富士山と自分

令和元年6 富士山と自分 160 感謝

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

二 2019年6月11日 富士山富士宮口歩き157





※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※




寒々しい奥宮浅間さま
イメージ 1



山頂からの太平洋
イメージ 2



山頂トイレ 1ヶ月しないうちに 間もなくオープン
イメージ 3



誰もいない貸切山頂

さ 久々に 剣ヶ峰へ向かう

うっ また 雪ズボズボ地獄な気が
イメージ 4




自分が一番乗りだと思っていたが

あれ? 足跡・・・
イメージ 5



これは アナグマの足跡? 何だろう

でもこれで 自分が二番乗りであることが理解できた
イメージ 6



二番乗り 剣ヶ峰
イメージ 7


火口
イメージ 8



良い天気だ
イメージ 9



さ 下山しよう

自分だけの足跡 雪ズボ地獄を戻る
イメージ 10



9.5合へ向け あえて新雪雪ズボ箇所を下山

この時間 登山者は誰も見あたらない

あれ? 8合目下部で抜かせてもらった先行者の2人組も まだ見あたらなかった ?
イメージ 11



この写真を見ると 間もなく また 夏場がやってくる
イメージ 12



ブル道 沢 登山道 全てを利用し 下山

素晴らしいピーカン
イメージ 13



8合目付近の お地蔵様も 顔を出していた
イメージ 14



8合目 物凄い勢いで 凍結箇所が融けだしていた
イメージ 15



新7合目付近で 夏場だけでなく冬場厳冬期年中富士山を歩いている斉藤さんに出会い 30分くらい話し込んでしまった

6合目付近では 久々に都倉さんに出会い「明けましておめでとう」の挨拶 10分くらい話し込んでしまった

都倉さんには 富士山現地歩きをはじめたこんなド素人の自分に 効率的な登山靴ヒモの結び方を教わったのを強烈に覚えている

富士の常連さんたちには 感謝しかない
イメージ 16




5合目着 この時間ガスガスだった

山頂方面に向けて 2礼2拍1礼し 感謝とお祈り

今回の157山行を終えた
イメージ 17





次回こそ 御殿場口を行動したい


※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※



イメージ 18

イメージ 19





最後まで目を通していただき ありがとうございます/(_ _)\

開く トラックバック(0)

