全体表示

[ リスト ]

ブーリン家の姉妹

これも姉にお借りしたシリーズです♪

面白かったです。結構、夢中になって一気に読んでしまいました。
面白さ的にはやはり、日本でいう「大奥」的な面白さとでもいいましょうか。
王族、貴族たちの繰り広げる華やかな世界という一面を描きつつ、
一皮めくれば庶民と変わらぬ、普遍的な喜怒哀楽で費やされているという現実を思い知らされ、
なかなか堪能できました。

16世紀のイングランド。新興貴族のブーリン家の姉妹、アンとメアリー。
最初に国王ヘンリー8世の寵愛を受けるのは妹のメアリーだった。
しかし、メアリーの出産を機に、一族の意向の元、アンが王の関心を惹き続ける役目をかって出る。
ヘンリー8世は翻弄されつつアンに夢中になってゆくのだったが…

なんだかね〜あまりに赤裸々で怖いくらいです。
この時代の特に身分の高い女性の立場って、あまりに虚しいですね…
「決められたところにお嫁に行って、命じられるままにベットに向かう」と、
アンがメアリーを揶揄して言いますが、権力に擦り寄るために王の愛人の立場を射止めさせようと、
男性陣が一族の娘を差し出す有様は寒いです、あまりにも。

また、権力志向のアンは痛々しいですね。
アンとメアリーと二人の兄のジョージの三人の関係はなかなか面白いものだっただけに、
アンがあまりに高慢になっていくあたりは、ちょっと淋しいものがありました。
これだけの歴史ドラマですから、それぞれを生き生きと描いているだけで魅力的なのですが、
ちょっとアンとメアリーの人物造形は一面的に感じました。
出産を機に地に足をつけた生き方を志向する家庭的なメアリーと、
あくまで野心を貫き、苦しみぬくアン。
アンが野心家でありつつも、もう少し愛すべき人物だったらもっと、
このストーリーを楽しめたかなという気がしないでもないです。

ラストはちょっと気が利いていましたね。
アンの娘エリザベスの運命を思うと、本当に運命というのはどう転ぶかわからないものですね。

それにしても、アンがナタリー・ポートマン、
メアリーがスカーレット・ヨハンソンで映画化されたというのは、なかなか面白いですね。
私の中のイメージではどちらかというと逆ですが(すいません〜)、
まぁ、金髪のメアリーに黒髪のアンですから、それでいいのかな。
野心家のナタリー・ポートマンも、真実の愛を求めるスカーレット・ヨハンソンも
見てみたいといったら見てみたいかな。


この原作者フィリッパ・グレゴリーはチューダー朝の物語を他にも4冊書いているらしく、
邦訳はまだなんでしょうか、どれにも興味深々です、読みたい〜



『ブーリン家の姉妹』                         フィリッパ・グレゴリー

閉じる コメント(20)

『大奥』のイギリス版という言い方はぴったりかもしれませんね。
当時の身分の高い女性って家の地位を上げる道具になってたんですよね。そうではない家に生まれた娘もなるべくお金持ちの男性の所にお嫁に行かなければならないような感じのシステムになってたようですし、今の時代に生まれて本当に良かったと思ってしまいます。
スカーレット・ヨハンソンは以前『真珠の耳飾の少女』という作品に出ていますが、その時雰囲気とメアリーは似てるかもしれません。映画の方も機会を見つけてご覧になってくださいね。

2008/11/16(日) 午前 5:29 つらら 返信する

やはり・・原作を読まれましたね〜v私は映画ですが^^;
当時の時代背景やら、身分もあるんでしょうけど・・
男親には野望だけで、愛しみの欠片もなく・・上手く事が運べば、ですけど、より悪い結果となりブーリン家は崩壊しますよね。たった一人、メアリーは救いでした。明暗分ける2人が、映画ではくっきりと描かれており、見応えはありました。親の思惑を逆手に取り、自分の希望もかなえようとしたアンは一石を投じ様としたのでしょうけど・・「男子を産む」のは思い通りにならず・・強引な手段を取ってしまい、あの結果です。
ナタリー・ポートマンとスカーレット・ヨハンソンの配役も良かったと思いました。
キチンと本を読まれているので・・十分かと思いますが^^;
お時間があったら、美しい姉妹と、当時の豪華なコスチュームも楽しんでみてくださいね〜(^-^)/

2008/11/16(日) 午前 10:15 ふぇい 返信する

顔アイコン

はざくらさんの感想を読ませていただくと、映画は本当に原作に忠実に作っていたんだなあと納得しました。
映画もそのままの感じでした。
でも、衣装と風景は素晴らしいし、演出も手堅く、各俳優もしっかりと演じていて、一見の価値があると思います。
私も逆じゃないの?と思いましたが、意外にナタリーのアンも、スカレーットのメアリーも、しっくりと似合っていましたよ。
ラストの盛り上がりは、映像ならではだと思います。

2008/11/16(日) 午後 4:01 [ パリは恋人 ] 返信する

こをれは映画を見ようと思って原作を読むのは控えていたのですが、結局映画も見損なっちゃった。エリザベス1世の生母として人気の高いアンですが、最後は悲惨なんですよね。ところで、姉妹の母もヘンリー8世の愛人だったとも言われていますが、そのあたりも言及されてました?

