富士山と自分

令和元年6 富士山と自分 160 感謝

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

2019年5月24日 富士山富士宮口歩き156 腰痛様子見リハビリ





※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※




自分の行動時間帯では 約3200mから上部は グッと気温が下がり 

中着のフリース類を持参しなかったことを後悔するような予想外があった

意外にも てんくら の予報は今回は的中していた
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4




前夜から咳は出ないが喉が痛く 腰痛様子見リハビリ歩きもしたかったので

富士宮口5合目駐車場へ 即準備し 即 0時30分頃 ブル道から歩きはじめた
イメージ 5



この時間帯 6合目に向かう途中の雪渓も凍りついており 難儀

なので6合目で チェーンアイゼンを装備 時間とられた
イメージ 6



8合目下部の 荒神岩さま

ツララが寒さを物語る
イメージ 7

イメージ 8



8合目 下界イルミが綺麗

アイゼン装備は ツルツルガチガチが現われた9合目付近から 右腰痛が出てきたのもそのあたりから
イメージ 9



約3200mから上部は 気温がグッと下がっていて 非常に寒く フリース類を持参しなかったことを悔やんだ
イメージ 10



岩淵鳥居着

完全貸切りかと思ったら9.5付近で単独登山者さん おはようお先に と 挨拶をし岩渕鳥居

というよりも 寒くて寒くて動き続けていないと凍える感⛩️
イメージ 11



とりあえず 富士山富士宮口歩き156

奥宮浅間さまにて 2礼2拍1礼し 感謝とお祈り
イメージ 12

イメージ 13



寒さ以外は 完全登頂日和
イメージ 14

イメージ 15



山頂トイレも顔を出しはじめた
イメージ 16



剣ヶ峰方面
イメージ 17



不気味な 黒い雲? ガス?が 次々と発生
イメージ 18



綺麗な お月さま

ガチガチ震えがとまらないので下山開始
イメージ 19




中間着のフリースがないため 体が震え うまく写真が撮れない

山頂直下から9.5へ向かう途中 地盤がアチコチ白く凍りついている写真
イメージ 20



山頂直下の この時間帯の雪渓 というよりも 氷渓
イメージ 21




※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※




「7.2キロ裸足ジョグ19 60」





イメージ 1






イメージ 2








今年に入ってから60回目のジョギングは 雨降り仕事後 気温19℃ 裸足ジョグ19回目 60

キロ=無意識 結局6分38秒平均

平均心拍数は146BPM min=116bpm  max=165bpm ml/kg/min(心拍計測される前に走り出しているのでminは正確ではない)

水分補給は無し



裸足ジョグ19回目 60 普段 裸足の時は行動しない四季の道外周コースを混ぜたユルユル行動

体幹 着地接地脱力 富士山現地歩き登り時のフォーム トレラン時のフォームを意識

最初の1キロ 7分10秒 6分51秒 45秒 35秒 46秒 17秒 ラスト7キロ地点は6分8秒まで 1キロ平均6分38秒ペース


いつものように 変な汗を大量にかき 平均心拍数は146bpm

脂肪燃焼効果は絶大だったと思う

今回も夜 追加で普段走らないコースなため 普段よりも 脱力着地に 神経使う使う 

はじめに決めていた距離と雨足が酷くなったのも 同時にあり きりが良い7.2キロでおしまい

今 痛みではないが 両足首周辺部 普段使わない筋肉を使ったかな〜感あり


その他 今のところ 腰痛や その他不具合は無し

相変わらずユルユルだが ゆっくりでもケガ故障をなるべくしないよう「亀」の気持ちを忘れず とりあえず また行動しよう




※自分自身へ※


いいか、自分の価値を信じるなら、迷わず前に進め
Now, if you know what you’re worth, then go out and get what you’re worth

だが決してパンチを恐れるな。他人を指差し、自分の感情の弱さをそいつらのせいにするな。
それは卑怯者のやることだ。お前は卑怯者なんかじゃないんだ!
But you gotta be willing to take the hit, and not pointing fingers saying you ain’t where you are because of him, or her, or anybody. Cowards do that and that ain’t you!