2019年6月11日 富士山富士宮口歩き157





※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※




ザンザン雨降り仕事後 裸足ジョギング ではなく・・・仮眠せず富士山現地へ
イメージ 1

イメージ 2



11日になり0時過ぎ この時間 御殿場自衛隊前は雨降り

なので御殿場口はやめ ダメもとで富士宮口5合目へ

もし富士宮口も 悪天ザンザン降りだったら 

5合目駐車場を最低10キロ周回する ユルユル高地ジョギングをしようと考えていた
イメージ 3



5合目に近づくにつれ 驚いたことに 風も穏やかな星空

これは 梅雨の時季なのに 天からの御馳走だ と感謝し

即準備し 即 2時15分頃 ブル道から歩きはじめた

2人組の先行者だけが 新7合目付近にいるようだった
イメージ 4




8合目下部の 荒神岩さま

この先で2人組の先行者さんに おはようのあいさつし お先に行かせてもらった

前日 10日のザンザン降りのおかげか 積雪もここら辺りから
イメージ 5



念のために8合目でチェーンアイゼン装備し 9合目へ
イメージ 6



この時間なので いい具合に凍結箇所も
イメージ 7




ほら やはり 天からの御馳走

冬場厳冬期もそうですが 気象庁気圧配置図などの 各種予報等々は 

日本の独立峰である富士山だけでなく 世界各地にある独立峰には あまりあてにならない時があるのでは?
イメージ 8



誰の足跡も無い9合目着

積雪は 足首から 時々 フクラハギの間くらい

苦手状況下なので ここらからグッとペースが落ちてしまった
イメージ 9



2人組の先行者さんらも はやく来ないかなあ〜と下部の写真
イメージ 10



9.5合目 やはり 誰の足跡無し 

このまま登山靴だけでも行けないこともないだろう

でも この時間帯 自分は 念には念の 12アイゼン装備

新雪積雪が 冷えたアイスバーンの上に積もってる箇所が多々あるのでは と想定し 

もし なんらかの不具合でバランスを崩し 固いアイスバーンにアイゼンの刃先が刺さらず<登山靴のみでは停止できない>

新雪と同じように体が流されたことを考えたら・・・

早い話が 極度の臆病者 ビビリ症な自分
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13



あああ 新雪ズボズボ地獄が苦手 ペースダウンなため 日輪さまが顔を出した

頂上で御来光体験できないことは残念
イメージ 14



風の通り道から 山頂方面を眺める

この白い積雪 ほとんどが新雪で 過去 12年近く歩き続けてきた今の時季 6月で はじめての経験な気がした 

写真の上部までズボズボ地獄で厳しかった
イメージ 15

イメージ 16



ズボズボ地獄 あああ 3時間過ぎてしまった

でも 厳冬期の恐ろしい斜度バーンよりは全然恵まれている 感謝
イメージ 17



ようやく 頂上 岩淵鳥居へ
イメージ 18

イメージ 19



とりあえず 富士山富士宮口歩き157

奥宮浅間さまにて 2礼2拍1礼し 感謝とお祈り
イメージ 20



予想外のラッキーな157登頂だったので 

まだ誰もきていない剣ヶ峰へ 久々に向かうことにした
イメージ 21




※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※




開く トラックバック(0)

「10.2キロサンダルジョグ39 67」



イメージ 1





いつもより早く終わった仕事後 雨降り 気温17℃ サンダル で ジョグ39回目 67

キロ=無意識 結局5分30秒平均

平均心拍数150bpm min=100bpm  max=178bpm 51.2ml/kg/min 

※心拍数が計測される前から走りはじめているため 正確な最低心拍数は不明

水分補給は2回250mlくらい


今回は 6日ぶりにサンダルジョグ39回目 67

雨降りだからだの 台風だからだのは 結局はやらないための言い訳理由作り それは自分にはしっくりこない無理

体幹 着地接地脱力 富士山現地歩き登り時のフォーム トレラン時のフォームを意識しながら行動

最初の1キロ地点は 5分54秒 47秒 43秒 33秒 43秒 17秒 29秒 12秒 9秒 ラスト10キロ地点は5分22秒まで

1キロ平均5分30秒ペース それと いつもより平均心拍数が150bpmと高めになってしまった 

これは景色が明るいせいか ペースがついつい速くなってしまったため? 反省


今のところは 腰痛や その他不具合は無し

裸足ジョギングで このくらいのペースが出せるようになる日が いつか くるのだろうか?

相変わらずユルユルだが ゆっくりでもケガ故障をなるべくしないよう「亀」の気持ちを忘れず とりあえず また行動しよう




※自分自身へ※


いいか、自分の価値を信じるなら、迷わず前に進め
Now, if you know what you’re worth, then go out and get what you’re worth

だが決してパンチを恐れるな。他人を指差し、自分の感情の弱さをそいつらのせいにするな。
それは卑怯者のやることだ。お前は卑怯者なんかじゃないんだ!
But you gotta be willing to take the hit, and not pointing fingers saying you ain’t where you are because of him, or her, or anybody. Cowards do that and that ain’t you!

↑ロッキー ザ ファイナルより


どんな状況下にあっても 今 この瞬間にできることを考え それを実行する

行動の始めは 繰り返して できるだけ丁寧にゆっくりと行動する 車のアクセルのように その後は1度加速がつくと惰性で行動を続けられる可能性大

動いたら食べる

日頃 極力 食 には時間を使わない(残りの人生時間を考える)


・・・などなど 言葉を目で追うだけでスルーしないよう意識したい





































↑レベルが違いすぎる





皆様に良いことがありますように

開く トラックバック(0)

「5.2キロ裸足ジョグ22 66」





イメージ 1






イメージ 2








仕事後も雨降り 気温20℃ 裸足ジョグ22回目 66

キロ=無意識 結局6分59秒平均

平均心拍数は138BPM min=114bpm  max=159bpm ml/kg/min(心拍計測される前に走り出しているのでminは正確ではない)

