★ハンドメイド★

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]

KIWAの講習会

仕事が落ち着き、やっとほぼ通常の勤務に戻ったので、さっそくKIWAさん銀座店で久々の講習会を受けてきました
今回は2作品

モザイクタイルのようなスクエアの ペンダントトップ
イメージ 1

ライトを当てるとこんな感じの色味です
イメージ 2
 

もう片方は、スワロをぎっしり敷き詰めたリング
イメージ 3


結構な存在感で、太陽の光を浴びるとキラッキラ
イメージ 4

オリジナル招き猫

落として割ってしまったので作りました

まだ、まっさらな猫ちゃん
イメージ 1


一番大事な正面からスタート
イメージ 2


首輪と手足の爪は、焼き付ける前だからまだ茶色
あぁ・・・口が歪んでしまった
イメージ 3


目が入ると一気に可愛い
イメージ 4


1週間後・・・焼きあがりだったんだけど、体調悪くてちょっと間が空いてしまいました
首輪もピカピカだわ
イメージ 5


可愛くてニヤニヤしていたら、ガーン
首輪の後の部分を赤く色付けするの忘れた
イメージ 6


斜め後ろから
イメージ 7

イメージ 8


斜め前から
イメージ 9

イメージ 10

正面だから首輪の後が見えないんだけど、どうしようかな
色付けて、もう一回焼いてもらおうかな・・・
耳と正面の首輪の赤ももうちょっと濃くしたいしなぁ

3日間の物作りイベント

GWの直前に毎年開催されるホビーショーに今年も参戦してきたわ
今回も10:00〜18:00まで飲まず食わずで物作りに没頭する3日間
初めて体験するもの、初めて出会うジャンル、初出店のブース、今年も刺激いっぱい貰いました
すごく楽しかったなぁ〜
既に来年が待ち遠しい

1作品だけ持ち帰りで仕上げる物があったけど、それも仕上がりました
全14作品
去年は17作品だったから、少し少なめだわね
今年はハーバリウムのワークショップがやたら多くて、その分ハーバリウム以外の所に人が集中したイメージ
毎年作るガラスのペンダントも今年はできなかったしなぁ



1日目
イメージ 1
ラウンドネックレス
ワイヤーで作るベンタント
色のついた1個のパーツは自分の好きな物を選べます
ピンクや緑やいろいろな色があったわ
去年はあまり好みのデザインじゃなかったから止めたんだけど、今年は受講してみた
やっぱりカーブを作るのは難しい



グルーで作るしずく形リング
毎年連日お邪魔している会社の1日目の作品
相変わらず可愛いデザインとグルーの色だイメージ 2
プラバンで作るコサージュ
以前から話題になっているプラバン
やっと体験できたわ
お花の色は自分の好きな色でペンで塗っていくの
先生は濃く仕上がるから薄めに塗った方がいいと何度もおっしゃっていたからそうしたんだけど・・・私は南国のお花のようにもっとはっきりとした色の物が作りたかったな〜



ハーバリウムのネックレス
今年初出店の会社のブースです
チューブの中にハーバーリウムのようにお花とオイルを入れて作るの
チューブの中に入れていく作業、結構難しかった
もう少し動きのあるようにしたかったのに、詰め込み気味になったしまった
イメージ 3



二日目
グルーで作るバタフライブレスレット
1日目と同じ毎年お邪魔している会社の2日目の作品
満足の仕上がり!
これも可愛いデザイン
イメージ 4
ハーバリウムガラスドームネックレス
ユザワヤさんのブースで作りました
このガラスドーム、他の所と違って大きくて直径2.5センチだから存在感があるの
ピンクのお花の葉脈と2種類の葉がマリモのように見えて想像以上に可愛く仕上げられたよ
隙間は白いカスミソウで埋めました
動くたびにガラスドームの中でミニマリモがゆらゆらと揺れるのがお気に入り
このワークショップ最終日にはやっていなかったから、迷わず受講して本当に良かった



グルーで作るパッチワークスクエアペンダント
続けてユザワヤさんのブースでグルー
ホワイトとブラックの2種類あったわ
難しくないのに、すごく可愛いデザイン
違う角度から見ると輝きや色味も変わって、動きがあるように見えるの
自分でブルー系で作ってみたいと思ったわ
イメージ 5