2008/11/18(火) 午前 7:33 りぼん 返信する

顔アイコン

お〜原作本ですか〜^^
アタクシ活字離れが著しい今日この頃…(^-^;
映画とっても気になってるのですけど、まだ観れてません。原作を読んでからだと一層感じ入るところがあるかもしれませんね^^

2008/11/19(水) 午前 11:18 じゅり 返信する

つららさん、本当ですね〜
今の時代に生まれておいて、よかったと思わされる場面が盛りだくさんの作品でした。
あぁ、そうですね、「真珠の〜」の彼女は芯はありつつも控えめで賢明な女性でしたね。あのスカーレット・ヨハンソンはかなり好きでしたので、この作品も観るのが楽しみです!

2008/11/19(水) 午後 10:18 hazakura 返信する

フェイさん、映画では明暗をわける二人がはっきりと描かれているのですね。アンはねぇ、同情の余地を持ちにくいキャラだったんですが、どこか同情をしたくなってしまいますね、女性としては。
やはり活字では、どうも想像力に限りがあるので、
映画でまざまざと当時の華やかさと、どす黒さを味わってみたいです。
配役もなかなかなのですね、安心しました!

2008/11/19(水) 午後 10:21 hazakura 返信する

パリは恋人さん、なんとなく逆じゃないの?って感じてしまうキャスティングですが、
なかなか合っているのですね、よくできているようでますます映画が楽しみです。
学生時代さらっと世界史で勉強した程度の知識しかないので、
このころのどろどろ具合は想像を絶していますね、なんだかはまってしまいそうです(笑)

2008/11/19(水) 午後 10:24 hazakura 返信する

ribbonさん、今、手元にないのですが、
母が誰かの愛人だったという話がちらっとでてきたような気がします。
なかなか面白かったです、これ。機会があれば、ぜひ!
彼の作品、ほかにも邦訳されているのかな〜はまりそうです…

2008/11/19(水) 午後 10:26 hazakura 返信する

じゅりさん、私も映画も気になっているのに、いまだ見れず。
今年映画館に行ったのが「つぐない」と「ポニョ」で終わりそう〜
なんだか最近読んでいる本が、映画とドラマの原作ばかりで、
狙ってるわけじゃないのに、なんでだろう???

2008/11/19(水) 午後 10:28 hazakura 返信する

顔アイコン

そうなんですよねぇ〜「決められたところにお嫁に行って、命じられるままにベットに向かう」〜そんな時代だったんですね。
やっと映画で観たんですが〜「エリザベス」派のオレ的には、結構面白かったです。
ナタリーポートマンなんかは、目でモノを言ってましたよ〜あの目が、アンの全てを感じさせてくれました!
ラスト、庭を駆け回る幼いエリザベスが、成人するまでどう育っていったんだろうって、とても気になりましたけど。
ヴァージンクィーンだったのは、ひょっとして、アンの血だったのかなって。
映画ですけど、TBさせて下さい。

2008/11/24(月) 午後 11:14 [ doctoreel ] 返信する

これ、やっぱり「エリザベス」は必見ですね。
私はまだなので、ますます観たくなっちゃいました。
エリザベスは結構過酷な時期もあったらしいんですよね、そりゃ、
実母があんな運命をたどれば子供は早く大人になっちゃうのかもしれませんね…
映画も見たいんですよね、年末時間がとれれば、これかレッドクリフか、迷う〜
トラバ、ありがとうございました!

2008/11/28(金) 午後 3:33 hazakura 返信する

映画すごく良かったです。
まだUPしてませんが。。このお母さんにして、「エリザベス」の気性の激しさ、よく分かりました。
この映画はオススメしたいです。

2008/11/29(土) 午前 7:01 iruka 返信する

顔アイコン

イギリス王室ものってむずかしい〜と思われがちですが、
ものすごく人間くさいドラマが多くて、わかりやすくて読みやすいですよね。このヘンリー8世もまあすごい人物でした。
映画ですがTBさせてくださいね。

2008/11/29(土) 午後 11:34 car*ou*he*ak 返信する

irukaさん、やはり「エリザベス」は必見ですね〜
ますます観たい気分です。両方とも。
華やかな宮廷の雰囲気、コスチュームなども、
映画ならではの魅力ですよね♪

2008/11/30(日) 午前 2:31 hazakura 返信する

cartoucheさん、本当にヘンリー8世って…って感じですよね。
後世から見るとまた、特に。
このブーリン家の姉妹も本当に面白くって、
映画で観るのがとっても楽しみです。
トラバ、ありがとうございました♪

2008/11/30(日) 午前 2:32 hazakura 返信する

顔アイコン

わたしも映画の感想ですが、TBさせてくださいね。
本とは微妙に違うようですね。
でも、ヘンリー8世の治世には大いに興味がわきました。

2008/12/3(水) 午後 3:29 オネム 返信する

本とは微妙に違うんですか?
ますます映画に興味津々です。
おっしゃるように、ヘンリー8世の治世にも、
その後のエリザベスの治世にも非常に興味がわいた作品でした!
トラバ、ありがとうございます♪

2008/12/5(金) 午前 0:12 hazakura 返信する

英王室宮廷を舞台にしたドロドロの姉妹の争い。面白かったですね。しょせん、一族から王に差し出された存在なのですが、彼女たちだって人形ではないから、感情も持つわけです。映画の劇場公開は見損なってしまいましたが、DVDになったら見ようと思います。この本のエンディングは、映画「エリザベス」の冒頭場面と繋がりますね。

2009/3/6(金) 午前 6:35 りぼん 返信する

素直に面白くって結構夢中で読みました。
歴史物はいいですね、はまりそうです。
私も映画を観損ねてるし、「エリザベス」も「ゴールデンエイジ」も全部見損ねちゃってるので、
いっそ「ブーリン〜」から時系列に観ようかな〜
トラバありがとうございました♪

2009/3/12(木) 午前 0:58 hazakura 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事