↑ロッキー ザ ファイナルより


どんな状況下にあっても 今 この瞬間にできることを考え それを実行する

行動の始めは 繰り返して できるだけ丁寧にゆっくりと行動する 車のアクセルのように その後は1度加速がつくと惰性で行動を続けられる可能性大

動いたら食べる

日頃 極力 食 には時間を使わない(残りの人生時間を考える)


・・・などなど 言葉を目で追うだけでスルーしないよう意識したい





































↑レベルが違いすぎる





皆様に良いことがありますように

「6キロサンダルジョグ36 59」





イメージ 1








仕事後 気温18℃ 5日ぶりのサンダル で ジョグ36回目 59

キロ=無意識 結局5分22秒平均

平均心拍数は123BPM min=66bpm  max=160bpm ml/kg/min<今回はきちんと計測してから走り始めた

水分補給は無し


今日は 左大臀部と右腰が少々痛むので どうしようかと考えたが

サンダルで行動することにし 準備 GPS計測し 即 走りはじめた

体幹 着地接地脱力 富士山現地歩き登り時のフォーム トレラン時のフォームを意識しながらの 様子見行動 

調子が良ければ徐々にペースあげていくことにし 距離6キロ


最初の1キロ 6分15秒 5分32秒 17秒 14秒 4秒 ラスト6キロ地点は4分55秒まで 1キロ平均5分22秒ペース

平均心拍数が 驚きの123bpm<ホンマかいな?と少々感じた


今のところ 腰痛や その他不具合は無し なので 行動しなかったよりは良かったのでは と 思う

相変わらずユルユルだが ゆっくりでもケガ故障をなるべくしないよう「亀」の気持ちを忘れず とりあえず また行動しよう




※自分自身へ※


いいか、自分の価値を信じるなら、迷わず前に進め
Now, if you know what you’re worth, then go out and get what you’re worth

だが決してパンチを恐れるな。他人を指差し、自分の感情の弱さをそいつらのせいにするな。
それは卑怯者のやることだ。お前は卑怯者なんかじゃないんだ!
But you gotta be willing to take the hit, and not pointing fingers saying you ain’t where you are because of him, or her, or anybody. Cowards do that and that ain’t you!

↑ロッキー ザ ファイナルより


どんな状況下にあっても 今 この瞬間にできることを考え それを実行する

行動の始めは 繰り返して できるだけ丁寧にゆっくりと行動する 車のアクセルのように その後は1度加速がつくと惰性で行動を続けられる可能性大

動いたら食べる

日頃 極力 食 には時間を使わない(残りの人生時間を考える)


・・・などなど 言葉を目で追うだけでスルーしないよう意識したい





































↑レベルが違いすぎる





皆様に良いことがありますように

「5.2キロ裸足ジョグ18 58」





イメージ 1






イメージ 2








仕事後 気温18℃ 裸足ジョグ18回目 58

キロ=無意識 結局6分29秒平均

平均心拍数は143BPM min=94bpm  max=170bpm ml/kg/min(心拍計測される前に走り出しているのでminは正確ではない)

水分補給は無し



裸足ジョグ18回目 58 プチ砂利道 を混ぜたユルユル行動

体幹 着地接地脱力 富士山現地歩き登り時のフォーム トレラン時のフォームを意識

最初の1キロ 7分2秒 6分28秒 7分16秒<痛い痛いプチ砂利道含むため> 5分59秒 ラスト5キロ地点は5分49秒まで 1キロ平均6分29秒ペース

いつものように 変な汗を大量にかき 平均心拍数は143bpm

登り時 無灯火自転車ウオークマンながらスマホ野朗に ぶつかりそうになった


毎度いつもの感想だが いつかは当たり前にこなせるようになりたいため また あえて書いておく


プチ砂利道=富士山現地で言うならば 御殿場口だと夏場の7合目 日の出館以下の状況下<砂地はかなりラクかもしれない>

ただ 相変わらず 大弛沢なんかのザレガレ場 岩場地帯は 自分には歩くのさえまだ無理かもしれない

というより プチ砂利道行動の言い訳は 夜で足元見づらいせいか まだ痛いし 動作もぎこちない(ノェ`。)

