こんちゃんのブログ

ed09cf324ebaf0789ddc7273b5cf81e83a220956

全体表示

[ リスト ]

赤城山覚満淵そばにある、十割蕎麦のお店。かぜのいおりさんです。

イメージ 1



 住所     前橋市富士見町赤城山1−2  駐車場有

 電話     027−287−8415

 営業時間  10:00〜17:00

 定休日    不定休

 お店の場所



 この日は、
 以前から是非行って見たかった、
 赤城山にあったケーブルカーの廃線跡から、
 元の赤城山山頂駅を目指して、の歩け歩けです。

 山歩き>>>>散歩・・ウォーキングかな・・?

 友人と一緒に「赤城に行ってお蕎麦を食べよう」を目指して、
 いざ出発です。


 今はバンガローなどを利用できる、利平茶屋森林公園。
 ケーブルカーの出発駅、利平茶屋駅があったところなんですね。

 そこから、赤城山山頂駅までの、
 赤城山鋼索鉄道が昭和32年に開通。

 当時はケーブルカーで赤城に登れたようです。



 その区間を徒歩で向かうのですから、少し気合が必要です(キリッ

 鳥居峠を目指して頑張りましょう〜〜〜〜!



 上り始めて・・・むむっ、思っていたより、ハードじゃん!!

 先日ほぼ一日雨が降ったばかり、
 岩山からしみ出る水が多く、その上足元が岩だらけ・・。

 途中休み休み歩を進めます。
 
 

イメージ 2



 さてここからが,噂に聞いた階段の始まりです。

 利平茶屋森林公園からここまで、1.2km来たのかぁ・・・、
 すでに結構きつかったけど。


 この後は、赤城山山頂駅跡を目指して、
 何百段の階段を、上ります。



イメージ 3


 この鉄道跡ですが、どんなケーブルカーが走っていたのか、
 ロマンを感じながら・・・。

 二十段ほどで小休止を繰り返しながら、
 まだまだ先は長いですよ。



イメージ 4


 やーーーっと見えてきました。

 赤城山山頂駅跡。

 今は駅舎はレストランにリニューアルされているそうです。



イメージ 5

 
 到着です。

 錆びたレール跡?が歴史を感じます。


イメージ 6



 今上がってきた階段が、下に長く続いています。

 実はこんちゃん・・高い所が苦手なんです。

 なので、もっと良いアングルで撮りたくても、足がふるふる。



イメージ 7


 これが昔の駅舎なんですね。

 屋上からの眺めは、さぞかしでしょう。
 昔だったら東京タワーなんかも見えたのかな?

 


イメージ 8


 ちょっとこちらから見ると、廃墟っぽい。

 でも中は整備されて、サントリービアガーデンとして営業されています。



イメージ 9


 そこから覚満淵が見下ろせます。
 その向こうは大沼だそうです。



イメージ 10


 目的地に着いたど〜〜〜

 その覚満淵そばにある、お蕎麦屋さん。
 風の庵さんです。

 美味しいお蕎麦をいただきましょう。


イメージ 11



 十割そばの暖簾をくぐります。


 伺ったのは丁度お昼時。

 お客さんで混んでいますねー。

 山歩きの山ガールさん、ご年配のご夫婦、ご友人とご一緒にお越しの方々など。
 幅広い年齢のお客さんがお越しです。

 

イメージ 12


 メニューの中からお蕎麦をと思いましたが、
 周りのお客さんが食べている天ぷらが、なんだか美味しそう。

 揚げ立ての山菜天ぷらが付く、天ぷらそば1500円でお願いしました。

 おそばは冷たいのか温かものか、選べます。
 


イメージ 13



 さーて、登場しました、こんちゃんのランチ。

 五種類ほどの山菜が、見事にカリッと揚がっています。

 ピンクソルトが置かれていますので、
 お塩でいただくのもまた美味しい。

 アカシヤの花の天ぷらなんて、お初かも?でした。



イメージ 14


 お蕎麦は十割そば、今回のそば粉は北海道産との事でした。

 お蕎麦を啜ると、こしのあるゆで加減、美味しいねー。

 そばつゆも好みのお味。

 お蕎麦は通ではないので、ざんぶりとつけタレに潜らせます。
 ネギとわさびも、美味しいお蕎麦には必須ですね。

 蕎麦湯で〆て、ごちそうさまでした。



イメージ 15


 岩魚焼き定食にもそそられます。

 昔はラーメンメニューにあったんですよね。

 お値段は少し観光地価格ではあります。


イメージ 16


 味噌おでん、こんにゃくも味噌も美味しいんですよね。


イメージ 17

 
 かけそばなんかも寒い日には好いですね。

 なんせ赤城山は夏でも、涼しいですからねー。
 

イメージ 18


 ショップカードいただきました。


イメージ 19



 お店の場所は、覚満淵と大沼の間ですね。



イメージ 20


 さて覚満淵を後にします。


イメージ 21


 これからは帰り道。
 赤城山頂駅のビアガーデンまで帰ってきました。


 歩いて利平茶屋森林公園まで戻りますので、
 ソフトクリームで英気を養います。

 

イメージ 22


 赤城山鋼索鉄道在りし頃の路線図など


イメージ 23


 およそ十年しか運行されなかったようです。

 せっかく引いた鉄道も、
 普及してきた自動車の便利さには、敵わなかったんでしょうね。


イメージ 24


 下山するぞー。

 階段を下りずに、脇の散策路からも帰れます。

 しゃくなげが咲いていました。

 これからの季節、本格的な新緑の始まりですね。

 もっとたくさんのつつじや花々も、
 迎えてくれるでしょう。


 腿が筋肉痛のこんちゃんが、お届けしました〜〜。








.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事