東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

「私の3.11あの日あの時」(28までのあらすじ)
私が所属する山歩きの会13名は震源地に最も近い宮城県の島・金華山で大地震に遭遇した。私は船の待合室のテーブルの下に隠れたが、天井が落下する寸前に外へ逃げ出して難を逃れ、津波を避けるため、50数mの高台に避難する途中、私の直前で崖崩れが起こったが、手前で一瞬立ち止まって写真撮影を行ったために命拾いし、高台に避難した後も、南北から襲来した2030mの2つの津波が激突し、50mほどの巨大津波となって高台を襲ってきたが、さらに高いところへ駆け上がり難を逃れた。私は3度命拾いしたことになるが、その時「生かされた命」を強く感じた。その夜は黄金山神社にお世話になり、翌日、船で救出されて牡鹿半島の鮎川へ渡った。上陸直後、この世のものとは思えないほどの惨状を目の当たりにして呆然自失となった。そして2日後、夕暮れの浜で、幼い女の子と若い母親が一輪の野の花を二人で持って丁寧に浜辺に手向け、ひたすら祈り始めた。その姿を見てはばからず号泣した。三度も生かされた我が命、何もない所でひたすら祈る姿―― この衝撃的な体験がみちのく巡礼の活動の原点となった。
石巻市牡鹿総合支所で、ボランティアをしながら5日間避難所生活を送った後、自衛隊のジープで石巻まで送ってもらうことになった。

女川経由で石巻へ向かう
 ジープは亀裂や陥没だらけのコバルトラインを走って女川方面に向かった。道路のいたるところに亀裂や陥没ができている。大きな亀裂と陥没は応急工事によって埋められている。亀裂や陥没を巧みに避けながらジープは進んだ。自衛隊員のドライブテクニックは確かなものだ。
 道のあちこちに車が放置されている。なぜ? 津波を避けて高いコバルトラインに上って来て、そのまま放置して徒歩で避難所に向かったのかもしれない。
 そんなことを考えていると、コバルトラインを下り切って女川に入った。この地点は海から1キロ以上離れているにも関わらず津波の傷跡がみられた。
 左折して万石浦にさしかかった。道路はまだわずかに冠水していたが、津波の被害は小さかったようだ。隊員の話では、震災当日も床下浸水程度で済んだとのことだった。万石浦は海に対してほとんど閉ざされた状態になっているので、津波もほとんど浦の中には入り込めなかったのあろう。,

 万石浦駅付近から右折して山手の道に入った。稲井地区を通って、石巻総合運動公園に到着した。
石巻の救援センター
 総合運動公園は救援センターになっており、自衛隊や各県からの救援隊が集結していた。
イメージ 1 イメージ 2

イメージ 3

 新潟県の消防車が真っ先に駆け付けたとのこと―― 新潟県中越地震の折に宮城県の消防車がいの一番に駆け付けたことへのお礼なのだそうだ。
また、和歌山県の消防車も目に入ってきた。
はるばる熊本など九州から来ているのには驚いた。
日本中総出の救援出動だということを強く感じて、感謝の気持ちがすごく湧いた。
ほんとうにありがたいことだ。
 奇しくも今回の熊本地震では恩返しすることになってしまった。我が郷里東松島市からも数名の市役所職員が熊本県に派遣され、活動の様子がNHKのドキュメンタリーで報道されたのを見た時、心から嬉しく感じた。ぜひ頑張っていただきたい。

やっと妻と連絡が取れる
 ここは救援基地なので電波が強いのだが、私の携帯は通じない。
震災以来6日間家族と連絡が取れていないと、窮状を訴えると、
「特別ですよ。10秒くらいで…」と言いながら自分の緊急用電話を貸してくれた。
規則にとらわれずに好意的に振るまってくれたことに強く感謝しました。

 電話がつながったとたん、こちらが話す前に 「おとうさん!?  よかった!」
と、妻の叫ぶような声が飛び込んできた。まさにテレパシーでつながっているようだった。
お互いの無事がやっと確認できた劇的瞬間だった。
この短い言葉には、連絡を待ちわびていた気持ちと安堵感が凝縮されていた。
「今、石巻にいる。明日帰るから…」と伝える私の声は完全に上ずっていた。目頭は熱くなっていた。目は涙で潤んでいた。
話したいことはいっぱいあったが“10秒だけ”が気になり、すぐに電源を切った。
心にのしかかっていたものが一挙に外れたような気がして、
体からもどっと力が抜けた。
この10秒程度のやり取りは、私にとっては宝の時間だった。私と妻を深く結びつけたことは間違いない。
一生心に残る会話になった。 

