東日本大震災 未来への祈りと伝承〜「みちのく巡礼」

みちのく巡礼は、東日本大震災の祈りの場創設と記憶・教訓の伝承、防災精神の啓発、復興に寄与する活動を行っています。

12西域南道

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

 
イメージ 1

 嫌がるラクダたちを叱咤激励してどうにかケリア河を渡ったわたしたちは再び砂漠の中を行く。
 この辺りは、東西南北どちらを見回しても、大小の砂丘がはるかかなたまで連なっている。
 先頭を行くラクダ曳きのリーダーのイスマイリーさんの歌声が、砂漠に朗々と響きわたり、
 私たちの連のラクダはその後をゆっくりと進んでゆく。
 沙漠に映る自分たちの影もゆらりゆらりと移ろってゆく。
 何とも不思議でのどかだ。
 温度は38度だ。かなり厳しい暑さだが、汗はすぐ蒸発して衣類はべとつかない。
 そよ風に吹かれていると特別暑さを感じない。
 
 
イメージ 2
       難渋の末ケリヤ河を渡った。
 
イメージ 3
       砂漠の中をゆったりと進んでゆく
 
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
       砂漠に映った自分の影もゆっくりと移動する。


 18時ころから陽が西に傾き始め、砂丘に美しい陰影ができた。
 この芸術的ともいえる曲線を見ると、これまでの疲れがすうっと消えた。
 
イメージ 7


 
 19時ごろ、枯れ木のあるところにキャンプを設営した。
 さっそく大きなたき火がたかれる。
 暖かな火を前に、ラクダ曳きたちが順番に得意の歌を披露してくれた。
 とにかく陽気さが伝わってくる。
 女性たちが混じっていれば、にぎやかなウイグルダンスが繰り広げられたに違いない。
 
イメージ 8
               ウイグルダンス(カシュガルにて)

 たき火の周りでナンを焼いたり、お茶を沸かしたりして、時間をかけて夕食をとる。
 厳しい旅だからこそ、キャンプでの夜はゆっくりと過ごすのだ。
 せっかちな日本人のわたしも、だいぶゆったりペースに順応してきた。
 みなが毛布をかぶってたき火の周囲で眠ったのは、23時30分ごろであった。
 たまに目が覚めて仰向けになってみる空は、その晩も満天の星だった。
 
イメージ 9


 
 翌日2日目も、一日ラクダの旅で、イスマイリーさんの話によると、この日の移動距離は約16キロであった。

イメージ 10イメージ 11
  ラクダ曳きのリーダーイスマイリーさん 
 
イメージ 12
              休憩のときにはラクダ曳きたちは陽気におしゃべり
 
 
 ラクダの旅3日目で、待望の遺跡らしい姿がはるか遠方に見えてきた。
 ついにダンダンウィリクに到着が近づいてきた。
 
イメージ 13

  
   

開く コメント(26)

ラクダ隊、ダンダンウィリクへ向けて出発

[前回までのあらすじ]
 ホータンで残留部隊と合流した我々は、ケリアの街からケリア河を北上して、
 タクラマカン砂漠のベースキャンプ、バスカッ・イゲルへ到着した。
 詳細は、クリック
 ホータンから西域南道を走りケリアへ 
イメージ 1
  
 タクラマカン砂漠のベースキャンプバスカッ・イゲルへ
イメージ 2
  
 タクラマカン砂漠 満点の星空 
イメージ 8


?H5>ラクダ隊編成  今まで乗ってきたランドクルーザーと別れ、ベースキャンプでラクダ隊を編成した。
 我々側のメンバーは、リーダー、ガイド、世話役兼食事係の4名。
 現地のラクダ曳き兼世話係は4名である。
 
イメージ 7

 キャラバンは、5〜6頭のラクダをロープでつないで一連とし、
 先頭にラクダ曳きノリーダーが乗り、
 その後に私たちのグループのラクダが―― ガイド、私、リーダー、世話人の順で続いた。
 そのあとには、荷物や水を積んだラクダが、現地のラクダ曳き3名に曳かれて従った。
 ラクダは、親ラクダ10頭、子ラクダ2頭の計13頭である。

 ラクダ曳きの一人は、交代でラクダに乗って休憩する。
 なぜ子ラクダをつれてゆくの? そう思われる人が多いだろう。
 ラクダは親子の情が深くて、なかなか親離れ子離れできない。
 母と子を離すと、母親は悲しがって働きが悪くなるのだそうだ。
 
