ここから本文です
いきあたりばっ撮り
人も歩けば鳥にあたる

書庫全体表示

記事検索
検索

全504ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

瓶ヶ森花鳥虫木

鳥見の効用は非日常感である。
それによって日常と違った視点が開け、発想が逆転し、価値観が修正され、情緒のバランスが保たれる。
必ずしも鳥が現れる必要はないが、コンテンツとしてはいるに越したことはない。
趣味はスパイスだから、多過ぎてもいけない。
毎日が非日常では、そちらが日常になってしまう。
何が言いたいかといえば、収穫のない時の弁明である。
瓶ヶ森は非日常感溢れる空間だった。

アサギマダラは標高の高いところで繁殖するらしい。
イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


林道沿いにはヤマアジサイが繁茂していた。
イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


五葉松の枯れ木は鳥たちのお立ち台。ホシガラスは来なかったが。
イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10

この記事に

鳥友が、見張りを始めたオスのアオバズクを、初めてアップしたのが5月22日だった。
そこから抱卵期間25日、育雛期間28日と計算すると、少なくとも7月14日までには巣立ちが見られると当たりをつけていた。
7月の8日にメスが一緒に見張りを始めたのを確認し、いつ出てくるかと楽しみにしながら、毎日チェックした。
リミットの14日までにメスは同じ場所で見張っていたが、オスの姿を見失った。
ひょっとしたらうまくいかなかったのかと、がっかりしながら3日間地元を離れた。
諦めかけたところ、18日に2羽が巣立ったとの情報が入った。
早速翌日、出かけると4羽の子が巣の近くに親鳥と一緒にいた。
最初の子は巣から落ちたのを近所の人が見つけて、バーダーさんの手で樹上に戻されたらしい。
特に逸れた様子はなかったので、無事家族に戻ったようだ。
何はともあれ安堵の胸をなでおろした。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8

この記事に

ブナ林のカケス

四国の森は深く険しい。
林道の両側は切り立った崖だから、鳥も奥深く潜んでしまえば、人の目は届かない。
留鳥のカケスは宿のあたりにも寄ってくるらしいが、それだけを狙うにはちょっと物足りないし、時間もない。
たまたま林道を横切ったところを、かろうじて捉えることができたが、ちょっとときめいた鳴き声を頼りにのぞいて見たら、案の定ソウシチョウだった。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6

この記事に

加茂川源流のヒガラ

西条市を早朝出発し、美しい加茂川の流れに沿って、深い緑の谷間を遡る。
やがて5432mの新寒風山トンネルを高知県側に抜けると、すぐに瓶ヶ森林道の入り口に差し掛かる。
曲がりくねった狭い坂を登りきると、旧寒風山トンネルの出口と合流する。
そこから瓶ヶ森林道の大パノラマが展開する。
稜線を縫うUFOライン、南面の土佐側に落ち込む谷に源を発する吉野川の源流地点、登山口や峠を過ぎて土小屋へ向かうブナ林で、また、加茂川の源流のかすかな水の滴りと交わる。
そのたまり水にヒガラの群れがきて水浴びをしていた。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8

この記事に

瓶ヶ森林道のオオルリ

この連休、四国の瓶ヶ森林道から土小屋に出かけたのは、ネタに事欠くこの頃、ホシガラス、オオルリ、コルリ、あわよくばコマドリまでと皮算用したからだったが、いって聞けばわたしの暑さボケの妄想だったようだ。
いけばホシガラスは堅いなどと鳥友に吹聴して出かけたが、いればの話、フレンドリーな鳥で堅いと修正する。
ホシガラスは秋に五葉松の実が熟れ頃に、瓶ヶ森に来ていたが、最近はカラスに追われて見られなくなったとか。
あらまほしきは最新の情報なり。
オオルリだけはガイドブック通り、縄張り宣言の高鳴きをしていたが。
いいさ、何も鳥ネタだけがテーマじゃない。
花鳥風月併せ飲む度量こそが我がブログの誇るところ・・・だったっけ。

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


イメージ 12

この記事に

全504ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事