東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

みちのく巡礼「祈りの場創設と巡礼について」 


1.祈りの場創設について
 ⑴東日本大震災物故者慰霊の対象: ①と②のいずれも可とします。
   ①すで安置されている本尊仏像など
   ②東日本大震災慰霊のために建立された像、碑、塔など

イメージ 12.「みちのく巡礼」の表示 (のぼり旗)   
 ⑴巡礼開始時は「のぼり旗」(右図)による表示とする。

 ⑵のぼり旗は、巡礼開始より5年間はみちのく巡礼より毎年2枚ずつ提供する。

②東日本大震災慰霊のために建立された像、碑、塔など






3.納経帳(御朱印帳)への対応
  ⑴ 納経(御朱印)  希望する巡礼者には加盟全寺院で対応する。
  ⑵納経帳の作製:宮城県の加盟寺院数が33ケ寺に達した時点で、  
  みちのく巡礼用の式な納経帳を作製する。
 当面は、巡礼者が持参した納経帳へ墨書・御朱印等を行う。
 ⑷ 寺院側が不在の場合、あらかじめ墨書、御朱印済みのものを近くの店等に依頼するなどの方法対応する。
 ⑸すでに他の霊場に加盟されている寺院の場合、東日本大震災慰霊目的の祈りであるか、他の霊場巡りなのかを確認した上で対応する。



5.巡礼開始

 東日本大震災5年4か月の月命日である平成28年7月11日に巡礼開 
 始を予定している。る。
.札所番号と巡礼コース
 ⑴札所番号を付ける時期
 宮城県の加盟寺

4. 墨書・御朱印(納経)について
 ⑴「東日本大震災犠牲者慰霊」のための巡礼であるので、必ずその趣旨を  
   反映する文字等を表記する。
  ① 納経用紙を使用する場合
  ・「東日本大震災犠牲者慰霊 みちのく巡礼」の文字を印刷した納経用  
   紙に、墨書や御朱印の押印を行う。巡礼者が自分で納経帳に貼り付け  
   する。
  ・納経用紙はみちのく巡礼で用意して各寺院に30枚ずつ配布。
   不足の場合は、みちのく巡礼事務局連絡する。コピーも可。
  ② 納経帳に墨書や押印する場合
   納経用紙を用いない場合には「東日本大震災犠牲者慰霊 みちのく巡
   礼」等の文字を墨書あるいは押印する。
  ③ ①②いずれの場合にも、印章は各寺院にて準備する。
  ④ 納経の内容は寺院に一任する
    墨書・御朱印の他、御朱印のみによる納経も可とする。
  ⑤ 納経料は300円とする。

5.巡礼開始
 東日本大震災5年3か月の月命日である平成28年7月11日に巡礼を開  
始を予定。

.札所番号と巡礼コース
⑴札所番号を付ける時期
宮城県の加盟寺院が33ケ寺以上に達した時点で付ける。

⑵巡礼コース

寺院名、所在地、巡礼コースおよびロードマップをホームページ、ブログ、
Facebook等による発信、およびパンフレットで紹介する。

  東日本大震災・「祈り・伝承・防災・復興」          
 一般社団法人みちのく巡礼 
  ホームページ::http://michinoku-junrei.info

閉じる コメント(1)

ホームページリンク先が見られないみたいです。

2018/3/18(日) 午後 10:48 [ gak*ch*n19*8 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事