ここから本文です
ポルトガルの忘れられた文化 Cultura Portuguesa
.Cultura Portugueca Esquecida/Pesquisa em Portugal

書庫昔からDesde sempre

すべて表示

息子がポルトガルの南ファロの大学に入ってアパートを借りた。そこを覗きがてら覗いた民族博物館
昔のポルトガル人のエコ生活が・・・

未亡人の黒装束の老婆は、台所で料理をしながら椰子の葉っぱで敷物を編んだり籠を作ったり・・・
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
          キッチンの竈はシンプルそのもの
イメージ 5

居酒屋を兼ねた万屋・・
イメージ 6
商品が天井からぶら下がる・・
イメージ 7

イメージ 8
手作りの箒とジャガイモ袋
イメージ 9
         テラコッタの鍋やクリ焼きも・・
イメージ 13

          石窯のパン屋
イメージ 10
    農機具
イメージ 11
地中海の街は漁港が主に
イメージ 12

地中海の海は穏やかで、囲い込み漁法
イメージ 14

海で命を懸ける漁師の妻たちは信心深かった・・
イメージ 15
まさに祈りの部屋・・・

たくましく生きてるぞ〜〜という活力が伝わってくる昔の生活・・

交通手段はロバ
そのロバの背に水やワインを入れた壺を運んだ
ロバはただの家畜ではなく大切な労働の担い手でもあった
だからロバのデコレーションも・・・
イメージ 16
鞍のデコレーション
イメージ 17

背中の振り分け袋
イメージ 18

すべて手織り・・・

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • Artezanato Portug...

    2017/6/2(金) 午前 5:50

    なんだかヤフーの更新がやたらと込み入って混乱 でも無事到着! 先週の骨董市で見つけたお針刺し あまりにもユニークなのでついついお持ち帰り いままで骨董市でいろいろ見たけれど、こんなユニークなの見たことがない 人と同じものを作らないポルトガル人の昔の女性 針仕事も楽しくなりそう ...すべて表示すべて表示

  • クロッシェの針  Crochet

    2017/2/12(日) 午後 8:00

    ずっと前に骨董市で見つけたクロッシェの針ホルダー 大切に使っていた人の気持ちが、ホルダーにも・・・ クロシェの名人アリスおばあちゃん(97歳)に言わせると、針はメーカーによって全く違うと。特に細い針はこだわったそうだ。縫い針ぐらいの細さで、無理に力を入れると折れてしまいそうな細い針も・・・私はただ眺めるだけ ...すべて表示すべて表示

  • 扇子 Leque Japones

    2017/2/5(日) 午前 6:29

    知り合いのおばあちゃんが、ぼろぼろだけどいらなかったら捨ててね・・と 要が取れてバラバラになって紙もはがれた小さな扇子を下さった。 紙がぼろぼろするのをそっと広げてみると・・手描きの華やかな絵が・・ 隠れた端っこには小さな字で1908と書いてある。製作年月日 1908年というと 明治41年。ちょうどポルトガルの領事・・のち ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事