ここから本文です
出張こぼれ話、各地のオススメ情報、安らぎのホテル、交通情報など、出張と旅とちょっとだけ人生について勝手気ままな出張体験記
羽田空港から空路出張へ。
昼から午後にかけての出発ならば、お腹を満たしてから搭乗したいもの。
腹の皮つっぱれば、目の皮たるむ、落語のたとえではありませんが、
心地よく眠りながら夕暮れ時に現地入りし夜の街へ。

おっと、あくまで前日入りの出張という前提です。
翌日からはバリバリ仕事しますぞ・・・・・。
このケースで、羽田で買うのは、万世ハンバーグサンド 700円(税込み)。
実に手頃で手軽です。

同じ万世とラインアップでは、
万世かつサンド(通称万かつサンド)がありますが、サラリーマンはどちらかと言えばハンバーグを選択するようで、ハンバーグサンドの方が売れ行きが良さそうに感じます。

万世ハンバーグサンドをついつい購入してしまう、
これすなわち、慢性ハンバーグサンドとも言えそうです。

空港ラウンジでビールと共に食べる万世ハンバーグサンド。
正に、出張サラリーマン至福の時。

イメージ 1

イメージ 2

おやっ、最近の万世ハンバーグサンドには、おみくじがついているようで、
開いてみると、これがまあ、大吉、
こいつぁ〜春から縁起がいいわい。

イメージ 3

ラッキーカラーが赤で、ラーキーミートがひき肉だそうで、
な〜んだ、そういうことですが、はずれなしの大吉か??

でも、へたな詮索はせずに、素直に大吉を喜びます。
大吉は、信じてこその、大吉です。

この記事に

開くトラックバック(0)

福岡出張
博多デイトス地下1階あじわいすとりーと・まるとく食堂で遅い昼食、
博多名物ごまさば定食 + タイムサービスの生ビール190円、
博多ならではの味わい・ごまさばを肴にビールでホッと一息、
と、そこに太田裕美が歌う木綿のハンカチーフが流れてきました、
新たなスタートの時期である4月に聞くこの唄は心にしみます。

イメージ 1


都会に就職した青年と、故郷の恋人とのやりとりが綴られます。
この唄がラジオからよく流れていた頃よりも、
数十年を経た現在の方が、
ビールのほろ苦さを感じ、ジーンとくるものがあります。

その歌詞は、

恋人よ ぼくは旅立つ
東へと向かう 列車で
はなやいだ街で 君への贈りもの
探す 探すつもりだ
いいえ あなた 私は
欲しいものは ないのよ
ただ都会の絵の具に
染まらないで 帰って
染まらないで 帰って

恋人よ 半年が過ぎ
逢えないが 泣かないでくれ
都会ではやりの 指輪を送るよ
君に 君に似合うはずだ
いいえ 星のダイヤも
海に眠る 真珠も
きっと あなたのキスほど
きらめくはずないもの
きらめくはずないもの

恋人よ いまも素顔で
くち紅も つけないままか
見間違うような スーツ着たぼくの
写真 写真を見てくれ
いいえ 草にねころぶ
あなたが好きだったの
でも 木枯らしのビル街
からだに気をつけてね
からだに気をつけてね

恋人よ 君を忘れて
変わってく ぼくを許して
毎日愉快に 過ごす街角
ぼくは ぼくは帰れない
あなた 最後のわがまま
贈りものをねだるわ
ねえ 涙拭く木綿の
ハンカチーフください
ハンカチーフください

男の子が、都会なれして社会人として男の子から男性へ成長してゆく一方で、
一途に男の子の面影を追う故郷の女性。

松本隆さんの作詞この3分の唄の中に、時間経過・心のすれ違い・ちょっと哀しい青春ドラマが凝縮されています。

木綿のハンカチーフを聞き及び、ゴマサバでビールを味わった口元を木綿のハンカチーフでぬぐい、店を後にいたしました。


今なら、綿のハンカチ、当時は、木綿のハンカチーフ、
でも、木綿のハンカチーフに歌い込まれた情景は、変わりません。

この記事に

開くトラックバック(0)

DORAMA in 2017 SPRING

春のドラマ、サラリーマンオヤジが気に入ったドラマ2題。

人は見た目が100パーセント
テンポよく進むコメディータッチの展開。
中でも見どころは、
中心となる3人の女性、桐谷美玲、水川あさみ、ブルゾンちえみのチームワークの良さ。
中でも、地味で内気で目立たない不器用な女性を演じる桐谷美玲に注目です。
どんなに役になりきっても、元が美しすぎると、何とも皮肉なコメントが寄せられているとか。
週後半木曜日の22時〜、月曜日から蓄積されてきた疲れを忘れる楽しいドラマです。フジテレビ久々のヒットになるか。

NHK金曜日22時〜のツバキ文具店〜鎌倉代書屋物語〜は、
週末にゆっくりと見るには最適のドラマ。
多部未華子演じる主人公の文具店店主が、依頼主の心模様や想いに寄り添った手紙を代書する、しっとりと落ち着いたドラマです。

この2題、対照的なドラマですが、どちらも見逃せません。

この記事に

開くトラックバック(0)

イトーヨーカドーの理由あり商品大放出で目に止まったこの商品

この大きさの箱で100円のチョコレート、これは安いと手にとってみると、妙に軽い、
いったいぜんたい、なんじゃこれ、
ほんでもって、チョコレートの上に PEYOUNG ペヤング の文字、
ついに、あのペヤングがチョコレート発売か、
いや違います、やきそばです。

ペヤング・ソース・やきそば
が形を変えて、
ペヤングチョコレートやきそば
になって新発売、
てなことのようです。

100円という理由あり商品(わけあり商品)ならではの価格に誘われ、ついつい1個購入。(我ながらモノ好きですな〜)

さてさて、買ったはいいものの、食べようという気持ちになりません。
昨日のメモにつなげるならば、
相撲に勝って、勝負に負ける。
チョコレートやきそば買って、食すにあらず。

イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

相撲に勝って勝負に負ける。
という言葉がありますが、女子プロゴルフ・KKT杯バンテリンレディスオープンの上田桃子さんは、正に、ゴルフに勝って試合に負けました

気の毒と言っては失礼ですが、地元熊本を勇気づけようと、初日からトップをひた走り、いつもにも増してキリリとした表情に、その意気込みが伝わってきました。

最終ホールのウィニングパットをわずか数センチ外してプレーオフへ。
プレーオフ2打目の攻めのショットが、これも後1m飛んでいればグリーンに2オンも、紙一重で池に落下、リカバリー後のパーパットも惜しくも外れて万事休す。

3日間試合を牽引しながら残念無念の2位。

でも、優勝に値する試合後のインタビューであったと、贔屓目なしに感じます。
そもそも、しっかりインタビューにこたえることからして、真のプロフェッショナル。

優勝よりも、試合結果と真摯に向き合う姿に、熊本の人々・被災者は優勝にはない勇気を感じたことでしょう。

上田桃子さんの口から語られたことは、
優勝して、皆さん、頑張りましょう、と伝えられなかったのが…。熊本県民として情けない。素直な気持ちで、勝ちたかった
『私よりも、もっと大変な思いをしている人がいる』
終わったことをいろいろいっても仕方がありません。悔しさをエネルギーに変えて
熊本の人は、あたたかく、熱かった

アメリカから日本に戻り、ひたむきにプレーする姿が、いつも印象的でした。

社交辞令ではなく、心から思います、頑張れ上田桃子桃子カムバック。
桜の季節に桃の涙が流れました。

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事