グラデーション糸かけピアス
1日目に受講した初出店の会社のブースにまた行きました
このピアスも可愛くて気になっていたの
何に糸をかけていくのかと思ったら、自分でグルーガンで作るの
グルーガンをそんな風に使うのかと衝撃を受けたよ
おかげで、あんな風にこんな風にと、いろいろアイデアが沸いてきちゃった
そんな閃きを貰えただけでも、ここに来た意味があると思えたわ
これだから止められないのよね(笑)
糸はグラデションの刺繍糸だったけど、これからの季節ラフィスで作っても可愛いわね
イメージ 6
畳のヘリで作るリボンのミニバック
毎年お邪魔している畳のヘリを販売している会社のブース
今年も可愛いヘリとワークショップ開催してました〜
ブルー系とレッド系の2種類から選べます
このドット柄めちゃくちゃ可愛い
このデザインは1日目と2日目限定でした
持ち手が短いから、他の販売ブースで斜め掛けできるレザーを購入して帰ってきたわ
このドット柄がすごく気に入って違うデザインの物を作るために購入したかったけど完売でした



ジャバラカードケース
これはハンドメイドショップでキットを売っているのを見たことがあったんだけど、柄が気に入らなくて気になりつつ作ったことが無かったの
これは両面デープやボントだけで一切縫う作業がありません!
ここで気に入る柄があったから、妥協してカードケースを買わなくて良かったわ
全部で17枚のカードが入ります
イメージ 7



3日目(最終日)
最終日の終了は1時間早くて17時
それだけでも朝から焦ってしまいます


グルーで作るネックレス

毎年、連日参加している会社の3日目の作品
こういうデザイン変わっててステキだわ
ブースの先生にもすっかり覚えられてしまって「毎日来て下さってる」と声を掛けられてしまいました
だって、どのデザインも可愛いんだもん
イメージ 8
サンドアート
人生、初体験のサンドアート
やっぱり思ったようには出来あがらない・・・けど楽しかったわ
初心者でもハートが作れることにも感動でした
折角だからもっとサンドアートの美しさが出るように作りたかったな
来年もブース出してたらリベンジしたい!
上の部分は、貝殻とサンドのパーツ・魚のパーツなどを埋め込んで固めてあるんだけど、泡が消えないまま固まってしまった
木製のパーツはこんなに泡が出るなら、貝殻だけで仕上げれば良かったと後悔したわ
青いのは魚の形をしていて、わざと浮いているように押さえながら固まるのを待ったのに、泡のせいで何だか解らない状態に
うぅ、あの苦労が無駄になってしまった
何ごともやってみないとわからないものだな、と改めて思ったのでした



マーブルアートのリース
マーブルアートというワイヤーとビー玉で作る、比較的新しいジャンルの物
私は、ワイヤーが大嫌いなのです
苦手を通り越して大嫌いなのです
が!可愛いのを見るとやってみたいと思っちゃうのよね

1日目のワイヤーの作品も見たら欲しくなっちゃって、解ってはいたけどやってみたらやっぱり私ワイヤーは下手なんだなと思い知らされました(笑)
なのに、学習しないでまたこの作品作ってみたくなっちゃって飛び込んでみたわ
これがビー玉じゃなかったら、きっと興味は持たなかったと思う
このカラフルなビー玉みたらさ、ガラス物が好きな私としてはやらずにはいられなかった

ビー玉は好きな物を選べます
同系色にしてもいいし、3種類だけとか決めてもいいし
私はあえて、カラフルにいろいろな色を入れてみたの
解ってるんだけど、解っていたんだけど、ワイヤー扱いのセンスが無い私・・・けど、先生にコツをいろいろ教えてもらいながらやったら、だんだんとワイヤーが私の言うことを聞くようになったの
あの感覚、めちゃくちゃ感動したわよ
今まで誰も教えてくれなかったけど、ワイヤーの扱い方っていうのがあったんだわね
この先生にもっと習いたいという気持ちになり、教室のこともいろいろ聞いて帰ってきました