東日本大震災・「祈り・伝承・防災・復興」          
  一般社団法人みちのく巡礼 
ホームページ::http://michinoku-junrei.info/ 













開く コメント(0)

自衛隊の救援物資輸送車で石巻へ


3月16日、午前9時過ぎに救援物資を積んだ自衛隊のジープが2台到着した。まさに待ちに待った到来だ。被災者の皆さんにとっては食料供給車、我々にとっては待望の「帰還車」だ。
<これでやっと帰れる!>と思うと、子供のように胸の高鳴りを覚えた。


イメージ 1

段ボール箱に入った食料などを早速二階の物資置き場に運搬した。鮎川での最後のご奉仕だ。作業にも今まで以上に気合が入り、30分弱で完了した。

隊員から「石巻の総合運動場にある救援基地まで送ります。石巻からの交通機関はまったく動いていません。移動手段がない場合は、とりあえず石巻の避難所へ入るとよいでしょう」と説明があった。

ジープは9時55分に出発。鮎川での避難所生活は足掛け5日間であったが、密度が濃かっただけに感慨深い。鮎川の皆さん、特に市職員の方々には大変お世話になった。
別れ際に職員の方々にお礼を言うと、「がんばって必ず復興します! これに懲りずに鮎川や金華山にまた来てください」と、疲れ切っている顔に精一杯の笑顔を浮かべて送り出してくれた。〈鮎川の皆さんお世話さまでした。がんばってください!〉と心で叫びながら避難所を後にした。うれしさと、同士と別れるさみしさが入り乱れた。

牡鹿半島の尾根を走るコバルトラインを通って石巻へ向かう。太平洋は何事もなかったように悠然とした姿を見せている。〈あんなに痛めつけておいて知らん顔はないだろう〉と、海好きの私もこの時だけは憎らしく感じた。

イメージ 1 イメージ 2

道はあちこちで分断されていたが、自衛隊員の応急修理によってどうにか通れるようになったのだ。ジープは亀裂や陥没を巧みに避けながら進んだ。途中、たくさんの車が放置されていた。地震時に乗り捨てられたものだろうか、それともガス欠のためだろうか。
 女川の街へ下って県道398号線入ったが、この辺は女川湾から1キロほど離れているので、被害はあまり大きくないようだ。ここから浦宿方面に行くと道は万石浦沿になるのだが、予想したよりも津波が低かったようだ。

万石浦はほぼ完全内海になっているので、津波ほとんどが入り込まなかったと思われる。石巻線の沢田駅の手前から右折して山川の道へ入り、稲井方面を経由して救援センターになっている石巻総合運動場に向かった。

東日本大震災・「祈り・伝承・防災・復興」          
  一般社団法人みちのく巡礼 
ホームページ::http://michinoku-junrei.info/ 

開く コメント(0)


東日本大震災慰霊行脚

 
イメージ 1
 
 東日本大震災の犠牲者を悼むため、曹洞宗の僧侶たちが、5月6日〜11日に岩手、宮城、福島3県の沿岸被災地を行脚しました。
 北は宮古市、南は南相馬市から延べ約100人の僧侶がリレー形式で約200キロを歩き、石巻市の洞源院で合流しました。
道中46カ所の会場で慰霊法要を営みました。

イメージ 5イメージ 6

 法要を営むお寺の中には、みちのく巡礼加盟寺院6ケ寺と賛同寺院1ケ寺が含まれています。
 徳本寺中浜墓地跡地「千年の塔」、徳泉寺(山元町)  昌林寺(仙台市) 荒浜浄土寺(仙台市) 洞源院(石巻市) 地福寺(気仙沼市)、清涼院(気仙沼市)などです。
足が健在ならば私も歩きたかったのですが、今回の慰霊では家族の運転する車で4カ所で供養しました。

私が部分的に参加した福島県同慶寺出発の行脚の行程をパンフレットから紹介します。
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