イメージ 3
イメージ 4
                       砂漠の旅に同行した二組のラクダの母子

 詳しくは、ラクダの母性愛 ラクダとロバのお話1をご覧ください。
 

?H5>河を渡るのを嫌がるラクダたち  出発は13時50分。
 遅い時間の出発は、次のキャンプ地までの距離と、厚さを避けることを配慮してである。
 
 まず、ケリア河を渡る。
 川幅は120メートルぐらいあり、水量も多かった。
 中央の深いところは水深1メートル以上ある。
 夏なので、崑崙山脈の雪どけ水が多いのだそうだ。
 
イメージ 5


 ラクダは水に入るのを嫌がっているようだ。
 仕方なく、ラクダ引きのリーダーがまず自分一人で渡った。
 そのコースを追って、最初の連(グループ)の先頭のラクダが尻をたたかれ、
 しぶしぶ水の中に入ると、後につながれたラクダも仕方なくついていった。
 ラクダが水を怖がることを私は初めて知った。
 この場面は、写真はダメだと、ラクダ引きのりーダーは手で静止した。
 自分の所有するラクダの情けないところを写されると、商売に差し支えるからでしょうと、
 わたしたちのリーダーはこっそりと教えてくれた。

 しかし、第2グループの先頭にいた母ラクダは、
 たたかれても引っ張られても抵抗して水に入ろうとしない。
 その上、向きを変えて強引に岸から離れようとする。
 やむなく別のラクダを先頭につなぎ、それに引っ張られるようにして進んだ。

 川の中央は流れが速く、ラクダは上流側に足をずらしながら、水に流されないように進むので、
 前後左右に激しく揺れる。
 だいぶ慣れてきたラクダの背中だが、とても写真どころではない。
 緊張して手綱をしっかり握り、体を前傾させてバランスを取りながら、どうにか無事に渡り終えた。


 ここから、先は再び砂漠の中を行く。
 
イメージ 6

 


 
 

開く コメント(22)

音楽を入れて写真も追加ましたので、素晴らしいメロディーを聴きながら、また満天の星を眺めてみませんか。かならず満足いただけますよ!
 
イメージ 1
  夜明けが次第に近づいてくる。 星たちは最後の命を燃やし尽くすように輝きを増したように思えた。、

タクラマカン砂漠 満点の星空

 ベースキャンプは赤々と大きなたき火が燃えている。
 我々が到着すると、案内人とラクダ曳きたちが迎えてくれた。
 配られた熱い茶を飲み、たき火にあたると、心の中まで温かくなる。
 長く不安な砂丘地帯を通り抜けてきた安堵感と、疲れがどっと出てきたように感じる。
 
イメージ 2

 
 午後8時30分、熱いお粥をフウフウ言いながら食べた。
 大きなたき火にに当たりながらなので、体中が温かくなる。
 携帯用温度計を見ると、3度だった。
 昼は、35度ほどだったので、30度以上の寒暖の差だ。
 だが、砂漠ではこれがふつうである。

 見上げると空は満点の星だった。
 西域の夜空いっぱいに星がキラキラと煌めき、
 ときどき、流星が一面に広がる星群を貫いて光の尾を引きながら消えてゆく。
 実に美しい。
 
イメージ 3

 
イメージ 7

 
イメージ 9
  
 夕食を終えてテントに向かう。あたりは完全に暗闇の世界だ。
 胡楊が怨霊のように手招きしている。
 初めのうちはこの光景にものすごく怖さを感じたが、
 砂漠の旅も長くなったので、今はだいぶ慣れてきた。
 それでもやっぱり不気味は変わらない。
 
イメージ 5

 
イメージ 6


 宿泊用テントは二人用で、かなり窮屈である。
 居住性もあまり良くない。
 それでも寝袋にもぐり込むと、あっという間に眠りに落ちた。
 テントでは、周りのいびきがうるさくて、これまでなかなか寝付けないこともあった。
 だが、わたしのいびきもなかなかなもので、ずいぶん迷惑をかけたことも多かっただろう。
 とにかく早く寝てしまったほうが勝ちなのである。


 夜明けがまもなくやってくる。
 星たちはまるで最後の命の炎を燃やすように輝きを放っていた。
 
イメージ 7

 
イメージ 4
 
 
イメージ 10

 
イメージ 8




(〃^∇^)o彡☆ポチ 期待していま〜す。





 

開く コメント(35)

開く トラックバック(1)

