富士山と自分

令和元年6 富士山と自分 160 感謝

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全94ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

「10キロ靴シューズジョグ8  92」



イメージ 1







夜 気温28℃ 4日目連走 今年8回目の靴シューズでジョグ8 92

キロ=無意識 結局5分39秒平均

平均心拍数158bpm min=87bpm  max=187bpm  53.6ml/kg/min

※心拍数が計測される前から走りはじめているため 正確な最低心拍数は不明

500mlペットボトル水分補給は4回350mlくらい




日差し無く夜なのに とにかくまだ暑い(゚д゚)

27日の裸足ジョグ7〜8キロ間の荒砂利道でやられた足裏 の回復ができてない感があるので

今回は足裏と 暑熱順化を考え 4日目連走の13日ぶりに靴シューズでジョギング8 92


体幹 着地接地脱力 富士山現地歩き登り時のフォーム トレラン時のフォームを意識しながらユルユルと・・・

で 適当にペースアップしたくなったらやる適当走


なのだが やっぱり 体を前へ運ぶのに 変な違和感を感じる

足裏やフクラハギに優しいのはありがたいが なんか変

裸足ジョグ や サンダルジョグするのに変なクセがつくのもイヤなので10キロでヤメ

まあ でも 良い汗をかけたと思う


今のところ 腰 足首等々 不具合は無し

いつか 裸足で これくらいの行動できる日が 自分にもくるだろうか?

焦らず ケガ故障をなるべくしないよう「亀」の気持ちを忘れず とりあえず また行動しよう


※自分自身へ※

再度 冬場厳冬期の富士山を確認






いいか、自分の価値を信じるなら、迷わず前に進め
Now, if you know what you’re worth, then go out and get what you’re worth

だが決してパンチを恐れるな。他人を指差し、自分の感情の弱さをそいつらのせいにするな。
それは卑怯者のやることだ。お前は卑怯者なんかじゃないんだ!
But you gotta be willing to take the hit, and not pointing fingers saying you ain’t where you are because of him, or her, or anybody. Cowards do that and that ain’t you!

↑ロッキー ザ ファイナルより


どんな状況下にあっても 今 この瞬間にできることを考え それを実行する

行動の始めは 繰り返して できるだけ丁寧にゆっくりと行動する その後は車のアクセル操作と同じで 1度加速がつくと惰性で行動を続けられる可能性大

動いたら食べる



・・・などなど 言葉を目で追うだけでスルーしないよう意識したい




↑これは レベルが違いすぎる 凄い
「10キロサンダルジョグ55  91」



イメージ 1







仕事後 気温28℃ 夜だが蒸し暑い中 3日目連走 サンダル で ジョグ55回目 91

キロ=無意識 結局5分46秒平均

平均心拍数153bpm min=82bpm  max=175pm  53.9ml/kg/min

※心拍数が計測される前から走りはじめているため 正確な最低心拍数は不明

水分補給は2回250mlくらい
 

夜なのに蒸し暑い 3日目連走 ユルサンダルジョグ55 91

いつも通り サンダル装備 体幹 着地接地脱力 富士山現地歩き登り時のフォーム

走りはじめから 昨夜の裸足ジョグで 7キロ地点から8キロ地点の荒砂利道行動のおかげで 

足裏の赤血球が大量破壊されているのがわかる

まあ 大汗をかいて 10キロ行動し 終了



いつか 裸足で これくらいの行動できる日が 自分にもくるだろうか?

焦らず ケガ故障をなるべくしないよう「亀」の気持ちを忘れず とりあえず また行動しよう




※自分自身へ※

再度 冬場厳冬期の富士山を確認






いいか、自分の価値を信じるなら、迷わず前に進め
Now, if you know what you’re worth, then go out and get what you’re worth

だが決してパンチを恐れるな。他人を指差し、自分の感情の弱さをそいつらのせいにするな。
それは卑怯者のやることだ。お前は卑怯者なんかじゃないんだ!
But you gotta be willing to take the hit, and not pointing fingers saying you ain’t where you are because of him, or her, or anybody. Cowards do that and that ain’t you!

