東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト ]

石巻西高校を後にして西へ500mほど歩くと、三陸自動車道石巻港ICの出入口付近に到達した。広域農道はここで県道251号線と交差している。

 IC出口付近の信号前で大きなトラックが横転しており、その周辺には津波で流された車が数多く重なるようにして散らばっていた。おそらく、三陸自動車道に上って津波を避難しようとした車が殺到したのに違いない。残念ながら渋滞のため間に合わなかったと思われる。
 それを想像しただけでも恐ろしくなり、思わずその場に立ちすくんで合掌し、黙とうをささげていた。この時も金華山で3度も命が助かった自分が、幸運よりも不思議な存在に思えた。

イメージ 1

 左折して南へ800mほど歩くと国道45号と交差するが、南に向かうかうということは、海岸方向へ向かうということである。したがって水没している可能性がある。しかしながら、45号に出た方が実家に近いし、海側の大曲地区の被害状況を調べたいという気持ちも働いた。
 45号は赤井付近では定川の堤防に築かれており、平地よりもかなり高いので、震災時には冠水したとしても現在は水が引いているだろうと推測した。もしも水没しているようならば、また逆戻りすればいいやと、探求心の方がリスクよりも上回って南に向かった。
 500mほど行くと仙石線の踏切を渡った。まだ1週間もたたないのに、もうすっかり線路はさびている。塩分の腐食力はすごいものである。遠方にわずかに赤井駅が見えた。

イメージ 2


県道251号と国道45号が交差する信号に到着すると、予測通り道路からは水が引いていたので、徒歩での通行が可能であった。ガソリン不足のためか、車はあまり走っていないので、比較的身の危険を感じなかった。


イメージ 3 定川橋から赤井駅周辺を眺めると、この地域は国道よりもかなり低いので、現在もかなり冠水し、がれきも散在していた。
 この付近に住んでいる高校の同級生に後で聞くと、震災当日は徐々に水嵩が増えていって2メートルくらいまで達したそうだ。彼の家は2階近くまで浸水したそうで、大規模半壊だったが、結局ほぼ全面改築だった。

イメージ 4 定川を渡って坂道を下ると、いよいよ郷里の旧矢本町に入るが、まっすぐ実家へ向かわず大曲地区へ向かった。
道路の土はまだ乾ききっておらず、周辺は一面泥沼状態で、そこにはがれきが散乱している。
 大曲小学校は、まだグランドはドロドロでがれきが散乱し、入れる状態ではなかったので、そのまま大曲浜に向かった。              
大曲浜は、壊滅状態だということは、鮎川の避難所にいる時にラジオで聞いていたので、これから恐ろしいところに向かう気持ちで歩いた。この地域では中学校の同級生が9人亡くなっていることを、後に同級会で聞かされた。(続 く)


 東日本大震災・「祈り・伝承・防災・復興」          
 一般社団法人みちのく巡礼 
  ホームページ::http://michinoku-junrei.info



 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

大変な思いをされたのですね。ご苦労様でした。

2017/2/26(日) 午前 10:05 [ みちのく巡礼 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事