東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]


 たった5キロほどを3時間以上掛かって、やっと三陸自動車道の石巻・河南インター近にたどり着いた。付近にはイオン石巻店がある。店の建物を見たとたん激しい空腹感に襲われた。
イメージ 2

 思えば、朝食前に鮎川を発って来たので、前日の夕方5時以来、ろくにお腹に入れていなかったのだ。ものすごい空腹に加えて疲労困ぱいだった。この時、戦後満州から引き揚げて来る時、極度の空腹に耐え、命の危険を感じながら、何百キロも我が子の手を引いたり、背負ったりして歩き続けた母親たちのことを想った。それに比べたら、この程度のことは何ということもないさ、と自分を励ました。

 鮎川の避難所で聞いたラジオで、―― イオン石巻店は避難所になっていて、店長が自分の判断で店の食料品を無料で避難者に配った。――という放送を耳にしていた。
〈もしかしてイオンには何か食べるものがあるかもしれない〉というほのかな希望が湧いた。半面、それを否定する自分もいた。〈食べ物なんか残っているはずはない。食べ物がなくてもとにかく腰を下ろして休みたいな〜〉―― こんな自問自答のような気持ちで、吸い寄せられるようにして建物の中に入って行った。報道されていた通り、ここは避難所になっていた。フロアーに敷かれたビニールシートの上に布団を敷いて、たくさんの人々が疲れ果てた姿で座り込んだり横たわったりしていた。
 
イメージ 1

 近くのおばあちゃんに「店にひょっとしてまだ何か食べるものは残っていませんかね?」と、あまり期待せずに尋ねると、
「ここの店長さんはとてもいい人でね、自分の判断で、店の商品を被災者のみんなに無料で配ってくれたんだよ。ありがたいよな〜」と感謝の気持ちを込めて言った。それを聞いた私は喜び勇んで店員さんに、昨晩からほとんど食べていないこと、これから歩いて矢本の実家の被害状況を確認し、そこから仙台まで帰らなければならないなどの事情を話した。
 すると気の毒がって、「ちょっとお待ちください。探してみます」と言って、どこからかメロンパンを持って来て、まるまる一個提供してくれた。思わず〈こんな大変な時にまるまる1個も…〉と、驚きよりも感謝の気持ちでいっぱいだった。大震災以来、パン一個なんて食べたことがない。
 終戦後で物が不足していた子供の頃ならいざ知らず、近頃はメロンパンを当たり前のようにあまりありがたみも感じないで食べていた。しかし、このパンは最高級料理よりもおいしかった。この時のメロンパンは、「一生で一番おいしいしかも感謝パンになるだろう。この一個のパンは、「幸せとは何か」を強く感じさせてくれた。
 まさに人生の恩人でもある。
 大変な時、苦しい時だっただけに、温かさがずしんと心にしみた。
 強い感謝がみちのく巡礼の活動への頑張りの後押しになっているのです。

 東日本大震災・「祈り・伝承・防災・復興」          
 一般社団法人みちのく巡礼 
  ホームページ::http://michinoku-junrei.info

閉じる コメント(1)

顔アイコン

幸せの原点wを感じさせてくれます。よいたいけんをなさいましたね。

2017/2/26(日) 午前 10:07 [ みちのく巡礼 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事