ここから本文です

書庫全体表示


Adrian Copilul Minune - Jumatate tu, Jumatate eu
イメージ 1

ルーマニア北西部、マラムレシュ地方の中心都市バイア・マーレ。
その新市街から東へ1キロほど歩くと旧市街の中心、自由広場に着きます。

広場から南へしばらく進んでいくと市が出ていました。


写真は市場の脇に建っていた石のサイロ。
綺麗な絨毯もたくさん掛けられていますね。

手前には旧東欧の象徴、トラバント車がいます。

イメージ 2

市場はのんびりとした風情でした。
露店にはたくさんの野菜や果物、肉や香辛料が売られています。

店の売り子は皆老人でした。

イメージ 3

真っ黒な頭巾を被ったおばあちゃん。麦藁帽子を斜めに被ったおじいちゃん。
のんびりとした老人たちは声を張り上げることなどなくぼんやりと店の前に座っていました。
私が近づきカメラを向けると皆ニコニコと笑いかけてきます。

イメージ 4

珍しいものが売られているわけでもない。華やかな民族衣装の人々がいるわけでもない。

けれども、彼らののんびりさ加減と穏やかな雰囲気は、市場全体をなんともいえない和やかさで包み込んでおり、なんだかこちらまで癒されてしまいます。

私は、何をするということもなく、いつまでもそこにぼんやりと居続けてしまったのでした。




  • 顔アイコン

    癒し系市場なんですね^^
    ご老人たちばかりが店番をやっている市場は特徴的かもしれません。
    ↑の音楽を聴いて思ったのですが、ロシア圏や東欧では伝統的な旋律をダンスミュージックに組み合わせた音が人気なのですかね。ブログともだちのTOCKAさんのところでロシア圏の音楽をいろいろ聞かせていただいたのですが、それらと↑の音のつくり方が似ているのでおぉと思いました。

    lotusrayeighty

    2009/1/17(土) 午後 5:29

  • 顔アイコン

    現在モスクワですが、近所の市場に行って、豚の挽き肉、豚足、脂身が乗った腹下の皮付き肉等を買って来ました。ここではウズベキスタンの人達が結構多く働いています。トルコ語のような響きだったので、少し尋ねてみると、「ウズベク語だよ♪ところで、何所から来たの?」と明るく会話が始まりました。私は整然としたスーパーマーケットよりも一寸猥雑とした感じのマーケットの方が好きなのかもしれません。今日もウズベクのお兄ちゃん達が捌いた豚肉等を丸ごとの形で担いで運んでいました。豪快そのもの。今日はカレーでも作ろうかな♪こちらは肉が美味しいし、骨周りやゼラチンのスープも格別に美味しいので、カレーも当然美味しく出来ます。へへへ♪

    [ hajmo_rakija ]

    2009/1/17(土) 午後 8:06

  • 顔アイコン

    ロータスさん、ルーマニアで流行っているのはオゾンみたいなダンスミュージックのようです。オゾンもルーマニア語でルーマニアマーケット向け音楽ですよね。
    ↑の音楽はちょっと特殊で、「マネーレ」というジプシーのポップスです。動画のアドリアン・コピール・ミヌーネは、その第一人者だそうです。ルーマニアでジプシーが蔑まれているように、マネーレもジプシー以外のルーマニア人からは嫌われているそうです。

    さるみみの見た世界

    2009/1/17(土) 午後 9:23

  • 顔アイコン

    ラキアさん、東京もすごく寒いですが、モスクワと聞くだけでものすごく寒そうですね。
    ウズベク人が結構いるんですか〜、面白いですね。
    豚肉、骨周りやゼラチンのスープ、カレー、めちゃくちゃうまそうですね。

    さるみみの見た世界

    2009/1/17(土) 午後 9:25

  • 顔アイコン

    先日もコメントしましたが、お国によって、市場の店番の人の違う所が面白いですね。ここは、男女問わずに年配の方が多いのですね。
    何ででしょうねぇ。
    私の日本の実家の側に、私がまだ小学生の頃、市場が出来たのですが、母と良く買い物に行きました。日本では働き盛りのおじさんおばさん達が仕切っていましたね。他の市場は知りませんが、そこに行くのが大好きでした。たまにお裾分けで、みかんを貰ったりして(笑)

    ここは和み系の市場なのですね。市場と言うと活気と言う言葉が思い出されますが、まさか、和むなんて...海外でこうした発見をするのは楽しいですよね。

    Bijou

    2009/1/17(土) 午後 10:22

  • アバター

    わあ、この絨毯、欲しくなってしまいます^^。
    重くて持って帰るのが大変そうですが。。。

    紫桜

    2009/1/17(土) 午後 11:55

  • 顔アイコン

    Bijouさん、日本では、特に都会では市場らしい市場ってなくなりつつありますね。商店街も滅びつつあるし。
    今や買い物はデパ地下ですかね?

