眺めていたことを悔いの気持ちで思い出した。
イメージ 5

  山をさらに西に下って国道45号線に出るルートが東松島までは最短距離だ。だが、山下町まで下ってみると、“途中の大街道付近の道路はまだ水没している”という。仕方がないので、とにかくいったん内陸部へと向かった。三陸自動車道のすぐ脇の農道を歩こうと思った。道行く人に聞くと、「あそこもどうだかな? まだ水がかぶってるかもしれないが、とにかく行ってみらい」という。 そこで、その人の言う通り、とにかく行ってみることにした。とにかく、遠回りでもなんでもどこか通れる道を見つけて、仙台方面へ向かわなければならないのだ。選択の余地はない。
とにもかくにもそこからが大変だった。
(続 く)
 


「みちのく巡礼」の活動 主旨
   ・東日本大震災犠牲者を悼み、自らも癒され、心の拠り所となる場の創設   
・東日本大震災等の「伝承」
・「自らの命を自ら守る防災意識」の啓発
・東日本大震災の「復興」と東北の発展につながる活動

東日本大震災祈り・伝承・防災・復興」みちのく巡礼


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事