京都

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]

京都・奈良の旅 4日目

今回お世話になったホテルは朝食も素晴らしいの
今回も毎日、にしん蕎麦、ちゃんぽん、お粥、炊き込みご飯に、もちろんパン系やシリアル系もあってそれだけでも今日は何にしようか迷ってしまったわ
スムージもあり、おばんざい系もあり、果物なども豊富で、3泊したけど全く飽きないどころか、食べられなかった物もあった
次回もこのホテルでいいわ(笑)
イメージ 1



最終日は、奈良の「橿原神宮」
御祭神は日本の初代天皇ということで、日本の歴史が始まった場所とも言われています
イメージ 2

まず広大な敷地に驚き
無駄な物が一切なく、昔からさほど変化せずに現代に至っているのだろうと想像できました
イメージ 3

約1万5000坪の深田池
イメージ 4
台風の影響で参道が工事中のため、参道から景色が撮れなかったのが残念だった



京都「晴明神社」
安倍文殊院に行ったので、晴明神社にも行ってみたわ
イメージ 5

人気でいつも人がたくさんいると聞いていたから初めて行ったんだけど、平日なので人が居ないだろうと思っていたけど、そこそこ参拝者がいて人気のほどがうかがえました
イメージ 6

安倍晴明についてはあまりよく知らないんだけど、ここに来て晴明に関する10の逸話を読んだら、もっと知りたくなったわ
イメージ 7

「晴明井」
念力によって湧出させた井戸
水が湧き出る方角は恵方を向いているんだって
イメージ 8
「厄除桃」
厄除けの果物の桃に水をかけて、桃を撫で、厄払いをします


「安倍晴明公像」
衣の下で印を結び、夜空の星を見て天体観測している姿だそうです

イメージ 9

「御神木」
直接触れても良い御神木
触れさせてもらえるのは、ありがたい
しっかり気をちょうだいしました
イメージ 10
安倍晴明といえば星形をイメージするけど、あれは御芒星といわれているらしく、この神社では桔梗印とも呼ばれているそうです。
そのため、桔梗が植えられていたわ
たまたまとはいえ、桔梗が咲く時期にここに来られて良かった

京都・奈良の旅 3日目

奈良「安倍文殊院」
三人寄れば文殊の知恵で有名な文殊菩薩が御本尊様です。
安倍晴明がこちらで修業されたとのことで、安倍晴明が祀られている浮御堂が有名
イメージ 1

「文殊西古墳」
大化元年(645年)当時のまま保存されていて、自由に中に入ることもできます
こういうのはなかなか体験できないわ
イメージ 2

入場料にお抹茶も含まれているの
こちらでこのお札を見て、買ってしまいました
イメージ 3



奈良の「唐招提寺」

イメージ 4

霊廟の苔は青々としていて絨毯のようだった
ここが一番空気が澄んでいるような気がしたよ
この霊廟に一番長くここにお邪魔してました
イメージ 5

来月、祖母の四十九日があるので、お線香を買いました。
まだ暑いけどトンボが結構飛んでいて、秋は確実に近づいているのだな〜と感じます
イメージ 6



奈良の「岡寺」
イメージ 7

自由に突いて良いと書かれている鐘があります
山を登っていった所にあるので、ここからの眺望は素晴らしかった
イメージ 8

元々は「龍蓋寺」という名前のお寺だったそうで、飛鳥の地を荒らし農民を苦しめていた悪龍を、この池の中に封じ込め大きな石で蓋をして改心をさせたことが名前の由来。
悪龍は改心し善龍となって今でもこの池に眠っていると言われているそうです。
イメージ 9
こちらに訪れたのは26日
毎月6.16,26日の3日しかいただけない御朱印でした
今回の旅は、普段いただけない御朱印を授けてもらえる機会が連日あり、ありがたかった



