2月からずっと「何か選抜ベスト5」シリーズを続けていますが、
今回初めての【人工物】の写真を選択してみました。

 ⇒とは言え、少なくとも私が見る限り、周辺や背景の自然の中に、
  さりげなく溶け込んでしまう橋の写真です。




明確な選択理由や順位付けの根拠などはありませんが、
撮影時には、感動しながら撮った「日本の橋ベスト5」を紹介します。





とりあえずランク外となったのは、見栄えのする「海峡をまたぐ橋」です。


日本の有名な海峡の橋
イメージ 2

左上: 瀬戸大橋 2004年1月31日 与島PA・香川
右上: 明石大橋 2004年5月5日 淡路島・兵庫 
左下: 関門橋   2017年5月21日 めかりPA・北九州市
右下: 大鳴門橋 2002年3月24日 鳴門市・徳島 

日本は島国なので、島と島をつなぐ橋が比較的多いと思いますが、
個人的には、自然の風景の中に、違和感なく溶け込んでいるように見えます。

 ⇒ただ、そんな海峡に架かるような比較的長い橋は、
  多くの海峡が船の重要な航路になっているためか、
  よく似た橋げたが高い吊り橋タイプになっています。







それでは、自画自賛・選択根拠なしの「ベスト5」の橋です。


第5位: 工事中の橋(東京)
イメージ 1
2010年925日 夢の島・東京都

私は、東京の海抜0メートル地帯に、25年間住んでいましたので、
周辺の道路は、川(運河?)をまたぐ橋がアーチ型をしており、
かなりの坂道になっていて、小学生のころは、それが普通だと思っていました。

 ⇒一体、どういう手順で工事をしていったら、
  あんなに見事なアーチ型の橋が完成するのか・・・??
  川に架かる橋は「ちょっとだけ不思議」な存在でした。


そして、それから数十年たって、ようやく
造りかけの橋の写真を、撮ることができたのです。
写真のように、両側から少しずつ伸ばしていって、
普通に、真ん中で合体させるだけのようでした。

 ⇒おそらく、地震とか、地盤沈下とかで、
  数ミリレベルのずれはあるかもしれませんが、
  この写真で見る限り、数メートルのずれがあります・・・(多分!?)。









第4位: 鶴舞橋(青森)
イメージ 6
2010年5月6日 鶴田町・青森

ぼんやりと見える岩木山の雄大な山影を背景にした津軽富士見湖に架かる橋は、
その名も「鶴の舞橋」という日本一長い三連太鼓橋です。

全国的に有名な橋ではないようですが、
桜の咲くころには、おそらく地元の人でにぎわいます。

 ⇒ただ、弘前市内には、桜・お城・岩木山の三拍子が揃った、
  超有名な観光スポット【今回の第2位の写真!】が近くにありますので・・・








第3位: 猿橋(山梨)
イメージ 3
2011年5月10日 大月市・山梨

東京から高速道路を使用せずに、甲州街道(R20)を利用するとき、
休憩を兼ねて立ち寄ることが多い猿橋は、小さな駐車場の「非観光スポット」です。

江戸時代から「日本三奇橋」のひとつとしても知られてたようで、
深い谷間のために橋脚はなく、刎木(はねぎ)と呼ばれる支え木をせり出して、
最上部の平坦な橋(?)を形成しています。

 ⇒簡単に吊り橋にしても良かったのに、この「こだわり」は大好きです。









第2位: 弘前城の赤い橋(青森)
イメージ 4
2010年5月3日 弘前市・青森

弘前城のお堀には、赤い橋が何本も架かっていますが、多分この橋が一番長く、
沢山の桜の花とよく似合うように思います(異論はあると思いますが・・・)。

 ⇒ただ、この時期の弘前城は、良いか悪いかは別にして、
  現在元の位置からずれている天守閣を背景にした赤い橋は、
  まっすく歩くのも苦労するほどの大混雑になります・・・異論?!
  