水分補給は無し



仕事後も小雨 裸足ジョグ22回目 66

いつも通り 体幹 着地接地脱力 富士山現地歩き登り時のフォーム トレラン時のフォームを意識


走り始めは小雨 4.5キロ過ぎで本降り開始 5キロ少々でやめ

雨降りでアスファルトや地面がぬれていると 足裏の角質は柔らかくなり 足裏 いつもよりも更に敏感になる

例えると 風呂に長時間入っていると 手足がふやける そんな感じで裸足で行動

20回少々の初心者にはけっこう深刻な問題だが いい経験にもなった

今のところ 腰痛や その他不具合は無し

相変わらずユルユルだが ゆっくりでもケガ故障をなるべくしないよう「亀」の気持ちを忘れず とりあえず また行動しよう




※自分自身へ※


いいか、自分の価値を信じるなら、迷わず前に進め
Now, if you know what you’re worth, then go out and get what you’re worth

だが決してパンチを恐れるな。他人を指差し、自分の感情の弱さをそいつらのせいにするな。
それは卑怯者のやることだ。お前は卑怯者なんかじゃないんだ!
But you gotta be willing to take the hit, and not pointing fingers saying you ain’t where you are because of him, or her, or anybody. Cowards do that and that ain’t you!

↑ロッキー ザ ファイナルより


どんな状況下にあっても 今 この瞬間にできることを考え それを実行する

行動の始めは 繰り返して できるだけ丁寧にゆっくりと行動する 車のアクセルのように その後は1度加速がつくと惰性で行動を続けられる可能性大

動いたら食べる

日頃 極力 食 には時間を使わない(残りの人生時間を考える)


・・・などなど 言葉を目で追うだけでスルーしないよう意識したい





































↑レベルが違いすぎる





皆様に良いことがありますように

開く トラックバック(0)

「6キロ裸足ジョグ21 65」





イメージ 1






イメージ 2








仕事後 気温21℃ 裸足ジョグ21回目 65

キロ=無意識 結局7分4秒平均

平均心拍数は137BPM min=86bpm  max=158bpm ml/kg/min(心拍計測される前に走り出しているのでminは正確ではない)

水分補給は無し



10日ぶりの裸足ジョグ21回目 65

体幹 着地接地脱力 富士山現地歩き登り時のフォーム トレラン時のフォームを意識

最初の1キロ 7分23秒 6分55秒 54秒 7分23秒 6分53秒 ラスト6キロ地点6分59秒まで 1キロ平均7分4秒ペース


10日ぶりの裸足ジョグなので さらにユルユル丁寧に行動

それでも 砂利道は 痛い 痛い 痛い(゚д゚) でも 走れないことはない

いつものように 変な汗を大量にかき 平均心拍数は137bpm 脂肪燃焼効果は絶大だったと思う

今のところ 腰痛や その他不具合は無し

相変わらずユルユルだが ゆっくりでもケガ故障をなるべくしないよう「亀」の気持ちを忘れず とりあえず また行動しよう




※自分自身へ※


いいか、自分の価値を信じるなら、迷わず前に進め
Now, if you know what you’re worth, then go out and get what you’re worth

だが決してパンチを恐れるな。他人を指差し、自分の感情の弱さをそいつらのせいにするな。
それは卑怯者のやることだ。お前は卑怯者なんかじゃないんだ!
But you gotta be willing to take the hit, and not pointing fingers saying you ain’t where you are because of him, or her, or anybody. Cowards do that and that ain’t you!

↑ロッキー ザ ファイナルより


どんな状況下にあっても 今 この瞬間にできることを考え それを実行する

行動の始めは 繰り返して できるだけ丁寧にゆっくりと行動する 車のアクセルのように その後は1度加速がつくと惰性で行動を続けられる可能性大

動いたら食べる

日頃 極力 食 には時間を使わない(残りの人生時間を考える)


・・・などなど 言葉を目で追うだけでスルーしないよう意識したい





































↑レベルが違いすぎる





皆様に良いことがありますように

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事