↑ロッキー ザ ファイナルより


どんな状況下にあっても 今 この瞬間にできることを考え それを実行する

行動の始めは 繰り返して できるだけ丁寧にゆっくりと行動する その後は車のアクセル操作と同じで 1度加速がつくと惰性で行動を続けられる可能性大

動いたら食べる



・・・などなど 言葉を目で追うだけでスルーしないよう意識したい




↑これは レベルが違いすぎる 凄い
「10キロ裸足ジョグ29 90」





イメージ 1






イメージ 2







仕事後 気温28℃ 2日目連走 6日ぶりの裸足ジョグ29回目 90

キロ=7分〜8分 結局7分9秒平均

平均心拍数は147BPM min=115bpm  max=171bpm 48.9ml/kg/min(心拍計測される前に走り出しているのでminは正確ではない)

水分補給は2回200mlくらい


仕事後 世間は土曜丑の日らしく うなぎが美味いらしい 気温28℃

一瞬 今日はもういいか〜 な気持ちも湧いたが

自分は まだまだ富士山現地で快適に行動ができていない現実を考えると・・・少しでも行動 

悪天候などの大自然は甘くは無い 裸足ジョグ29 90


いつも通り 体幹 着地接地脱力 富士山現地歩き登り時フォーム トレラン時のフォームを意識


今回は 四季の道を1周 と考え 左周りで 春の道から冬の道も含めるコース

つまり いつもの砂利道とは違う もっと荒い砂利道コースを初挑戦

結局 この荒砂利道は 今の自分には痛い痛い痛い地獄なレベルで 途中から歩いた<7〜8キロ地点でここだけ8分34秒もかかった>

まだまだである 残念無念(ノェ`。)

この春の道から冬の道を何事も無くジョギングできるようになれれば おらにも裸足で富士山現地歩きが見えてくるものと感じた

それから2キロは足裏が痛く 大事をとって10キロでヤメ

きっと 足裏の赤血球が大量に破壊されたことだろう
  


今のところ 腰痛や その他不具合は無し

相変わらずユルユルだが ゆっくりでもケガ故障をなるべくしないよう「亀」の気持ちを忘れず とりあえず また行動しよう



※自分自身へ※

再度 冬場厳冬期の富士山を確認






いいか、自分の価値を信じるなら、迷わず前に進め
Now, if you know what you’re worth, then go out and get what you’re worth

だが決してパンチを恐れるな。他人を指差し、自分の感情の弱さをそいつらのせいにするな。
それは卑怯者のやることだ。お前は卑怯者なんかじゃないんだ!
But you gotta be willing to take the hit, and not pointing fingers saying you ain’t where you are because of him, or her, or anybody. Cowards do that and that ain’t you!

↑ロッキー ザ ファイナルより


どんな状況下にあっても 今 この瞬間にできることを考え それを実行する

行動の始めは 繰り返して できるだけ丁寧にゆっくりと行動する その後は車のアクセル操作と同じで 1度加速がつくと惰性で行動を続けられる可能性大

動いたら食べる



・・・などなど 言葉を目で追うだけでスルーしないよう意識したい




↑これは レベルが違いすぎる 凄い
「10.3キロサンダルジョグ54  89」



イメージ 1







仕事後 気温27℃ 蒸し暑い中 サンダル で ジョグ54回目 89

キロ=無意識 結局5分57秒平均

平均心拍数142bpm min=91bpm  max=173pm  51.2ml/kg/min

※心拍数が計測される前から走りはじめているため 正確な最低心拍数は不明

水分補給は2回200mlくらい
 


正直言うと 昨日の富士山現地歩きの下山時 オール登山道経由したせいか 少々筋肉痛<身体ができていないヘタレともいう>

でも ネムダルさは感じない このまま飯酒を飲み食いしたり ゲーム等々に時間を使うのは勿体無いので 行動


いつも通り サンダル装備 体幹 着地接地脱力 富士山現地歩き登り時のフォームに 

トレラン時のフォームを意識しながら サンダルでユルユル行動しながら

もし 調子が良ければ 3キロごとに なんちゃって5〜7割ペースアップ走も考えた

最初の2キロくらいは 筋肉痛部位がつらかったが 血流が良くなったおかげか 痛みは感じなくなる

で 3キロごとに なんちゃって5〜6割ペースアップ走を3回し 10キロチョイで終了

ヘタレな筋肉痛部位の乳酸疲労物質を流し きっと良い汗をかけたと思う たぶん自己満w



いつか 裸足で これくらいの行動できる日が 自分にもくるだろうか?