 
イメージ 1

砂漠のベースキャンプバスカッ・イゲルへ

 
イメージ 4
   タクラマカン砂漠と西域南道

 ホータンを出発した我々は、ケリアを経過して、ダンダンウィリクへのベースキャンプベースキャンプバスカッ・イゲルへ向かった。
 
イメージ 5
   ホータンからダンダンウィリクへの道

ケリア河沿いの砂漠の道をバスカッ・イゲルへ向かう

 ケリアの街の東側を流れる広々としたケりア川にかかる橋を渡って左折し、左岸を北上し始めた。
 これまで通って来た道では、乾季の白玉河や黒玉河ではあまり水は流れていなかったが、
 ケリア河は比較的水量が多い。
 そのおかげで、周辺には水田がたくさん見られ、緑がいっぱいだ。
 
イメージ 2
                   比較的水量が多いケリヤ河
 
イメージ 3
                   ケリヤ河周辺の青々とした水田

 しかし、まもなくポプラの並木道も途絶え、畑地も、葦が群生する湿地帯も見えなくなり、小高い砂丘地帯に入った。

 目指すキャンプ地バスカ・イゲルまではケリヤから125キロほどの距離だが、砂丘の間をぐるぐると縫うように進む自然の悪路で、スピードは出せない。運転手も四苦八苦している。

 猛烈な砂煙なので、ラップで包んだカメラで撮影を続けているが、やはり鮮明な画像は無理だった。
 わざわざ停車してもらって、ラップなしの別のカメラで撮影するときもあった。
 
イメージ 6
イメージ 7


 周囲は砂丘の連続で、ところどこに太い胡楊があり、砂丘にはタマリスクと葦が生えている。
 
イメージ 8
                        胡楊の群生
 
イメージ 9
                        タマリスク

 民家はほとんどなく、ほぼ2〜3キロごとに羊飼いの姿が見られるだけであった。
 ところどころでラクダが胡楊やタマリスクを食んでいる姿にもお目にかかった。
 
イメージ 10

 
イメージ 12
 
 バスカッ・イゲル近くになると夕日が傾き、うっすらと暗くなり始めた。
 
イメージ 11


 午後7時50分、ようやくバスカッ・イゲルへ到着した。
 ああ〜  今日も長い一日だったな〜。


[西域南道をゆく] 前回までの記事

 それぞれ下線付きの題目をクリックすると記事が開きます
268 ミーラン遺跡2 ミーラン故城の手荒な歓迎         269 ミーラン遺跡3 故城を巡る         
270 ミーラン遺跡4 吐蕃の城砦と古寺のヘレニズム文化       271 チャルクリク 
272 チャルクリクの小学校とウイグルのこどもたち        273 一路チェルチェンへ        
274 チェルチェン 〜ポプラ並木の郷愁〜            275 チェルチェン 〜バザールとチェス〜    
276 チェルチェン故城とザーグンルーク古墳           277.楼蘭からホータンへ7       
278 石油開発で発展するミンフォン      
279 玄奘三蔵が見たホータン は仏教国…、今のホータンは? ホータン1  
280マリカウト故城と玉売りの子供たち 〜ホータン2      281白玉河と「玉」の商人  ホータン3      
282 ホータンの日曜バザールと絨毯工場  ホータン4     283ホータンとカシュガル1日千キロの大往復 
284ポプラ並木とロバ車、郷愁を感じさせるオアシスの水田  カシュガルから再びホータンへ1 
285刃物の街インギサル  カシュガルから再びホータンへ2   286ヤルカンド  カシュガルから再びホータンへ3287ホータン周辺の仏教遺跡を訪ねて       288ホータンに蚕と桑を伝えた王女の物語   
289水豊かなヨートカン遺跡の村         290ヨートカン遺跡 〜幻想の世界への入口ようなポプラ並木   291ラワク遺跡        292 玄奘三蔵に思いを馳せたスタイン  〜ダンダンウィリク1   293 西域のモナリザと蚕姫と龍王女  〜ダンダンウィリク2   294 ダンダンウィリクへの道1   295 ホータンから西域南道を走りケリアへ ダンダンウィリクへの道2

   




 

 

開く コメント(8)

 
イメージ 14
            ケリヤでバザールをのぞいたら、駆け寄ってきて笑顔でちょっとポーズ。

我々はここ3日間で、ランドクルーザーでホータンとカシュガルまで往復し、ヨートカン遺跡とラワクを訪れた。
 
イメージ 4

 
イメージ 5

 ヨートカン遺跡とラワクの記事はこちら:
 289水豊かなヨートカン遺跡の村         290ヨートカン遺跡 〜幻想の世界への入口ようなポプラ並木   
291ラワク遺跡        