第1位: 城ヶ倉大橋(青森)
イメージ 5
2012年10月22日 城ヶ倉・青森

城ヶ倉大橋は、上路式アーチ橋では日本一の長さのようですが、
十和田湖や酸ヶ湯温泉が目的の観光客は、ほとんど通り過ぎてしまいます。

このブログで、蛾の写真の撮影地として何度も出てくる【城ヶ倉・青森】は、
写真奥にある駐車場のトイレの常夜灯で撮ったものです。

 ⇒また、最近ずっと連載している「何か選抜ベスト5」シリーズの中では、
  前々回の「夕焼けの第1位の写真」は、その駐車場から見えた光景です。






開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


誰でも知っているアフリカの草原で生活する有名なシマウマやヌー以外にも、
多くの動物たちが、虫たちと同じように群れで生活しています。

日本では、あまり大きな群れを見かけることはありませんが、
ムクドリやカラスなど、市街地に住む鳥類が集団で生活しているようです。



今回は、虫の写真を撮っているときに見かけた「虫以外の集団ベスト5」です。




第5位: 河原のシラサギ集団
イメージ 2
2004年7月3日 西条市・愛媛

窓を開けて、普通に車を走らせていると、得体の知れない音(声?)と匂いを感じましたが、
橋を渡っているとき、右側の河原にシラサギの大集団が目に飛び込んできました。

 ⇒まさに予想どおりという感じで、白いゴミが散らばっているようでした。

ネット情報によると、シラサギはペリカン目サギ科のうち、ほぼ全身が白いサギ類の総称で、
ダイサギ、チュウサギ、コサギ、カラシラサギ、アマサギなどの種がが知られています。

 ⇒ただ、写真による種の同定は素人には難しく、大きさや、くちばし、脚の色、
  冠羽の有無などで、種名を特定するようです。
  シラサギの仲間は、しばしば他の種類のサギたちと同じ個所に集まって営巣・繁殖し、
  このような集団繁殖地(コロニー)は、鷺山(さぎやま)と呼ばれています。








第4位: オナガガモの密な集団
イメージ 3
2018年12月18日 ひたちなか市・茨城

たまたま条件の良い場所がこの1か所にしかなくて、結果的にこうなったのか、
あるいは、他個体を意識してお互いに寄り添うような集団になったのか不明ですが、
天敵に対するエスケープ効果はありそうです。

 ⇒まだ水面にいて上陸場所が見つからない「ドジな子」は、
  私には、居場所が見つからず、開き直っているいるようにも見えます。








第3位: イワシの群れ
イメージ 4
2002年8月25日 葛西臨海水族館・東京

大型の水族館では、よく見かける状態ですが、子供たちは真剣に見つめています。

先頭を泳ぐリーダーは決まっているのかとか、夜はどうしているのかとか、
食事はどうするのか、色々考えているのでしょう・・・多分(?)。

 ⇒もちろん、こんな群れを形成する理由は、大人(?)の研究者の間では、
  いろいろ考察されていますが、天敵に対する防御効果も大きいようです。








第2位: ワニの集団(?)
イメージ 1
2010年8月14日 別府温泉・大分

別府温泉の地熱を利用したガラス室の生体展示スペースで見かけた光景ですが、
自然の生息場所では、こんなことは起こらないと思います・・・・・(多分)。

 ⇒観光客が沢山いましたが、もちろん写真を撮っているのは私だけでした。
  家族連れの多くは、さりげなく通り過ぎて行きましたので、
  あまり子供には見せたくなかった光景だったのですかね・・・?







第1位: ヤマアカガエル幼生の群れ
イメージ 5
2012年4月28日 だんぶり池・青森

期待外れ(?)の第1位の(個人的には一番感動した!)写真です。

ようやく雪が解けた北国の池では、ものすごい数のオタマジャクシの集団を、
ほぼ同じ場所で、毎年見ることができます。

泳ぐというより、何か必死にもがいているようにしか見えませんが、
これだけ沢山いるのに、いわゆる「カエルの大発生」の状態になりません。

 ⇒毎年こんな光景が見られるので、天敵とのバランスがとれているのでしょう。
  
  



