さくらぶんこ と パピヨンおりがみ

丹羽兌子のさくらぶんことパピヨンおりがみのご案内

ぱぴよん折紙

イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

さくらぶんこ

                               
     2018年 さくらぶんこ8月の予定
  
 ともだちタイム 
          8月はお休みです。
                                                                                               さくらぶんこ折り紙の部屋 8月はおやすみさせていただきます。
           さくらぶんこへ来宅希望の方は電話    0568-91-8152
                                 またはメール   sakurako@mb.ccnw.ne.jp  でご連絡ください。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

パピヨン折り紙

イメージ 1
さんぽみち 2018年8月

                 蝉しぐれ
友人から「酷暑お見舞い申し上げます」という暑中見舞いをいただきました。「平成30年7月豪雨」に続いて酷暑の日々が続いています。私の住んでいるところは、連日、全国の暑さランキングで1、2を記録している多治見市から山一つへだてたところにあり、以前から夏の暑さは半端ではありません。しかも暑いの上に「蒸し」がついていますから、暑さに対して覚悟ができていると思っていました。ところが、今年の暑さは更に災害と定義されるほどのレベルになっています。テレビでは、「熱中症防止のため、特に高齢者はエアコン使用を惜しまず、水分塩分補給を怠らず、不要不急の外出を避け、命を守りましょうと」警告され続けています。多くの方が熱中症で亡くなられているのという現実に対し、その通りだとは思いますが、高齢者の私には「命を守る」という言葉が厳しく重く感じられます。

さて、この酷暑の中で変わらず元気なのは蝉です。朝から夜まで鳴き続けているあのパワーは、長い時間 土の中で過ごした蝉の幼虫が羽化して、命を終えるまでの短い命を謳歌している のでしょう。子供の頃、蝉の羽化を、時の経つのを忘れて観察しました。今ではなかなか 蝉の 羽化に出会いません。木の枝には抜け殻がいっぱいあるし、這い出した穴も沢山あるのに 、多くの蝉が 近くで羽化しているに違いないのに、どうして見つからないのだろう。今夜こそ見つけようと、外へ出て 見るのですが。このシーズン中に一度はみつけたいと願っています。

伝承折り紙の「蝉」は蝉の特長をシンプルにとらえた素晴らしい作品です。あれにはおよびませ んが私も折ってみました。折り紙を作り始めた頃の古い作品ですが今月は、蝉の折図を紹介します。(2018/8/1)

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事