ここから本文です

サマクロ2017 | お笑い版『夏フェス』!よしもと漫才劇場ほか

書庫全体表示


人気ユニットが「サマクロ」で真剣勝負! 
満員御礼の「サクラライブVSみつあみ」

よしもと漫才劇場の芸人が総出演した「サマクロ2017 〜Summer Crossing〜」が、8月26日(土)に行われました。よしもと漫才劇場での「サマクロ」ラストプログラムは、「サクラライブVSみつあみ」。ジュリエッタ、トット、ラフ次元からなる「サクラライブ」と、見取り図、吉田たち、東京から参戦のコマンダンテからなる「みつあみ」による、今日しか見られないユニット対決です。人気者たちが揃い踏みとあって、場内は立ち見が出るほどの熱気に包まれていました。

イメージ 1

イメージ 2

みつあみメンバーはビシっとポージングを決めて絆の強さをアピールし、サクラライブの面々を圧倒。オープニングトークからすでに戦いがはじまっている模様です。

イメージ 3

お互いのライブで好評のコーナーで対決ということで、まずは、「みつあみpresents 答えを当てましょう!」から。「出されたお題の回答者が誰なのか?」を推理して当てるクイズです。

イメージ 4

1問目は『新進気鋭のヴィジュアル系バンドの名前』。「みつあみ」のコマンダンテ・安田、見取り図・リリー、吉田たち・こうへい、「サクラライブ」のトット・多田、ジュリエッタ・藤本、井尻が考えた回答を、「みつあみ」のコマンダンテ・石井、見取り図・盛山、「サクラライブ」のトット・桑原、ラフ次元・空が当てます。「このクイズで荒稼ぎしてきました!」と自信を覗かせる見取り図・盛山は、「書きそう」とコマンダンテ・安田案「ピロロバザー」を見破り正解。最終的に「サクラライブ」の方が正解数が多く優位に。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

2問目は『新しい年号』。「みつあみ」のコマンダンテ両名、見取り図・リリー、「サクラライブ」のラフ次元・空、トット・多田、ジュリエッタ・藤本の回答を、「みつあみ」の見取り図・盛山、吉田たち・こうへい、「サクラライブ」のラフ次元・梅村、トット・桑原が推理します。6個中2個だけ異なりますが、両チームともその他はすべて同じ答えに。コマンダンテ・安田のものだけには絶対に当てる自信を持つ見取り図・盛山ら「みつあみ」が見事に当てて、さらにはパーフェクト解答のミラクルが。結果、「みつあみ」が大勝利を収めました。

イメージ 10

つづいて行われた「SAKURA LIVE presents 熱湯ゲームリレー!」は、ヘッドギアに付いたコップに熱湯を注ぎ、こぼさないようにゲームを遂行するハードなもの。棒くぐり&なわとび、バランスボール&リフティングとどれもバランスを崩し熱湯を浴びる危険度の高いものばかりです。メンバーたちは熱い思いはしたくないとばかりに、そろりそろりと与えられたゲームを遂行。時折、観客席から「あぁ」と悲鳴が漏れます。アンカーは、「みつあみ」の見取り図・リリーとラフ次元・梅村。学ランの早着替え&ボールキックをこなさねばなりません。先に着替え終えたのは梅村でしたが、吊るされたボールに足が届かず。サラッとリリーにキックを決められてしまい、「サクラライブ」は敗北してしまいました。

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

そして泣きの1本とばかりに、綱引き対決が提案されます。「サクラライブ」のメンバーは次こそ勝利をと気合を入れて臨みます。みな必死で綱に食らい付く中、これ以上ないくらいに身体を仰け反らせ引っ張るコマンダンテ・安田の姿にお客さんは大笑いです。大奮闘の末、「みつあみ」が勝利を引き寄せました。この結果に、「サクラライブ」のトット・桑原は「クイズでパーフェクトを出した時点でわかってた」と、「みつあみ」の勢いの良さが勝敗を分けたと分析し、肩を落としていました。

イメージ 15

トット・多田より「また来年のサマクロで」と締めの挨拶があり、終了。次回の「サマクロ」で、ふたたび人気者たちの対決が見られるかもしれません。


本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事