ここから本文です
つねひさ和平 の 連帯ブログ
嘘つき極ウヨ安倍政権の反動政策に徹底抗戦し、平和憲法と命、暮らし、雇用、民主主義を守ろう!

書庫全体表示





イメージ 1

 

 
 


 今年最後の”政治決戦”である沖縄県知事選が10月30日に告示され、11月16日の投票日に向けて激しい選挙戦が始まった。
 
 
 今度の県知事選挙は現職の仲井真弘多知事(75=自民党推薦)と前那覇市長の翁長雄志(64=社民、共産、社大、生活、県議会県民ネット推薦)、喜納昌吉氏(66=元民主党参議院議員)、下地幹郎氏(53=元国民新党衆議院議員)が立候補しているが、仲井真弘多、翁長雄志両氏の事実上の一騎打ちと言われている。 
 
 
 3選目を目指す現職の仲井真氏は、昨年12月25日に安倍首相との会談で、沖縄振興予算の大幅増額と引き換えに名護市辺野古の埋め立てを承認。「いい正月になる」とぼやいて県民の顰蹙を買っていた。
 その後7月に入って政府は、名護市はじめ沖縄県民の猛反対を押し切って、力づくで辺野古の埋立て工事を強硬している。
 
 
 選挙戦では、辺野古移設は普天間基地の危険除去のために必要だったと主張し、できるだけ辺野古の件には触れず、政府とのパイプを活かした経済・産業振興策を中心に訴えているようだ。
 
 
 何と、那覇市と名護市を結ぶ7000億円という莫大な事業費の縦貫鉄道建設を「安倍総理にお願い」し、ユニバーサルスタジオジャパン(USJ)の誘致も図りたいなどとあの手この手の「アメ玉作戦」を展開している。
 
 
 

しかし仲井真知事は、前回の知事選で「県外移設」を公約にして当選したのに、安倍総理の金目作戦に屈服し辺野古移設容認に転じたことから、県民からの反発や不信感が増大しているという。
 
 頼みの公明党沖縄県本部は、自主投票することに決めたため、苦しい選挙戦を強いられているようだ。
 
 
 
 一方前那覇市長の翁長氏は、元自民党県連幹部でありながら、辺野古移設やオスプレイ配備などに反対する姿勢を貫いており、今回は保守系の一部と社民、共産、社大、生活などの支援を受け出馬した。
 
 また民主党支援団体の連合も、翁長支持を表明。自主投票の公明党の票の取り込みも期待できるものと選対では見ている。
 
 
 
 さらに党本部の反対を押し切って出馬した喜納氏は、「埋立て承認の撤回」「移設工事中止」を訴え、下地氏は、「辺野古移設は県民党票で決める」と主張し、それぞれ独自の戦いをしているようだ。
 
 
 
 
    県知事選で世論調査  2014年11月4日
 
 
 

   県知事選(16日投開票)が10月30日に告示されたことを受け、琉球新報社と沖縄テレビ放送は1、2の両日、県内全域の有権者を対象に電話世論調査を合同で実施し、選挙戦の序盤情勢を探った。調査結果に本紙の取材を加味すると、無所属新人の翁長雄志氏(64)が先行し、無所属現職の仲井真弘多氏(75)=自民推薦=が追っている。これに無所属新人の下地幹郎氏(53)と、無所属新人の喜納昌吉氏(66)が続いている。まだ2割以上が投票先を決めていない。同日選の那覇市長選や県議補選、那覇市議補選はまだ告示されておらず、今後の展開は流動的だ。
 
イメージ 2


地域別では那覇市や北部、中部、南部、八重山で翁長氏が先行し、仲井真氏が追っている。宮古は仲井真氏、下地氏が競り合い、翁長氏が後を追う展開だ。喜納氏はまだ支持が広がっていない。

 支持政党別に見ると、自民支持層は6割以上が仲井真氏、2割弱が翁長氏を支持している。翁長氏は社民、共産、社大などの票を9割近く固めた。自主投票となった公明と民主の支持層から多くが翁長氏に流れているもようだが、公明支持者などでは態度未定が3割いる。
 
翁長氏は無党派層からも多くの支持を得て、仲井真、下地氏が追っているが、同じく2割以上は態度を決めておらず、今後の情勢を左右しそうだ。
 
一方、知事選で最大の争点となる米軍普天間飛行場の移設問題では、現行計画通り「名護市辺野古へ移設すべきだ」と答えた人の割合が15・1%にとどまった。「国外移設」は28・7%、「沖縄県以外の国内移設」(県外移設)は22・8%、「無条件の閉鎖・撤去」は22・3%で、県内移設反対は73・8%に上る。

