全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
アラン・デュカスのチョコレート工房が1周年でアフタヌーンティーが提供されることになったとのことで、ずっと楽しみにしていたの
あのアラン・デュカスのチョコ達がどんなデザートに変身するのか



まずは飲み物をチョイス
いろいろあるけど、ホテルのように茶葉の交換が出来ないから悩んだわ
でも、クスミティーとのコラボの茶葉があったから、それにしたの
ル・テ・ブラン・アラン・デュカス
運ばれてきた途端に、ほんのり甘い香りが漂ってきた
水色は薄めで、まだちょっと早いのでは?と思ったけど、味はしっかり出ていたわ
1ポットでカップ2杯分にさし湯を頂戴できるから、カップ4杯分いただけます
イメージ 1



ババ・オ・グリュエ・ド・カカオ 生クリーム添え

生クリームが使われているこちらを最初にいただきたの
ラム酒をたっぷりと使って作られているとのことで、アルコールが苦手な人はアルコールを抜いて作ってくださるそうで、最初にたずねてくれたわ
カカオニブは入った生クリームにラム酒、もうとっても上品で美味しい
最初にいただいて良かった
イメージ 2



HIGASHIYAのような木製のトレーで運ばれてきたわ
カカオメニューだから全てがチョコ色で見ためはちょっと地味だけど、こちらも運ばれてきた時にブリオッシュの香りが漂って癒されます
イメージ 3



一人分だとこんな感じ
カップの取り皿も、このデザートトレーもお揃い
すっごく可愛いと話していたら、こちらのオリジナルで作っていただいた物なんだって
イメージ 4



【一段目】
ココナッツとライムのモエルー
プラリネとオレンジのブリオッシュ
サブレ・オ・ザマンド 2枚
香りに癒されたブリオッシュも、アーモンドた〜ぷりのサブレもとても美味しい
イメージ 5



【コンフィチュール】
ブリオッシュつけていただきます

マーマーレード
チョコレート
透明部分がまったく無いとても濃厚なマーマレードと、細かく砕いたナッツが入っているチョコレート
チョコと柑橘は相性が良いので、両方つけていただいても美味しかったわ
イメージ 6



【二段目】
マカロンショコラ
テルトレット・トゥ・ショコ
ショコラとパッションフルーツのシャンティークリームのシュー

こちらのトレーも甘さよりも、カカオを楽しめるメニューだったわ
デザートの中で一番甘かったのはマカロンぐらい
クリームがぎっしりと詰まっていて、濃厚だけど上品な甘さだった
それに、どれも洗練されていておしゃれ
目でもたっぷり楽しめたわ
イメージ 7



【フリアンディーズ】
パッションフルーツのキャラメル
チョコレート
チョコシリアル
シリアルは、フルーツも混ざっていて酸味がいい後味になったわ
イメージ 8


どれもこれもチョコが使われているのに、味も食感は全部違う
チョコが苦手な人でも大丈夫なぐらい、大人が楽しむチョコ尽くしでした

遅めのランチを終えたら、もう16時
う○こミュージアムに行く予定だったけど、駅でポスターを見つけてこっちにしちゃった
そごうで開催中の「水木しげる 魂の原画展」
チケットは缶バッチ付きの方にしたわ
イメージ 1
デパートの中の催事だから1時間ちょっとぐらいで見終わる展示内容かと思ったら、原画展というだけあって原画がたくさん
漫画を描く前の少年時代に描いた風景画や愛用の道具なども展示されていて、1つ1つ見て回っていたら2時間半も経っていたわ
色を付ける際に使っていたのがヨーグルトの瓶だったり、戦争に行く前と後とで絵がガラっと変わってしまっていたり、時系列で展示されているから幼少期から興味の対象の変化を感じとりながら拝見することができた
こんなに内容充実しているなら、もう少し入場料お高くしてもいいもと思うぐらい面白かった
イメージ 2



いつもよりも遅く、アルコールタイムのスタートになっちゃった

アソビルの中の飲み屋を3箇所はしご


1件目は「崎陽軒シウマイBAR」
横浜に来たんだから、しゅうまいは食べないとね
かちこちレモンサワーは、ホッピーのように中をおかわりできます
焼焼売と大根餅をつまみに
イメージ 3

