東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

津波の悲惨な爪痕に心痛めながら石巻の街を歩く
イメージ 7

 三陸自動車道に行くにはどう行けばよいのか全くわからない。高校卒業してからほとんど石巻に来たことがない。すでに50年経つので、街の様子がすっかり変わっている。途中で何度か道を訊いたが、地元の方が教えてくれるのは、近道なのだろうが却ってわかりづらい。何度も迷ってしまった。
 三陸自動車道の石巻河南インターは、山下よりは西に位置するはずなので、いくらかでも西へ進みたい―― その一心でそちらへ向かうと、未だに冠水していたり、道が陥没して深い水溜りになっていたり、がれきが道をふさいでいることもあった。

イメージ 4イメージ 5イメージ 6

 その都度、遠回りしたり、逆戻りせざるを得なかったりの繰り返しだった。。お金はあるがお店が開いていない。肉体知的な疲労に精神的な疲労が重なってほとほと参った。食べていないことも疲労をさらに大きくしていた。

 私がかろうじて覚えているのは国道45号線と石巻駅だけである。そこで、悪戦苦闘の末、たどり着いたのは〈石巻駅へ行く〉という考えだった。結局、1時間以上のロスだった。
 石巻駅付近までたどり着いて、〈矢本に立ち寄って仙台まで帰りたい〉と話すと、「それは無理だよ。市役所が避難所になっているからそちらに行くといいよ」親切にアドバイスしてくれた。―― 以前のさくら野百貨店が現在は石巻市役所になっている。山仲間も総合運動公園で別れるとき避難所へ行くつもりだと言っていた。 ――  しかし私は、どうしても早く仙台まで戻りたいという気持ちは動かなかった。
 何人かの人に尋ねると、三陸自動車道に沿って走る農道は道路自体からはほとんど水が引いているので、そちらがよいと言う。山下で自分自身が思ったことと同じだった。とりあえず東松島市の実家までのル−トはめどがついた。今度は、多少遠くとも広い公道を教えてもらった。
 それにも関わらず、地図がないのでとても不安だった。勘だけが頼りで、どこを歩いているのかよくわからなかった。もともと地理が分からないので当然のことだった。
 かなりの地域でまだ水が引いていないし、未だに水没しているところや泥で覆われているところがかなりあった。
 靴の中は泥水だらけで、歩くたびにピチャペチャ、グチャグチャと音がする。

イメージ 1

イメージ 2

               


  現在は水が引いているところも、床上浸水した跡がくっきりと見えていた。
 こんなときには、津波を前にしてさぞ恐怖を感じたろうなと、思わず自分の体験とダブらせて、
逃げ惑う姿を想像した。  



    イメージ 6 イメージ 3
 

 海から数キロも離れたこんなところまで水が襲って来たのかと、恐ろしくなるような光景の中をひたすら歩いた。
 三陸自動車道石巻河南インターまで3時間以上もかかってしまった。結局、総合運動公園を出てから4時間半ほど以上歩き回っていたことになる。
 疲れもだいぶ出てきた。 さすがの私も気力がなえてきた。早くどこかで休みたい。何か食べたい……。本能的な願望が、私の脳みそを占領していた。 (続 く)


東日本大震災祈り・伝承・防災・復興」みちのく巡礼

目下、6月11日の巡礼開始に向けてけていろいろ準備を続けています。
5月30日は「みちのく巡礼札所会総会」です。




全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事