東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ホータン周辺の仏教遺跡を訪ねて

現在は、すっかりイスラム化されたホータン

 ホータンの街には仏教の面影を残すものはほとんど、
 ――というより私の目ではまったく見かけなかった。
 女性たちは、スカーフ姿だし、男性はイスラム帽だ。
ところどころにモスクがあり、そこで祈る人々の姿があった。
 
イメージ 1

 
イメージ 2
                   女性たちはほとんどがスカーフを被っていました。
                    ウイグル女性は目を楽しませてくれますね〜
 
 
イメージ 3
                   男性の大多数がイスラム帽
 
 
イメージ 11
イメージ 4
                   ところどころにモスクがあります。 
 
イメージ 5
                   ホータン一のホテルの建物もイスラム風でした。

いにしえの仏教王国ホータン

イメージ 10 法顕が、そして玄奘が、その著書で「仏教王国ホータン」を伝えている。
 法顕(338?〜442?)『法顕伝』(5世紀始め)の中で、
 ホータンでは国も人民も富み栄え、みな仏法を報じて家の前に小塔をたて、
 華麗な寺院では僧侶数万人が大乗を学び、
 王は高価な宝石を供養に使い、自分のために使うことが少ないと伝えている。
                 
              法顕は高齢ながら、63巻もの経典を漢訳した。⇒
 
 玄奘三蔵は『大唐西域記』で、
 篤く仏法を尊んでおり、伽藍は百余箇所、僧徒は五千人、みな大乗の教えを学習している。
 王ははなはだ武勇で、篤く仏法を信じ、自ら毘沙門天の後裔であるといっている。

ホータン周辺の仏教遺跡

ホータンの東には2〜3世紀伊吾の大規模な遺跡群が、国道315号線40〜100キロほど北方に点在している。
 
イメージ 6
                  ホータン周辺の主な遺跡   赤文字は見学した遺跡。

 これらの見学した5つの遺跡と、すでに訪れたチャリクリク、ミーランを横につなぐと、
 失われた古代の西域南道が浮かび上がってくる。
 
イメージ 7

 それぞれ下線付きの題目をクリックすると記事が開きます
268 ミーラン遺跡2 ミーラン故城の手荒な歓迎         269 ミーラン遺跡3 故城を巡る         270 ミーラン遺跡4 吐蕃の城砦と古寺のヘレニズム文化       271 チャルクリク 
272 チャルクリクの小学校とウイグルのこどもたち        273 一路チェルチェンへ        
274 チェルチェン 〜ポプラ並木の郷愁〜            275 チェルチェン 〜バザールとチェス〜    276 チェルチェン故城とザーグンルーク古墳           277.楼蘭からホータンへ7       
278 石油開発で発展するミンフォン      279 玄奘三蔵が見たホータン は仏教国…、今のホータンは? 280マリカウト故城と玉売りの子供たち 〜ホータン2 


 ホータン周辺のほとんどの遺跡は、都城址と仏塔、寺院址からなり、
 仏菩薩や諸天の彫像、壁画、いた絵が多く発見された。
 
イメージ 8
             ダンダンウイリクの寺址から発掘された板絵 
イメージ 9
              ホータンにカイコと桑が最初に伝わった逸話「蚕種にし漸伝説」を描いたいた絵
 (上)の2枚の写真は、「週間シルクロード紀行5 西域南道ホータン」より 

 実際に遺跡を見学したり、本を開いてみると、
 礼拝対象の多さ、その装飾の豪華さ、
 図や像の主題となる説話、伝承の多さには驚かされた。

 詳細は、後の記事で紹介します。

開く コメント(6)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事