2件目は、お肉寿司居酒屋「牛右衛門」
お通しは、牛カルビ炙り肉寿司
テーブルに運んできてから、炙ってくれます
イメージ 4

がりサワー
ここでは、お料理にもガリがついていて生姜好きにはたまりません
イメージ 5

牛肉チャンジャ寿司
イメージ 6

鶏ささみザーサイ
イメージ 7



3件目は、韓国料理「韓兵衛」
お通しはキムチ
私は黒豆マッコリ、お友達はおこげマッコリ
イメージ 8

チャプチェの天ぷら
チャプチェをどうやって揚げるのか?と思って注文したの
海苔にまいてあって、コレすごく美味しい
イメージ 9

もうブームは去ったんだろうけど、ずっと食べたいと思っていたチーズタッカルビ
初めて食べた
イメージ 10



横浜から我が家までちょっと遠いのと、翌日は5時から仕事だったから22時半で宴は終了
あと2軒ぐらい、はしごしたかったなぁ〜
魅力的なお店がありすぎる

建物の中にある動物園「オービィ横浜」に行ってきた
10個のエリアに分かれているんだけど、そのうちの1つはキッズ専用エリアだから大人が楽しめるのは9つ
入場料だけで入って見たいエリアの所だけ料金を払って楽しむという方法もできるみたいだけど、初めてだからパスポートを買って全部楽しんだわ



アースクルージング
大きいスクリーンに映し出された映像で、仮想飛行体験をするというもの
中途半端な照明が残念だったわ
どうせなら真っ暗にした方が映像の世界に入り込めるのにな



アニマルヴィレッジ
小動物が楽しめたわ
シマリスは、触らせてもらう事もできるのよ
とは言っても、人間は基本じっとしていてシマリスに自由に動いてもらうのです
手の上にスタッフの人が乗せてくれるけど、すぐに肩や背中に動いていっちゃうの
イメージ 1



大自然のプロジェクトマッピングベースキャンプ
イメージ 2
インフィニット アクアリウム
幻想的な空間の中には、ニモやドリーがいたわ



マウンテンゴリラ
映画館のような所で3Dメガネをかけて、ゴリラの世界を楽しみます
途中真っ暗になってゴリラの息遣いだけが聞こえる時間もあり、泣いっちゃったチビっ子もいたわ
風が吹いてきたり、シートも振動するのよ



アニマルガーデン
森の住む動物たちを近くで観察することができるの
一部ふれあえる動物もいたわ

モリフクロウ、カーペットニシキヘビ、オニオオハシ、ケヅメリクガメ
イメージ 3

カピバラ
イメージ 4
カピパラとリクガメには、トングでご飯を食べさせてあげることもできるの
今までカピパラはじーっとしている状態を見る事が多かったから、こんなに活発だなんて知らなかったよ
カピパラエリアから出て来ちゃうよ!えっ!どうするのとヒヤヒヤしたんだけど、自由に散歩してOKらしい
戸惑う人間をよそに、足元を通り過ぎて普通にウロウロと散歩してたわ
自由ねぇ〜

グリーンイグアナ、ミーアキャット
イメージ 5
イグアナもすごく活発に動き回っていて、制服を着た学生は「キャー」っと悲鳴を上げて怖がってたわ
ミーアキャットはリラックスしてくつろいでいたけど、カメラを向けたらしっかり見てくれた
他に、タランチュラやカエル、アルマジロなどもいたわ



極寒体験ができるマウント ケニア
赤道直下の高山の1日の気温差が体験できるの
日中の25℃から夜のマイナス20℃までを、3段階に分けて身体を慣らしながら進みます
最後は、強風体験もあって、防災センターの強風体験を思い出したわ



キャットパラダイス
名前の通り猫の楽園というより、すっかり猫に楽園気分を味あわせて貰ったわ

可愛さに悶絶ですっ
イメージ 6
猫の餌(かつおぶし)を買って中に入ると、カップを持っているのを見て猫たちからおねだりビームの嵐
こんなにじっくり猫とたわむれたことが無かったけど、犬派といっていたのに猫も凄くいいな〜と思っちゃった
イメージ 7



小動物を触れ合えるアニマルスタジオ


ヒョウモントカゲモドキ、ヒヨコ、クレステッドゲッコー
イメージ 8
クレステッドゲッコーは触れないけど、トケゲモドキは触らせて貰えます
逃げるかと思ったけど、触られ慣れてるのか全然平気だったわ
ヒヨコは、手を入れるとピヨピヨ言いながら集まってきて、ひよこまみれを味わえます
モフモフであったかくて可愛くて、結構長い間たわむれたわ

コキンメフクロウ、ハリネズミ
イメージ 9
フクロウは他にもいろいろな種類がいたけど触れません
ボールパイソンも触れません
他に、ウサギ、モルモット、ヘルマンリクガメ、インコは触れます



シアター23.4
シアターなんだけど、1日に1回「フライトトレーニング」が開催されるの
メンフクロウ、ルリコンゴウインコ、ハルクインコンゴウインコ、オニオオハシなど間近で見れるだけでなく、頭を上を飛び回るの
メンフクロウが迫ってくるワクワクや、インコが円を描くように飛びまったりと、こういう体験の仕方は初めての経験だったわ
イメージ 10
ここでランチをする予定だったけど、今はレストンランはもう無くなっていたのよ
更に、アルコールの販売も無くなってた
でも、9時から楽しんで既に14時
お腹鳴ってたし、とりあえずぶたまんだけ食べました