焦らず ケガ故障をなるべくしないよう「亀」の気持ちを忘れず とりあえず また行動しよう




※自分自身へ※

再度 冬場厳冬期の富士山を確認






いいか、自分の価値を信じるなら、迷わず前に進め
Now, if you know what you’re worth, then go out and get what you’re worth

だが決してパンチを恐れるな。他人を指差し、自分の感情の弱さをそいつらのせいにするな。
それは卑怯者のやることだ。お前は卑怯者なんかじゃないんだ!
But you gotta be willing to take the hit, and not pointing fingers saying you ain’t where you are because of him, or her, or anybody. Cowards do that and that ain’t you!

↑ロッキー ザ ファイナルより


どんな状況下にあっても 今 この瞬間にできることを考え それを実行する

行動の始めは 繰り返して できるだけ丁寧にゆっくりと行動する その後は車のアクセル操作と同じで 1度加速がつくと惰性で行動を続けられる可能性大

動いたら食べる



・・・などなど 言葉を目で追うだけでスルーしないよう意識したい




↑これは レベルが違いすぎる 凄い

二 2019年7月25日 富士山御殿場口歩き160





※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※





剣ヶ峰方面

人 人 人が好きでないのでヤメ

下山しよう
イメージ 1

イメージ 2



下部の小屋は 富士宮9.5合目 胸突山荘
イメージ 3



大弛沢をトラバースし 御殿場側へ戻る前の写真

この写真の情景を見ていて 今の時季に感じることの1つに

数々のヘッドライト この登山者さんたちは本当に凄いな と いつも感じる

富士常連さんたちや トレイルランナーさんたちや おらなんかが登頂できるのは 当たり前なので特別凄いことではない

本当に凄いのは 今の時季にゼーハーゼーハー四苦八苦して登頂される方や チャレンジしてみる方々ではないだろうか?

結果ももちろん大事なのかもしれないが 過程、つまり挑戦する過程は もっと素晴らしいことじゃないかな?

尊敬
イメージ 4




写真 ブレブレだが 9合目 万年雪山荘が光っていた 信じられん 冬場厳冬期と全然違う

ちなみに冬場の富士宮口登山道は こんな感じ


ここから 御殿場側へ戻り 登山道経由で 登り登山者さんに迷惑かけないよう下山
イメージ 5




新6小屋

登り時には無かったコーラの空き缶が・・・ポィ

あの登山者さんらの中に こんな事をする方がいるのは 怒りと同時に 物凄く残念無念

良いこのみんなは こんなことはしないでくださいね

もちろん おらが回収して下山継続
イメージ 6

イメージ 7



山頂方面

頂上待機の方々は 御来光は見られるかな?
イメージ 8



登山道を下山途中 夜明け

光って見えてるものは 実は 須走口5合目
イメージ 9



次郎坊からの雲海と 山頂方面

これで 山頂からは御来光が綺麗に見られることが確定
イメージ 10

イメージ 11



下界に近づくにつれ ガスってきた
イメージ 12

イメージ 13



御殿場口鳥居

山頂方面に向けて2礼2拍1礼し 感謝と 御冥福の祈り

今回の山行160を 終えた
イメージ 14




第3駐車場にて 鹿の親子をみつけた
イメージ 15



新6小屋で回収した コーラの空き缶と 富士山

自分が出したゴミ ゴミポィしなくちゃいけないほど 山行に余裕が無いのならば 富士山現地歩きや 他の山歩きなど 

最初からしないほうが良い 心の臓に手をあてて それ 楽しいか? と おらは思う(○`ε´○)
イメージ 16



帰ろうとしたら 日輪さま<山頂でない日の出は 実は御来光とは言わない>

山頂からは 御来光 
イメージ 17




※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※


さてと 世間は夏休みの8月 今度はいつ富士山現地歩きしようか

イメージ 18

イメージ 19




最後まで目を通していただき ありがとうございました/(_ _)\

全94ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事