夕食は、前日いただいた本場で食べたカルボナーラぐらい美味しいと感動したので、また同じお店にしたの
パテ・ド・カンパーニュー、ゴボウのフリット
イメージ 10

自家製ソーセージ、クリームチーズのティップ、ミートソースの焼きペンネ
イメージ 11
やっぱりパスタが一番美味しかった

京都・奈良の旅 2日目

奈良の「大神神社(おおみわじんじゃ)」
古事記や日本書紀にも出てくる日本最古の神社です
イメージ 1

参道がとにかく気持ち良かった
これだけでパワーチャージできたように感じたわ
まずは、祓戸神社にお参りして、心身を祓い清めていただきます
イメージ 2

そのお隣にある夫婦岩にも参って、夫婦円満をご利益をいただきます
イメージ 3
山にご祭神が鎮まっているので本殿はありません
拝殿は、重要文化財になっています


巳の神杉(みのかみすぎ)
大物主大神の化身とされる白蛇が棲むことから名付けられたご神木
この神社内のいろいろな場所にお供え物として卵が置かれているのは、蛇の好物だから
こちらは裏側なんだけど、私は表より裏の表情の方が好き
イメージ 4



奈良の「長谷寺」
アジサイで有名な長谷寺の総本山です
イメージ 5

ゴールが見えない長い階段を登っていきまーす
イメージ 6
登り切ったと思ったら、更に続きがあります(笑)
最初は段が低いけど、最後になるほど1段1段が高くなっていきます
全部で399段
イメージ 7
でも登り切って、断崖絶壁に建てられてる本堂の前の舞台に行くと、風がふいて気持ちいい〜

本堂を「今長谷寺」そしてこちらは「本長谷寺」と呼んでいます
美しい五重塔は、遠くからも存在感がありました
イメージ 8

ラッキーなことに、今は期間限定で江戸期の復刻御朱印をいただけました
右側は長谷寺の塔頭である「能満院」
腰痛持ちなので、足腰の健康祈願でこちらにも立ち寄りました
イメージ 9



夕食はバルにて
鉄板焼きのシーザーサラダと、一口チキン唐揚げ

イメージ 10

ワカサギとイカのフリットと、カルボナーラ
日本では珍しい本場のカルボナーラの味付で美味しかった
イメージ 11


京都・奈良の旅 1日目

「下鴨神社」にお札を納めに行きました
イメージ 1

チームラボによるイルミネーションのイベント開催中のため、白いバルーンがあちこちに置かれていたわ
イメージ 2

みたらし団子の由来となった御手洗社や、君が代に出てくるさざれ石などもあります
イメージ 3

神聖な場所も今回はアーテスティック
イメージ 4



お世話になったホテルは、前回気に入ったにしたわ
最上階だから眺望サイコー
イメージ 5

パソコンデスク以外に、ソファーとテーブルセットもちゃんとあるのが使い勝手良くて好き
そして、ここのシャワーがとっても面白くて、これも気に入っている理由
上からのシャワーはたまにあるけど、サイド8箇所からマッサージのようにお湯が飛び出てくるの
イメージ 6

遠くに伏見城や智積院も見えます
清水寺の舞台はまだ工事中のようで幕がかかっているわね

イメージ 7



奈良の「石上神宮(いそのかみじんぐう)」
人が少なくてじっくり見れたわ
重要文化財の楼門は美しかった
イメージ 8

種類豊富な御神鶏がたっくさん
人より鶏の方がたくさんいたよ(笑)
気品漂っていたわ
イメージ 9

こちらの拝殿は、国内最古のものだそうで国宝に指定されています
イメージ 10



夕食は、前回気にいったお店へ
しば漬けのポテサラや、丹波鶏の唐揚げ、京都九条ネギたっぷりの豚ペイ焼きなどを、ここでしかいただけないオリジナルビールと共に楽しんだわ
イメージ 11

東京に戻りました

日付が変わってから東京に到着




最後はキレイな庭やお花を見て終わりたかったから「城南宮」に行ったの
イメージ 1



「源氏物語の花の庭」と呼ばれるお庭には、四季おりおりのお花が楽しめます
イメージ 2



今の時期は、山吹、かきつばた、蓮、つつじ、藤などたくさんのお花がキレイ

イメージ 3

イメージ 4



青もみじと苔で一面緑に染まったお庭も美しい

イメージ 5



平安の庭と、城南離宮の庭
イメージ 6



桃山の庭
イメージ 7

イメージ 8



室町の庭
イメージ 9

イメージ 10
 


御即位慶祝 令和元年初参りの御朱印もいただけたわ
イメージ 11



京都駅で買い物をしてから高速に乗れるまで約1時間
14:30に高速に乗って、東京で高速を降りたのは翌日の0時10分
途中1時間弱の夕食タイムを取ったとはいえ、長旅だったわ

全8ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事