 投票先を決める際に最も重視することは「普天間飛行場などの基地問題」が46・3%と最も高く、「経済振興や雇用対策」(21・6%)、「医療や福祉の問題」(10・8%)、「子育てや教育の問題」(9・3%)と続いた。
 
選挙に「大いに関心がある」「ある程度関心がある」と答えた人の割合は計85・4%と高く、注目度の高さがうかがえる。
(’14知事選取材班)

【調査方法】県内の有権者を対象に1、2の両日、無作為に発生させた番号に電話をかけるRDD(ランダム・デジット・ダイヤリング)法で実施した。電話帳に載せていない人も調査可能で、年代や性別など有権者の縮図に合わせた精度の高い調査ができる。実際に電話がかかったのは890件で、このうち517人から回答を得た。

 
 
 

沖縄知事選 オナガ勝利へ1万5千人              新基地阻止 熱気あふれる  しのぎけずる大激戦

 
 

  安倍内閣は、小渕経産相と松島法務相が辞任に追い込まれたあとも小渕氏後任の宮沢経産相のSM不適正支出や東電株所持問題、江渡防衛相や望月環境相、西川農水相、有村女性活躍相の不透明政治資金や不正献金問題、御法川副財務相のカレンダー配布問題など政治と金の問題が噴出し続けている。
 
 
 また高市総務相と山谷国家公安委員長のナチス、ザイトクとの黒いつながりは不問に伏されたままであり、最低でも宮沢経産相を含む”極悪3人組”は、心ある野党に徹底的に追及してもらい辞任に追い込んでほしいと願う。
 
 
 さらに最近、安倍首相の国会答弁での事実無根の”捏造”や”殺人”発言、また自己のフエイスブックなどでの妄想、妄言の数々により、朝日新聞や枝野民主党幹事長、JR総連労組、JR東労組などの名誉が著しく棄損されるゆゆしき事件が発生している。
 
 
 首相がこのように、日常的に公然といらつきむかつき切れて攻撃する醜態をみせるのは、彼自身心理的にも肉体的にも窮地に立たされている証しである。
 

 「大臣辞任ドミノ」とともに、この沖縄知事選挙で「辺野古移設反対」の翁長氏が当選すれば、党内での求心力も著しく低下し、一挙に政権崩壊につながる可能性が大きい。


その意味から、是が非でも「辺野古移設反対」「県内移設反対」の県民の総意を結集して、翁長氏の当選を果たさなければならない…………必勝を祈っている。
 
 
 
ウチナーンチュ(沖縄県民)の誇りと尊厳、平和で豊かな沖縄の未来をかけて………
 
 
   がんばろう!沖縄!
   倒そう!安倍政権!

 
 

  • 顔アイコン

    kazuさん!

    ちゃんと調べてからコメントしなさい!

    つねひさ和平

    2014/11/4(火) 午後 11:18

  • 顔アイコン

    本土??の人も関心を持って欲しいですが

    [ マニラの空の下でバボィパパぼやく ]

    2014/11/5(水) 午前 8:22

  • 顔アイコン

    おはようございます。

    そうですね。日本全体で真剣に考えてもらいたいと思います。

    つねひさ和平

    2014/11/5(水) 午後 4:10

  • 顔アイコン

    おはようございます

    ノコンキク
    これも雑草ですよね普通は
    漱石が絶賛の左千夫の民子&政夫
    ありゃぁ此花の野菊の墓ですよね

    矢切の渡しは現存してまして
    川渡ると小説舞台の現場でした
    左千夫の弟子土や文明筆の碑に手向けました

    アレから40数ねんかぁ・・
    棺おけに片足・・
    ノコンキクが丁度いいです
    野原の土手に沢山ありますゆえーー

    シネマ館はヤハリいい空間ですね

    日向路ーー雲の向こうに少々の日差し
    みやざきには珍しいお日様です
    曇後晴ー 24℃[+2]ー 15℃[+7]


    いい一日を!

    [ sekiya ]

    2014/11/6(木) 午前 10:31

  • 顔アイコン

    ノコンキク?あははは、こちらでは花やさんでやっと買えますよ。

    今日はクリスマスの飾りつけをしましたよ!

    クリスマスまであと49日のようです。

    うちだけちょっと早過ぎたかな?

    つねひさ和平

    2014/11/6(木) 午後 9:19

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事