ルアーフィッシングin北9

キャハ━━━(#゚ロ゚#)━━━━ッ!!

全体表示

[ リスト ]

黒岳

 
 
久住方面はどーも人だらけなイメージしかないのであまり
気が進まなかったけどたまにはいいいかと思い
眼鏡和尚の希望により大分県の黒岳へ行ってきました。
 
一睡もできないまま夜中三時に和尚ハウスに集合し出発。
 
大分マスターの班長が使う邪道スペシャル裏道を使い
高速代を節約して尚且つ時間もあまり変わらない道で6時過ぎに到着。
 
 
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
登山口にある黒嶽荘。
用意を済ませ登山届けを提出。
 
 
今回の工程は、
 
黒嶽荘〜前岳〜上台ウツシ〜高塚山(黒岳)〜天狗分れ〜天狗岩〜風穴〜上峠分岐〜雨堤〜黒嶽荘
 
 
このコースはコースタイムも長く風穴から先は不明慮な部分もあるみたいで
初心者向けではないようだけどなんとかなるやろ?と出発。
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
用意をしてると餌をくれると思ったコロ助が果敢に
アタックしてきます。(笑
*名前は勝手に命名。
 
 
イメージ 22
 
 
 
 
 
 
イメージ 31
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
登り始めから急登で体が出来てないんでかなり辛いです。
海苔に覆われた岩が続きます。
 
 
 
 
 
 
イメージ 32
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
30分程歩くと白水荘との分岐
 
 
 
 
 
 
イメージ 33
                        幻の抜けケ岳も偶然発見♪
 
 
 
イメージ 34
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 35
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前岳山頂。
 
 
 
イメージ 36
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左から大船山・三俣山・平冶岳
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
途中雪も残ってました。
 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高塚山(黒岳)山頂♪
ここから下って行き初めて登山者と遭遇。
 
 
 
イメージ 7
天狗岩
 
山頂は人口的に岩を積んだような不思議なとこです。
 
 
 
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天狗分れから15分程で山頂。
 
 
 
 
イメージ 11
天狗岩山頂
 
岩にペンキで1556天狗
時折吹く突風で体もってかれそうです・・・
 
 
 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うっすらと由布岳も見えます。
うっすらとしか毛のない和尚も
隣にいます。
 
 
 
イメージ 13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
天狗岩下りた風のないとこで早めの昼ごはん
 
 
 
イメージ 14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
木っ端微塵になった和尚の
シュークリーム(笑
 
 
 
 
イメージ 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
風穴への下りはガレ場の急斜面で滑りやすいので注意が必要です。
 
 
イメージ 16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
中は凍結してます。
 
用意のいい和尚はアイゼンを持ってきてたんで内部へ潜入
 
和尚のアイゼンを借りて自分も潜入ライトを持って入らなかったんでなんも見えません。
 
4本爪のアイゼンが使い難くて
散々和尚にケチをつけて返却(爆)
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 19
 
 
 
 
 
 
イメージ 20
上峠分岐
案内は擦り消されて「行くな!迷う!」な〜んて書かれてます。
その下には木で「上峠」の新しい案内版があります。
 
行くな!迷う!の上峠へ進みます。
地図好きで等高線オタクの和尚が最高のルートファインディングをしてくれるだろうから安心です(笑
GPSもあるしね〜
 
 
イメージ 21こ〜んな岩場を延々とトラバースして行きます
 
踏み跡は和尚の頭のように薄いですが
目印のテープはあるから見落とさなければ
大丈夫です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 23
 
 
 
 
上峠分岐ですが上峠へは進まず先へ行きます。
 
目印はず〜とあります。
 
 
イメージ 24
 
 
 
 
カツラノモトへ到着。
 
 
 
 
 
イメージ 25
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
急な下りも終わりのんびりした登山道へ
 
 
 
 
 
イメージ 26
 
 
 
最後の案内板を曲がり長かった下りも終わり。
 
 
 
 
 
 
イメージ 27
 
 
イメージ 28
 
の〜んびり歩いて途中で遊んだりして帰り着いたのが丁度3時だったんで8時間の工程でした。
真面目に行けば7時間くらいでいけそうですね。
 
イメージ 29
由布岳
近くで見ると凄いね〜♪
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 30
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事