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


車中泊しながら旅をするメリットは沢山ありますが、そのうちのひとつが、
感動的な夕焼けや朝焼けの瞬間を、いとも簡単に撮影できることです。

パソコンの写真ホルダーに保存されている赤い(?)写真を探していると、
朝焼けなのか夕焼けなのか、撮影時刻を確認しないと分からないことがあります。





今回は、撮影時刻を確認した「夕焼けの写真 ベスト5」です。



第5位: 岩木山(青森)
イメージ 2
2010年5月17日 津軽地球村・青森

岩木山と朝焼け・夕焼けの写真は、風景ホルダーに沢山保存されていますが、
前景に写っている自販機とのミスマッチ(?)が好きで、選択しました。

 ⇒弘前に移り住んで間もない頃、この写真を撮ってから家に帰ると、
  真っ暗になって家族に心配させましたが、懐かしい思い出です。








第4位: 室蘭(北海道)
イメージ 3
2014年7月1日 道の駅みたら室蘭・北海道

北海道旅行中に、夕焼けが奇麗に見えそうなので、予定を変更して、
海のそばにある道の駅で車中泊することにしました。

日帰り温泉があるので、駐車場はほぼ満車状態でしたが、
写真を撮っている人は誰ひとりいませんでした。

 ⇒ただ、右側に写っている親子が、なかなか良い雰囲気で、
  私と同じように、夕陽を見て感動していたと思います。









第3位: 日本海(秋田)
イメージ 1
2009年6月17日 道の駅にしめ・秋田

この頃は、愛犬アイン君も元気で、夫婦で出かけるときはいつも一緒でした。

 ⇒日本海側を走るときは、夕陽の撮影スポットが多く、
  車中泊する人たちは、必ずカメラを持っているようです。









第2位: 瀬戸内海(香川)
イメージ 4
2004年1月31日 与島PA・香川

瀬戸大橋のほぼ中央に位置する与島PAは、やはり夕陽の撮影ポイントですが、
高速道路なので、車中泊する人はあまり見かけません。

 ⇒当時住んでいた徳島の家に帰るときには、夕陽が沈む時間に合わせて、
  さりげなく時間調整しながら車を走らせていました。








第1位: 城ヶ倉(青森)
イメージ 5
2017年7月25日 城ヶ倉・青森

自宅から1時間かからないで行ける城ヶ倉大橋のトイレの常夜灯は、
見通しが良くかなり明るいので、沢山の虫たちが集まってきます。

 ⇒いつも、こんな景色を見た後に、真っ暗になってから、
  常夜灯に集まってくる虫たちの写真を撮っています。







開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


虫たちの写真を普通に撮って、しばらくしてから見直すと、
「おっ! これは、ちょっとだけアート??」
と勝手に決めつけてしまうような写真が出てきます。

 ⇒どこがアートなのか、定義も選択基準も何もない全くの思い込みですが・・・




今回は、そんな恥ずかしい写真のベスト5です






第5位: ヒオドシチョウの蛹(タテハチョウ科)
イメージ 4
2015年6月7日 だんぶり池・青森

ヒオドシチョウの幼虫は、北国にはエノキがほとんどないので、バッコヤナギの葉を食べます。

卵塊から孵化した幼虫が集団で葉っぱを食べた後、通常は木を降りて、
下枝や周囲の草木の枝や葉裏などで、蛹になることが知られています。

 ⇒しかし、この子たちは、ほとんどの葉っぱを食べ尽くして、  
  その場所で、クリスマスツリー(?)のように、蛹になっていました。







第4位: 多分ノシメトンボ(トンボ科)
イメージ 3
2011年9月26日 はねがわ森林公園・秋田

早朝にトンボの写真を撮ると、このように、
水滴が付いた翅が、微妙に朝日に輝くことがあります。

この日は気温が低く、朝もやの中で撮影中に気付きました。

 ⇒早くも(?)葉っぱを落としてしまった木の枝に、
  3匹のアカトンボが浮き上がって見えました。

多分、とても飛び立てるような状態ではなかったと思います。









第3位: オニグモ(コガネグモ科)
イメージ 2
2011年9月25日 道の駅ことおか・秋田

車中泊した道の駅の街灯の近くに、オニグモが巣網を張っていました。
ときどき通りかかる車のライトに、クモと巣網が美しく反射して、ちょっとだjけ感動(!)。