行脚や慰霊の様子が新聞、テレビなどで報道されました。

開く コメント(1)


避難所活4日目(3月15日)
原発制御困難  政府より住民に屋内退避指示

福島第一原発は依然制御が困難な危機的状況が続いている。「菅首相が、半径2030キロの住民に屋内退避を指示した」という放送がながれ、引き続き関連の情報が何度も流れた。すぐ近くの女川原発は何の放送もないところをみると、多分丈夫なのだろうと思っていた。

吉報来る
夕方、支所の職員の方が吉報を持って部屋へやって来た。
明日16日に自衛隊の救援物資搬送車が来ることになり、帰りにその車であなた方を石巻まで送ってくれるよう依頼しました」と知らせてくれた。
 
この知らせは、ある面予想外のことだった。こんなに早く牡鹿半島の先端まで車が入ってくるほど道路が普及しているとは考えていなかったからだ。

この知らせを聞いた途端、4日ぶりに部屋中に笑顔が広がった。そう言えば、3月11日の地震以来、心からの笑顔は誰からも見ることはなかったことに、改めて気づいた。
市職員の配慮に心から感謝した。〈とにかく、一歩でも仙台に近づけるのだ。予想した以上に早く帰れるかもしれない〉という希望が湧いた。
 
ささやかすぎる祝杯
 職員が部屋を出て行った後、メンバーの一人が突然「祝杯をあげよう」と言い出した。「酒なんかないだろう」と言うと、「ほうら!」と言って、リュックから泥がこびりついた350mlのキリン一番搾りを1本取り出した。昨日、自販機から飲み物を回収に行った帰りに、総合支所付近のガレキの中から拾ったという。たぶんどこかの家の冷蔵庫の中に入っていたものだろうか。「一人で飲むのは悪いから、ここを出て行くときに飲もうと思ってたんだ」という。1本の缶ビールを12人で分けるのだから、ほんの一口ずつだったが、とにかくおいしかった。

 家族を想う涙
電気がないので、暗くなったら寝るしかない。5時30分ごろそれぞれ椅子を並べて毛布を敷いた寝床?に身を横たえた。
枕代わりのクッションに頭をおいた時、家族がどんなにか自分の安否を案じていることだろうという思いが急に湧き上がった。これまで無理に押し殺していた感情が吹き出てしまった。涙がこみ上げて来て抑えることができなかった。立て続けに頬を伝った。嗚咽をもらしそうになったがじっと我慢した。
思わず仲間たちや青森県から来た夫婦の様子を伺った。
それぞれ静かに物思いにふけっている。どんな思いなのだろうか。
みんなもつらいがきっと我慢しているに違いない。
私は、独りならば思い切り声を上げて泣いただろう。


東日本大震災・「祈り・伝承・防災・復興」          
  一般社団法人みちのく巡礼 
ホームページ::http://michinoku-junrei.info/ 

 

開く コメント(0)


 行方不明の父親の遺品を捜す母娘と出会った後、すごく侘しくなり、いたたまれない気持ちになっていました。そのまま、避難所に戻る気にもなれず、浜辺をとぼとぼ歩いていくと、
夕暮れの中、さらにせつない母娘の姿に出くわしてしまいました。
 何もない砂浜で4,5歳くらいの女の子と母親が、一輪の野の花を二人で持って丁寧にていねいに砂浜に手向け、ひたすら祈り始めました。そして母親は嗚咽しながら何か娘に話しかけていました。悲しみに満ちたその姿を見た時、私もこらえきれず、はばからず号泣してしまいました。
 悲嘆にくれるこの母娘の姿を見た瞬間、“祈りの場があったらなあ”という思いが強く浮かびました。身内を亡くして悲嘆にくれる人びとのために祈りの場を創ってあげたいと思い立ったのは、まさにこの時でした。
 その後も、身内や知人を亡くした人々が、身近な場所に祈りの場を望んでいることを何度も実感し、祈りの場創りの気持ちが固まっていきました。
 この思いが「みちのく巡礼」の活動の原点になっています。
 
イメージ 1
                                          この時の写真ではありません。

東日本大震災・「祈り・伝承・防災・復興」          
                一般社団法人みちのく巡礼
             ホームページ::http://michinoku-junrei.info/



開く コメント(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事