もちろん 今回も痛かった箇所があった


5.2キロで終了 まだまだいけるが やりこみすぎて 腰痛が復活し 富士山現地歩きに支障がでることは 

1番情けなくて ツラく 本末転倒なので 忍耐


今のところ 腰痛や その他不具合は無し

相変わらずユルユルだが ゆっくりでもケガ故障をなるべくしないよう「亀」の気持ちを忘れず とりあえず また行動しよう




※自分自身へ※


いいか、自分の価値を信じるなら、迷わず前に進め
Now, if you know what you’re worth, then go out and get what you’re worth

だが決してパンチを恐れるな。他人を指差し、自分の感情の弱さをそいつらのせいにするな。
それは卑怯者のやることだ。お前は卑怯者なんかじゃないんだ!
But you gotta be willing to take the hit, and not pointing fingers saying you ain’t where you are because of him, or her, or anybody. Cowards do that and that ain’t you!

↑ロッキー ザ ファイナルより


どんな状況下にあっても 今 この瞬間にできることを考え それを実行する

行動の始めは 繰り返して できるだけ丁寧にゆっくりと行動する 車のアクセルのように その後は1度加速がつくと惰性で行動を続けられる可能性大

動いたら食べる

日頃 極力 食 には時間を使わない(残りの人生時間を考える)


・・・などなど 言葉を目で追うだけでスルーしないよう意識したい





































↑レベルが違いすぎる





皆様に良いことがありますように

「5.2キロサンダルジョグ35 57」





イメージ 1








雨降り仕事後 小雨気温17℃ サンダルジョグ35回目 57

キロ=無意識 結局5分33秒平均

平均心拍数は162BPM min=86bpm  max=194bpm ml/kg/min(心拍計測される前に走り出しているのでminは正確ではない)

水分補給は1回50mlくらい



雨降り こんな日は最初の準備が1番難しい 買い物後 即 準備外へ

体幹 着地接地脱力 富士山現地歩き登り時のフォーム トレラン時のフォームを意識

しながらの 雨降りなので いつもよりも徐々にペースあげていくことにし 距離5キロ


最初の1キロ 6分23秒 5分22秒 33秒 26秒 ラスト5キロ地点は5分4秒まで 1キロ平均5分33秒ペース

平均心拍数を 時々チラ見すると計測不能になっていたりと 結局 なんと 162bpm・・・意味不明 

どうも手首計測心拍時計は汗がつくと正確に計測できなくなるようだ(゚д゚) 

まあ でも 今回も サンダル行動であり 靴のクッションに頼った走りの結果ではないので 良し としよう


今のところ 腰痛や その他不具合は無し

相変わらずユルユルだが ゆっくりでもケガ故障をなるべくしないよう「亀」の気持ちを忘れず とりあえず また行動しよう




※自分自身へ※


いいか、自分の価値を信じるなら、迷わず前に進め
Now, if you know what you’re worth, then go out and get what you’re worth

だが決してパンチを恐れるな。他人を指差し、自分の感情の弱さをそいつらのせいにするな。
それは卑怯者のやることだ。お前は卑怯者なんかじゃないんだ!
But you gotta be willing to take the hit, and not pointing fingers saying you ain’t where you are because of him, or her, or anybody. Cowards do that and that ain’t you!

↑ロッキー ザ ファイナルより


どんな状況下にあっても 今 この瞬間にできることを考え それを実行する

行動の始めは 繰り返して できるだけ丁寧にゆっくりと行動する 車のアクセルのように その後は1度加速がつくと惰性で行動を続けられる可能性大

動いたら食べる

日頃 極力 食 には時間を使わない(残りの人生時間を考える)


・・・などなど 言葉を目で追うだけでスルーしないよう意識したい





































↑レベルが違いすぎる





皆様に良いことがありますように


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事