富士山と自分

令和元年5 富士山と自分 159

富士山

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全41ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

二 2019年7月13日 富士山御殿場口歩き159





※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※




大砂走り

暗くてわかりにくいが 今年の大砂走りは まだ狭く ただの砂走りな感

もう少し経てば 大自然の自浄作用で元に戻ると思うが・・・
イメージ 1



数多のヘッデンの光

こんなに御殿場口は人気だったっけ
イメージ 2

イメージ 3



ブレてるけども 富士山頂方面
イメージ 4



これもブレてるけども 夜明け前

須走口5合目も見られた
イメージ 5



雄大な御殿場 大砂走り
イメージ 6



綺麗に撮れたか
イメージ 7



双子山
イメージ 8



オンボロデジカメではなく 良いカメラならば 素晴らしい写真だと思う
イメージ 9



フジアザミ オンダテが あちこち
イメージ 10



雪が残る箇所は 例年通り
イメージ 11

イメージ 12



鹿 猪たちの足跡もアチコチに
イメージ 13



山頂方面に向けて 2礼2拍1礼し 感謝とお祈り

腰痛はあったが 今回の山行159 無事 終
イメージ 14



ここに立ち寄れる身体を作りたい
イメージ 15



日輪さま
イメージ 16




※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※



イメージ 17

イメージ 18




最後まで目を通していただき ありがとうございました/(_ _)\

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2019年7月13日 富士山御殿場口歩き159





※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※




仕事が終わってから 裸足ジョグ サンダルジョグ…ではなく 富士山御殿場口へ

この御殿場口 2月19日153登頂以来で 約5ヶ月ぶり↓(゚д゚)