光を通すと全く違う美しさがある
癒されます
イメージ 9



加賀ゆびぬき
今回のメーンイベントで締めくくり
ゆびぬきを作ってみたいと思いながらも、予約でいっぱいだったり今年はやらなかったりで5年越しでやっとできたの
1日目は予約でいっぱいと断られ、2日目は開場してから30秒ほどでこのブースに来たにも関わらず既に行列でやはり予約できなかった
最終日を逃したら、またいつ受講できるやら
もっと開場扉に近い所に居ないと!と思い、電車を更に早くして開場の30分前に扉の前に並んで挑みました
無事予約できて、過去の経験から終わり近い時間はどこも予約受付終了しているから、最終の回に申し込んだの

いくつかある種類から好きな柄と糸の色を選ばせてくれます
私が選んだのは青海波(せいがいは)という柄
作っている途中で「やたら縞」の方が簡単なのよ。と
先生!それ早く言ってよ〜、私初心者って言ったじゃん!
もう変えられないので作り進めるしかありません
もちろん時間内には仕上がらず、持ち帰って仕上げたわ
聞けることや、確認したいことを出来るだけ聞きまくって帰ってきました
初めて作ったわりには、可愛く仕上がったと思ってます
でも、ゆびぬきもうちょっと極めたくなってきたわ
土台の部分も自分で作れたら、アクセサリーのパーツとしても使えるしね
イメージ 10



今年もたくさんのドキドキ・ワクワク・出会いをありがとう
そして毎年この時期、主婦業を丸3日放棄することに文句を言わず理解してくれている主人にも感謝です

ホビーショー2017

今年も1年に1度のイベントに行ってきました
このイベントの3日間は、毎年仕事も家事もお休みさせていただきます

スペシャルチケットのおかげで、開場と同時に中に入ることができたわ
今年は、きっちりチケット別に区切ってくれていたから、こんなにすんなり入れて嬉しかった

中に入ると、予約の方法も改善されていました
というか、やっと改善してくれました
興味のあるブースごとのワークショップが多くなり、同時開催のワークショップは種類もスペースも少なめ&場所を端っこにしてくれたおかげで、 出入口すぐで人だかりになることも無くなり快適


【 1日目】
 「蝶のリング」
色もデザインもすごく気にって、即効予約
入場30分後には、すでに作り始めることができたわ
こんなことも今年初めて。
いつもならムダな行列に並ばせられ、午前中はほとんど動くことができずにイライラしながらお昼を向かえるというパターンだったの。

ここの会社はデザインがとても良い上に、グルーも可愛い色を取り揃えています。
イメージ 1
「ハワイアンコードのプレスレット」
私の師匠もブースを出していたので、立ち寄りついでにブレス作りました。
先日の講習会ではあまりお話しできなかったから、作りながら師匠と少しお話しできて嬉しかったです。
パワフルな方で、逢う度に元気とハンドメイド熱を掻き立ててくれる方でもあります。
イメージ 2
「ペンダント」
蝶と同じ会社のペンダント。
これはちょっと納得のいかない仕上がりに(泣)
というか白は失敗が目立ちやすいということが、今更やっと解ったのです。
もっと早くに気づくべきでした。
違う色にすれば良かったと後悔。



 「レジンフラワー」
去年は出店されていなくてガッカリしたから、今年このブースを見つけた時は思わず駆け寄ってしまいました。
今回は、トロピカルな色合いにしたくて、黄色をメインにして薄紫と赤の小花を散らせてみたの。
花を逆向きに沈めるようにしながら作るから、完成するまで正面からは1度も確認することができないのです。
それが怖くもあり、面白くもあるんだけどね。
サイドからもお花が正面を向くように神経をつかったけど、報われました。
想像通りの仕上がりでした!
イメージ 3




【2日目】
去年と違い3日間のうち2日が平日だったから、非常に快適にブースの行き来ができて良かった

 「花型の真珠のネックレス」
1日目のグルーの会社の2日目。
午前はネックレスです。
これも可愛いの♪
リバーシブルになっていて、裏は自分で作らなくてはいけません!



 「ミルフィオリペンダント」
こちらのブースは、毎年訪れて必ず1つ作るのが恒例です。
今年はそろそろ慣れてきたから、思い切って一番大きい物にチャレンジしてみたの。
今まではハッキリした色のガラスを使い規則的な並べ方をした物ばかりを作っていたから、今年は真逆のことをしてみたわ。
淡い色を中心に気の向くまま本能に従ってガラスを置いていきました。
変則的な柄の仕上がりが結構気に入りました。
あまり細々と考えすぎずに、赴くまま置いた方が良い仕上がりになるのかな?
イメージ 4
「ダフル花型のリング」
午前にネックレスと両方作るとセットになる。
リングもとても可愛いです。
サイズフリーのデザインというのもポイント高い!