    和み系の市場、こんなまったりとした市場は初めてでした。
    アジアの市場は喧騒に包まれていますね。

    さるみみの見た世界

    2009/1/18(日) 午前 9:34

  • 顔アイコン

    紫桜さん、こんなでっかい絨毯は持ち帰れないですね。
    絨毯とか布って、なんだか欲しくなってしまいますよね。

    さるみみの見た世界

    2009/1/18(日) 午前 9:35

  • 顔アイコン

    オゾンはモルドバ出身のグループでモルドバ語はルーマニア語の地方語だそうです(TOCKAさん談)。ジプシー音楽なんですか。音楽は民族的な対立感情や差別や蔑みを超えることができると思ったのですが、そうはいかないようですね。素敵な音だと思いますけど。
    …ラキアさんのカレーがずいぶん美味そうですね。

    lotusrayeighty

    2009/1/18(日) 午後 2:15

  • 顔アイコン

    話題の逸れたコメントでスイマセン。

    カレー、今回は写真を撮ってないんです・・・。

    豚足と骨周りの肉でスープを作ると、後は醤油、ケチャップ、カレー粉を加え、小麦粉とカレー粉、胡椒を油で炒めたものを流し込めば、出来上がり。具には細かく刻んだ大蒜&生姜、カカオの割合の高いチョコレートを一寸、ジャガイモ、ニンジン、玉葱。普通です。でも、日本で作るより肉も野菜も美味しい分だけ、こちらで作った方が美味しい気がします。

    スパイスはウズベクの人達が色々と売っているので、それらを色々と使うのも面白そうです。

    以上、モスクワからカレーネタでした。

    [ hajmo_rakija ]

    2009/1/18(日) 午後 6:19

  • 顔アイコン

    おぉ。なんと美味そうなレシピなんでしょう。胡椒も炒めるのですね。チョコレートを入れるのは試したことがないです。日本でどれくらい美味い豚スープをとれるかがあやしーですが、さるみみさんぜひつくってみようではないですか。

    lotusrayeighty

    2009/1/18(日) 午後 8:17

  • 顔アイコン

    完全に脱線でスイマセン。さるみみさん、Lotusさん、私のブログに豚肉の料理(の過程)の写真をアップしました。これらは今滞在しているロシアでの写真ではなく、何れも昨年度末のベラルーシ滞在時のものですが、お暇な時にチェックしてみて下さい。ラキヤ

    [ hajmo_rakija ]

    2009/1/18(日) 午後 9:41

  • 顔アイコン

    ロータスさん、マネーレは歌詞が色恋や金などばかりなので、ルーマニアのインテリには知的ではないと毛嫌いされているみたいです。ジプシーの歌というところも蔑視されている要因なんでしょうけどね。
    カレーは、自分で作ってみたいのですが、本格的な料理を作ったことがないのです。

    さるみみの見た世界

    2009/1/19(月) 午前 0:23

  • 顔アイコン

    らきあさん、かなり本格的なレシピですね。
    レシピを見ると作るの楽しそうですね。そして、旨そうです。
    料理の写真、後ほど見にお伺いしますね。

    さるみみの見た世界

    2009/1/19(月) 午前 0:25

  • この雰囲気、良いですね〜。
    のんびりしていて、和んでしまいます。
    最初の写真、多分私も、このあたりを歩いたと思います。なんとなく、覚えてます。l

    HIROE

    2009/1/26(月) 午後 1:00

  • 顔アイコン

    ひろえさん、いいでしょう。
    バイア・マーレに行ったのなら、この辺は歩いているんでしょうね。

    さるみみの見た世界

    2009/1/27(火) 午前 0:18

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事