 その間トラック部隊は、ホータンでダンダンウィリクへ行く準備をしながら待機していた。
 

いざ ダンダンウィリクへ

 この日は、ホータンを出発して西域南道(国道315号)を東へ走り、
 ケリアから北へ折れて、ケリア河の左岸をバスカツ・イゲルへ向かった。
 
イメージ 1


旅のスタッフと準備

 
  楼蘭と西域南道の旅のスタッフ、移動手段、物資などについて改めて紹介しましょう。
 ランドクルーザー(ガイド、運転手、私)
 トラックA(リーダー、運転手) トラックB(スタッフ、運転手)
 トラックAには、水・食糧などの生活用品、テント、予備タイヤなど
 トラックBには、ラクダ3頭、ロバ2頭、食用の羊4頭などが積み込まれている。

 たかが客一人にこれだけの周到な準備が必要なのである。
 こうした手厚い旅ができる現代人に比べて、
 2000年以上も前の旅人の苦労がしのばれ、とてつもない偉大さを感じてしまう。

ホータンからケリアまで西域南道を走る

 7時ホータン出発
 
イメージ 2
                 ホータンのポプラ並木
 
 ホータンのポプラ並木を抜けると田園地帯へ入るが、
 それもつかの間で、砂漠の道へ入った。

 西域南道はほとんど舗装道路なのだが、舗装状態があまり良くない所が多い。
 波打っていたり、亀裂や穴が多い。
 
イメージ 3

 私といえば、小型デジカメをラップで覆って、頭を天井にぶつけながらひたすら撮影に専心した。
 
 ―― こんな時、いつも頭に浮かぶのが、道路行政の汚職だ。
 工事関係の役人たちが工事費を着服するので、実際の工事費はかなり削られてしまうという。
 この日も々、突然道路工事に遭遇したが、観察すると、
 アスファルトの厚さがほんの、2,3センチ程度だった。
 これじゃ、ほんの一時しのぎだ。
 
イメージ 6

 
 道路の両側には一面砂や小石が無限に広がっている。
 わずかだが、ところどころに草やタマリスクが生えている。
 そのわずかな草を羊たちがひたすら食んでいる。
 
イメージ 7


 道路の南方には、雪をたたえた崑崙山脈が続いている。
 山脈からの雪解け水が、西域南道の人々の生活を支え、生物の営みを可能にしているのだ。
 
イメージ 8


 時々、遠方あるいは近くにオアシスが見えて来たり、小さなオアシスを通過することもある。
 はるか彼方に竜巻が起こって,砂塵を渦巻き状に巻き上げながらユラユラと走って行くのが見える。
 
イメージ 9


 
170キロの悪路を猛烈なスピードで走ること2時間半、車はケリヤに到着した。(9時25分)
 
 町へはいると、毛沢東とコルバン爺さんが握手している巨大看板がお出迎えしてくれた。
 
イメージ 10

 ガイドによると、
 ―― 1950年代にケリヤ出身のウイグル族のコルバン爺さんは、毛沢東に感謝の言葉を述べるたに、はるばる北京までロバ車で出発した。
 そのことを知った中央政府が色々と援助し、最終的に希望が叶い毛沢東と面談できたとのことだ。
 ホータンにも同じ像があり、実際は二人とも同じ位の背丈だったらしい。
 ウイグルでは教科書にも出て来るので、誰もが知っている話で、
 「民族融和」の象徴となっているとのことだ。
 
 こうしたところは、中国政府はなかなか抜け目がない。
 
 ケリヤで、休憩を兼ねてガソリンの補給。
?H5>その間ちょっとバザールまで行って…撮影

 
イメージ 12
                     笑顔がかわいいケリアのこどもたち
 
イメージ 13
                   露店でナッツ類を売っていた2人の娘さん。

 
イメージ 15
    「おじいさん何を作っているの?」「ウ〜?」 手振り身振りで盛んに説明してくれました。 言葉が通じないけど心で会話で来たぞ〜 これがシルクロード旅の良いところ
 
 いよいよタクラマカン砂漠へ入り込んでゆく。
 ラクダの旅のベースキャンプであるバスカツ・イゲルへ向かって出発!!
 、

?H5>本日のホータン美人  
イメージ 11

 

開く コメント(19)

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事