あまり人通りがなく、時間も十分あったので、夜の巣網の撮影に挑戦しました。

 ⇒カメラの撮影条件を変えて、何回かシャッターを押してみましたが、
  この写真には、よく見ると右側に停車中の車が写っています。








第2位: オビガ幼虫(オビガ科)
イメージ 1
2017年7月19日 矢立峠・青森

長い毛束を思い切り伸ばしたオビガの幼虫は、なかなか良い被写体で、
白・赤・黒・橙の4色とそれぞれの中間色が見事です。

 ⇒対象が逃げないので、カメラの撮影条件を変えて、
  様々な角度からシャッターを押すことができました。

  やっぱり、真横からのこの写真がベストです。









第1位: イタドリハムシの食痕
イメージ 5
2012年7月19日 梵珠山・青森

この食痕を見たときは、ちょっとだけビックリしました。

ときどき見かけるアメシロとか、フキバッタなどの食痕に比べて、
植物の方も、これだけ見事に虫たちに食べられたら本望だと思います。

 ⇒普通は、幼虫が食べつくす前に、蛹になってしまうか、
  別の葉っぱに移動するのかもしれませんが・・・








開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


車中泊しながら旅をするメリットは沢山ありますが、そのうちのひとつが、
感動的な「夕焼け」や「朝焼け」の瞬間を、さりげなく撮影できることです。

パソコンの風景ホルダーに保存されている赤い(?)写真を探していると、
朝焼けなのか夕焼けなのか、撮影時刻を確認しないと分からないことがあります。

 ⇒何か違いがあるのか、さりげなく調べたことがあるのですが、
  結局、一瞬を記録する写真だけでの識別は無理のようです。




今回は、撮影時刻を確認した「朝焼けの写真 ベスト5」です。







第5位: 若狭湾(京都)
イメージ 5
2004年8月7日 若狭湾・京都

水面に反射する棒のような太陽は、普段見ることはない珍しいい光景です。

 ⇒どのような条件が揃うと、こんな瞬間が見られるのでしょうか?
  







第4位: 弓ヶ浜(鳥取)
イメージ 4
2007年4月29日 弓ヶ浜・鳥取

美保湾と中海を隔てた弓ヶ浜半島の海岸にある駐車場で、妻と車中泊しました。

おそらく夏には大混雑する場所のようですが、他にはキャンピングカーが数台だけで、
モーニングコーヒーを飲みながら、朝日が昇るのを待っていました。

 ⇒そして、全く予期していなかったのですが、
  「ついにダルマ太陽を、肉眼で見ることができたのか!!」
  と、ちょっとだけ感動した一瞬の出来事でした。








第3位: 富士山(山梨)
イメージ 3
2014年8月20日 木賊峠・山梨

遠くもなく近くでもないく(!)富士山を見ることができる木賊峠は、
おそらくあまり知られていない撮影スポットだと思います。

 ⇒もちろん、富士山の写真を撮るためにではなく、
  発電機を使った灯火採集(写真撮影のみ!)が目的でした。








第2位: 深坂峠(長野)
イメージ 2
2018年8月4日 深坂峠・長野

この写真も、友人夫婦と灯火採集した後の翌朝、
ちょっとだけ早起きして、朝日の撮影に挑戦しました。

明け方、真っ暗な状態から起きだして、うす明るくなった東の空を見つめているとき、
予想外に早く時間が経過しているのを感じていました。

そして、うす紫色だった東の空が、少しずつ赤くなって、鳥の声も聞こえてきたとき、
ぼんやりと、灰色の雲が見えてきました。

残念ながら、快晴ではないと判断した直後、
本当に突然に、真っ赤な太陽が顔を出したのです。
 








第1位: 扇沢(長野)
イメージ 1
2001年8月17日 扇沢・長野

徳島に住んでいた頃、次女と出かけた信州旅行で、こんな写真を撮ってみました。

何故、早朝に娘と一緒にいたのかは、あまり記憶がないのですが、
立山黒部アルペンルートのトロリーバス出発待ちの時間だったのかも・・・

 ⇒おそらく、誰もが一度は挑戦する構図ですが、
  シャッターチャンスが予想外に決まっていますので、
  今回のシリーズの第1位としました。






開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事