 「アメリカンフラワー」
3年越しでやっとチャレンジできたの。
今年は、ハイビスカスでした。
シャボン玉のように枠に膜が出来るように液体をつけるんだけど、変な角度だと真ん中にダマができてしまったり気泡が入ってしまったりで意外と難しかった。
何度もつけ直しができるから、初体験にもかかわらずかなり納得できる物が仕上がったわ。
光を通すとステンドグラスみたいでとってもキレイなのよ。
枠や茎の部分などは全て針金だから、どこにどう飾っても好きなように曲げたりできます。



「ポタリーペインティング」
焼き物です。
これも初体験。
いわゆる絵付けなんだけど、いきなり描くような物はやめて玉子型の飾りを作ることにしたの。
筆も使うけど、綿棒でドットを描くような感じでお花を描いていく方法と聞いて玉子にしました。
それでも私にとっては難しかった。
先生が持ち帰り、ご自宅の窯で焼きあげてからの発送とのことでまだ暫くは完成品が見れません。



 「ファスナーポーチ」
生地とファスナーの色は自分で選べます。
これは最初から主人用と決めていたので、ファスナーは水色にしました。
車屋さんで待つ間、手帳とお財布を入れる小さいポーチを作って欲しいと前から頼まれていたのでね。
ファスナーをそのまま後ろへ渡すことで、持ち手にもなるという素晴らしいデザイン。
イメージ 5

【3日目】
会期中唯一の休日ということで、駅に降りた時点で人の数が違ったわ
最終日ということで私も気合いが入りました

「グルーデコのリング」
これに関しては毎日通いつめている会社ではなく、ユザワヤのブースで作ったの。
3種類の大きさのスワロを敷き詰めていきます。
ほとんどお直し無しで仕上げ、お褒めの言葉をいただきました♪
でもやっぱり、スワロを乗せる時は毎回息を止めてしまう(笑)



「ペーパーブレード」
ペーパーブレードは、夏にかぶる帽子のあの素材のこと。
現地で教えていただいたのは、縦横5目のカゴ。
紐を2ロール好きな色を選んでプレゼントしてくださったから、全てほどいて家で大きいサイズに作り変えている途中です。



 「スティックキャンディーのチャーム」
ステックキャンディーは全く初めて作るジャンルで、どうやって作るものなのか想像すらできませんでした。
球型の発砲スチロールにちぎり絵のように和紙をちぎって貼り付けてくことによってまだら模様が出ているの。
最後はジェルネイルのようにライトにあてて硬化させて仕上げます。


 
「ダブルハートのペンダント」
いつもの会社のブースです。
ダブルハートのペンダントは、デザインと色を見て一目ぼれ!
メチャクチャ可愛い〜
午前はキューブ型のネックレスでそれも変わったデザインで気に入ったんだけど、他にも作りたい物がありすぎてキットだけ買いました。
コツとか教えて貰わなくても自分で出来そうだったから、GW開けたら作つことにするわ。
イメージ 6
 「畳のヘリで作るリバティバック」
畳みのヘリのハンドメイドも、かなーり好きなジャンルです。
ミニトート、ポーチに続き、今年はリバティバックでした。
からし色の部分が畳のヘリです。
ミシンでカタカタと縫っていき、少しずつ形が出来上がってくるのが楽しい。
表と裏でリバティ柄が違うので、気分で使い分けられます。
少しでも他を見て回りたくて時間が惜しいので、糸処理は家に帰ってします!と言ってブースを後にしました。



仕事も家事もお休みして、朝から晩までいろいろなジャンルの物作りをする3日間
今年は、全部で15作品作れました
こんなに毎日内容が濃かったのは今年が初めてでした
3日間中の2日が平日だったこと、予約の取り方が改善されたことが非常に大きかったと思います。

ご飯を食べる時間も惜しんで作っていたけど、お腹をすかせている暇もないほど、とても楽しくて幸せな3日間でした

そして、今年も同級生が出展しているミンネの方には1歩も入る時間がありませんでした
すまぬ

全5ページ

[1] [2] [3] [4] [5]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事