喉も乾いてるし、お腹もすいてるし、今すぐ何かを食べさせて
建物の中に入ってるお好み焼屋さんで遅めのランチ
めんたい出し巻卵をつまみに、KOEDOビールで乾杯
豚モダン焼き、海鮮もんじゃなどを楽しみながら、クパークリングやワインなどもいただきました
イメージ 11

久々のマンダリン
全開と同じこのキラキラのテーブルでした
このテーブル好き
イメージ 1



【ドリンク】
最初に頂いたのは、凍頂烏龍茶をベースにしたマスカットティー
イメージ 2

約20種類から飲みかえ自由の飲み放題です
イメージ 3



アーリーサマーアフタヌーンティー
イメージ 4
カップや取り皿と同じ柄で統一されているのが、ステキ
イメージ 5



【一段目】セイボリー
サーモンのコンフィと季節の香りのゼリー
ビーフサンドイッチ 味噌マスタードと水菜 オールドスタイル
水牛のモッツァレラ マンゴーとミントオイル クルトン添え
冷たいメロンのスープ パルマ産生ハムとグリッシーニ
オマール海老 ズッキーニクリームとトマトクーリー
イメージ 6
マンダンリンのセイボリーはいついただいても、どれも手が込んでいて非常に美味しい
今回も華やかなセイボリートレーだったわ
でも、メロンのスープは思っていた味とは違って、ウリ感がとっても強かったのが少し残念
イメージ 7



【スコーン】
ゴーダとグラナパダーノチーズのスコーン
プレーンのスコーン
クロテッドクリーム
チェリージャム
レモンカード

今回もスコーンおかわりしちゃいました
大好きなレモンのカードだったのが嬉しい
イメージ 8



【二段目】プティフール
無花果とハチミツクリームのタルト
クリーミーシトラス パウンドケーキ クランチ
柑橘のブリオッシュ

マンダリンでブリオッシュが入っているアフタヌーンティーをいただいたのは初めてだったわ
大好きな柑橘だし、気に入りました
イメージ 9



【三段目】プティフール
桃のポッシェとレモングラスゼリー
ブラックフォレスト
抹茶のフィナンシェ
グラスデザートのゼリーがさっぱりしていて良かった
抹茶のフィナンシェが結構ボソボソした感じだったのが残念
イメージ 10


湯沢温泉 2日目

部屋から時折行き交う新幹線を眺めながら、ゆったりとした朝の時間を楽しみました
朝の時間をゆっくり過ごすって、普段なかなか出来ないけど贅沢だわね
イメージ 1



ご飯の前に温泉
やっぱり夕方の温泉より、朝の温泉の方が気持ちがいいわ
露天風呂や内湯への置石がある贅沢な空間
これだけ広いから混み合うこともありません
イメージ 2

畳敷になっているのも足元がびしゃびしゃにならなくて良い
固い物より、柔らかい物に接する方が足の裏も喜んでいるように感じたわ
イメージ 3

露天は女湯だけにしかないのです
やわらかい風に当たりながら、ぬるめの温泉
何時間でも浸かっていられるほど気持ちがいい
浸かった途端に自分の肌がシルクのようにさらさらになっていくのがわかります
イメージ 4

サウナもあるけど、今回は利用しませんでした
脱衣所には洗面台が2つ、鏡台が2つあるから、それだけでも結構余裕なんだけど、それとは別にドライヤーコーナーがあるのです
メイクなどもこちらで出来るから洗面台全部使用中なんてこともありません
こういう所まで気を使ってくださっている温泉宿はなかなか無いのよね〜
イメージ 5
ここに、飲む用の湯元温泉水が用意されているの
冷たく冷やされて、中からも温泉効果
飲みすぎても良くないらしく、1日に100mlが目安です



お風呂あがりの休憩所も広い
マッサージ機もあり、かき氷マシーンも置いてあり自由にいただくことができるのよ
お風呂上りのかき氷も美味しいのよね
イメージ 6



館内には図書スペースがあって、なかなかの本の量

今回はお世話にならなかったけど、冬は雪が積もってどこにも行けないから暖炉にあたりながらの読書タイムは格別だったわ
イメージ 7



朝食は、お蕎麦も有りカレーも有りでまたまた食べ過ぎちゃった
のっぺ汁も美味しかった
珍しく洋の物を一切食べなかったほど、素晴らしい和食メニューだった
イメージ 8



帰る前に「三国海道塩沢宿 牧之通り」を散策したの
江戸と越後を結ぶ三国街道沿いの宿場町として栄えた場所
宿場町の雁木つくりが再現されていて、とても風情があったわ

イメージ 9
ほとんど看板が出ていないから建物の前に行かないと何のお店かわからない分、ワクワクが大きい
建物の中に入ると一気に現代に引き戻され、今流行りのタピオカミルクティー屋さんもあったよ〜
イメージ 10

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事