気になることは腰痛のみだったが 無事に 登頂下山完了

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3




日付が変わる前に 新6合目小屋へ
イメージ 4



おびただしいヘッデンの数 人 人 人 

思えば世間は3連休 早く 人を寄せ付けない本来の富士山に戻ってほしい
イメージ 5



いつものオンダテ岩

ここらから 右腰痛が(ノェ`。)
イメージ 6



7合目着
イメージ 7



砂走館にて
イメージ 8

イメージ 9



7.9合目 赤岩館
イメージ 10



8合目 見晴館 

今回は 遅くとも この時間に登頂を考えていたが 残念
イメージ 11



大弛沢 最後の九十九折り
イメージ 12



御殿場口 頂上鳥居

4時間過ぎてしまったが とりあえず 富士山 令和初の御殿場口歩き159
イメージ 13



奥宮浅間さまにて 2礼2拍1礼し 感謝とお祈り
イメージ 14



頂上館も開いており 世間は富士山オンシーズン

おらは 11月くらいまで またオフシーズン(゚д゚)
イメージ 15



富士宮口を覗くと・・・ 信じられない数のヘッデンの光

この中の山行 自分には無理だー
イメージ 16



4時からの山頂トイレは閉まっていた

さ 下山しよう
イメージ 17



ほぼ 途切れない富士宮口登山道のヘッデン

ちなみに 3月16日の富士宮口は↓


イメージ 18




富士宮尾根と大弛沢を横切り わらじ館へ
イメージ 19



当然 今年初の 大砂走りへ
イメージ 20




開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2019年6月25日 富士山富士宮口歩き158





※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※




仕事が終わってから 裸足でジョギング…ではなく 富士山へ向かった

御殿場のファミリーマートで 雨降り

天候回復状況なはずだが 当たり前に御殿場口も雨降り…
イメージ 1



今月は山頂にいけてるのと 濡れ冷え地獄は避けたかったので 富士宮口へ向かう と…2100m付近から星空

5合目駐車場に着くと6台くらいの車 星空は変わらないが 西風が強い
イメージ 2



御殿場太郎坊ライブカメラを見ると エッ? 天候回復状況やん
イメージ 3




1登目で天候回復したら 2登すればいいや くらいで 気を取り直し

23時55分頃 ブル道から行動開始
イメージ 4




写真は 強西風にミゾレ雨降ってる9合目万年雪山荘

新7合目小屋脇にテント泊の方がいたが あんな強風で眠れてるのか不思議

自分の行動時間帯 8合目付近から雨降り 

9合目付近からはミゾレ混じり雨 

それに強風が加わってるので 例年の6月よりも寒い 濡れ冷えが厳しくツラカッタ
イメージ 5



真っ暗で視界悪く 積雪状態が不明 強西風で寒さを考慮し 9.5からは念のためアイゼン装備
イメージ 6



皆のトレースに 少し積雪 この程度だった
イメージ 7



3時5分頃 頂上 岩淵鳥居着
イメージ 8



いつものように自撮りしたかったが
イメージ 9



このように 目まぐるしく降ったりやんだり
イメージ 10

イメージ 11



濡れ冷え厳しく寒くて 奥宮浅間さまにて2礼2拍1礼し 感謝とお祈り 後 即下山開始した

写真は 裏側岩淵鳥居
イメージ 12



9.5合でアイゼンはずし

9合目付近で 登山者さんと擦れ違い挨拶
イメージ 13



今回の 8合付近 お地蔵様
イメージ 14



御来光は不発気味か

元7合からはブル道利用
イメージ 15



山頂方面を見 登頂日和
イメージ 16



5合目着 山頂方面に向かって2礼2拍1礼し 感謝とお祈り

今回の富士山富士宮口歩き158を終えた 

終えたのには理由があり・・・
イメージ 17



実は 下山中 左靴のソールが剥がれてしまい チェーンアイゼンで対応 

今回は御殿場口歩きを考えていたので 天候回復後の2登目をしたかったが 情けなや 終
イメージ 18




GPSログ等々 詳しくは ヤマレコを見てください<後日更新追加>


イメージ 19

イメージ 20



帰り際 日輪さま 
イメージ 21



7月 つ つぎこそは 御殿場口歩き



最後まで目を通していただき ありがとうございます/(_ _)\

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

二 2019年6月11日 富士山富士宮口歩き157





※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※




寒々しい奥宮浅間さま
イメージ 1



山頂からの太平洋
イメージ 2



山頂トイレ 1ヶ月しないうちに 間もなくオープン
イメージ 3



誰もいない貸切山頂

さ 久々に 剣ヶ峰へ向かう

うっ また 雪ズボズボ地獄な気が
イメージ 4




自分が一番乗りだと思っていたが

あれ? 足跡・・・
イメージ 5



これは アナグマの足跡? 何だろう

でもこれで 自分が二番乗りであることが理解できた
イメージ 6



二番乗り 剣ヶ峰
イメージ 7


火口
イメージ 8



良い天気だ
イメージ 9



さ 下山しよう

自分だけの足跡 雪ズボ地獄を戻る
イメージ 10



9.5合へ向け あえて新雪雪ズボ箇所を下山

この時間 登山者は誰も見あたらない

あれ? 8合目下部で抜かせてもらった先行者の2人組も まだ見あたらなかった ?
イメージ 11



この写真を見ると 間もなく また 夏場がやってくる
イメージ 12



ブル道 沢 登山道 全てを利用し 下山

素晴らしいピーカン
イメージ 13



8合目付近の お地蔵様も 顔を出していた
イメージ 14



8合目 物凄い勢いで 凍結箇所が融けだしていた
イメージ 15



新7合目付近で 夏場だけでなく冬場厳冬期年中富士山を歩いている斉藤さんに出会い 30分くらい話し込んでしまった

6合目付近では 久々に都倉さんに出会い「明けましておめでとう」の挨拶 10分くらい話し込んでしまった

都倉さんには 富士山現地歩きをはじめたこんなド素人の自分に 効率的な登山靴ヒモの結び方を教わったのを強烈に覚えている

富士の常連さんたちには 感謝しかない
イメージ 16




5合目着 この時間ガスガスだった

山頂方面に向けて 2礼2拍1礼し 感謝とお祈り

今回の157山行を終えた
イメージ 17





次回こそ 御殿場口を行動したい


※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※



イメージ 18

イメージ 19





最後まで目を通していただき ありがとうございます/(_ _)\

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

2019年6月11日 富士山富士宮口歩き157





※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※




ザンザン雨降り仕事後 裸足ジョギング ではなく・・・仮眠せず富士山現地へ
イメージ 1

イメージ 2



11日になり0時過ぎ この時間 御殿場自衛隊前は雨降り

なので御殿場口はやめ ダメもとで富士宮口5合目へ

もし富士宮口も 悪天ザンザン降りだったら 

5合目駐車場を最低10キロ周回する ユルユル高地ジョギングをしようと考えていた
イメージ 3



5合目に近づくにつれ 驚いたことに 風も穏やかな星空

これは 梅雨の時季なのに 天からの御馳走だ と感謝し

即準備し 即 2時15分頃 ブル道から歩きはじめた

2人組の先行者だけが 新7合目付近にいるようだった
イメージ 4




8合目下部の 荒神岩さま

この先で2人組の先行者さんに おはようのあいさつし お先に行かせてもらった

前日 10日のザンザン降りのおかげか 積雪もここら辺りから
イメージ 5



念のために8合目でチェーンアイゼン装備し 9合目へ
イメージ 6



この時間なので いい具合に凍結箇所も
イメージ 7




ほら やはり 天からの御馳走

冬場厳冬期もそうですが 気象庁気圧配置図などの 各種予報等々は 

日本の独立峰である富士山だけでなく 世界各地にある独立峰には あまりあてにならない時があるのでは?
イメージ 8



誰の足跡も無い9合目着

積雪は 足首から 時々 フクラハギの間くらい

苦手状況下なので ここらからグッとペースが落ちてしまった
イメージ 9



2人組の先行者さんらも はやく来ないかなあ〜と下部の写真
イメージ 10



9.5合目 やはり 誰の足跡無し 

このまま登山靴だけでも行けないこともないだろう

でも この時間帯 自分は 念には念の 12アイゼン装備

新雪積雪が 冷えたアイスバーンの上に積もってる箇所が多々あるのでは と想定し 

もし なんらかの不具合でバランスを崩し 固いアイスバーンにアイゼンの刃先が刺さらず<登山靴のみでは停止できない>

新雪と同じように体が流されたことを考えたら・・・

早い話が 極度の臆病者 ビビリ症な自分
イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13



あああ 新雪ズボズボ地獄が苦手 ペースダウンなため 日輪さまが顔を出した

頂上で御来光体験できないことは残念
イメージ 14



風の通り道から 山頂方面を眺める

この白い積雪 ほとんどが新雪で 過去 12年近く歩き続けてきた今の時季 6月で はじめての経験な気がした 

写真の上部までズボズボ地獄で厳しかった
イメージ 15

イメージ 16



ズボズボ地獄 あああ 3時間過ぎてしまった

でも 厳冬期の恐ろしい斜度バーンよりは全然恵まれている 感謝
イメージ 17



ようやく 頂上 岩淵鳥居へ
イメージ 18

イメージ 19



とりあえず 富士山富士宮口歩き157

奥宮浅間さまにて 2礼2拍1礼し 感謝とお祈り
イメージ 20



予想外のラッキーな157登頂だったので 

まだ誰もきていない剣ヶ峰へ 久々に向かうことにした
イメージ 21




※ 詳細GPSログや 写真等は ヤマレコにて ※




開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全41ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事