ここから本文です

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]


Tarkan - Dudu
イメージ 1

トルコ、イスタンブールにある「グランドバザール(カパル・チャルシュ)」です。
イスラム世界で一番華やかで、一番有名なバザールですね。
カパル・チャルシュとは、屋根付き市場という意味だそうです。

イメージ 2

内部は、明かり窓の付いた美しいアーケードとなっています。
お店は貴金属なら貴金属の界隈、絨毯なら絨毯の界隈と、種類ごとに固まっています。
カフェやジューススタンドもあって、くつろぐこともできますよ。

いかにも中東のバザールという感じです。

イメージ 3

イメージ 4

このバザールは、市民の買い物のための市場というより、もはや旅行者や地方からやってきた人のための観光名所的な感じになっています。

売られているものも、貴金属類をはじめ、高価なものばかり。
でも、イスタンブール人も結婚の時は、贈り物を買うためにここに来るのかな?

イメージ 5

イメージ 6
色とりどりのランプが売られています。 他にもでっかい水煙草の器具とか、コーヒーミルとか、トルコ絨毯とか、ウインドウショッピングに最適なものばかり。 買いはしませんが、見ているだけで楽しいです。 それに、このバザールには日本語使いがたくさん! どこで仕入れたのか、最新の日本のギャグを使って話しかけてくれます。 この時は、「なんでだろう〜♪」をよく言われました(笑)
イメージ 7
トルコのお守り「ナザール・ボンジュウ」がたくさん並べられています。 災いをもたらす悪意のある視線を跳ね返す目玉、それがナザール・ボンジュウ。 これは、イランにもあるそうで、よく玄関先に飾られたり、小さいものを携帯したりしているそうです。 ナザール・ボンジュウは紀元前からあるという話もあります。 目玉おやじみたいですね〜。
イメージ 8

この質素な市場は、エジプシャンバザール(ムスルチャルシュ)。
昔、エジプトの品を多く扱っていたことからこの名が付いたそうです。
ここは庶民の市場です。

エミノニュ地区のイエニ・ジャミイの裏手のごちゃごちゃとした界隈にあって、内部には生鮮食料品やスパイス、お茶など、日常で必要になるものが売られています。
大規模なグランドバザールに比べてこちらの規模は少し小さめ。

お土産物も売られていて、グランドバザールよりもリーズナブルです。
グランドバザールは見る市場、ここは買う市場かもしれませんね〜。

イメージ 9

エジプシャンバザールは、別名「スパイス・バザール」とも呼ばれているそうです。
そのため、内部はスパイシーな香りで充満しています。
それがまた、たまらない!

私はここでエルマチャイ(リンゴ紅茶)と蜂蜜(蜂の巣そのままのもの)を買いました。

イメージ 10

イメージ 11
お魚もたくさん売られています。 イスタンブールといえば、ガラタ橋に鈴なりになって釣りをする人が有名ですが、彼らが釣った魚はここで売られているのでしょうかね? 値段に0がたくさんついていますが、2005年に100万トルコリラを1新トルコリラに変えるデノミネーションが行われたため、いまはこんなに0はついていないと思います。



Adrian Copilul Minune - Jumatate tu, Jumatate eu
イメージ 1

ルーマニア北西部、マラムレシュ地方の中心都市バイア・マーレ。
その新市街から東へ1キロほど歩くと旧市街の中心、自由広場に着きます。

広場から南へしばらく進んでいくと市が出ていました。


写真は市場の脇に建っていた石のサイロ。
綺麗な絨毯もたくさん掛けられていますね。

手前には旧東欧の象徴、トラバント車がいます。

イメージ 2

市場はのんびりとした風情でした。
露店にはたくさんの野菜や果物、肉や香辛料が売られています。

店の売り子は皆老人でした。

イメージ 3

真っ黒な頭巾を被ったおばあちゃん。麦藁帽子を斜めに被ったおじいちゃん。
のんびりとした老人たちは声を張り上げることなどなくぼんやりと店の前に座っていました。
私が近づきカメラを向けると皆ニコニコと笑いかけてきます。

イメージ 4

珍しいものが売られているわけでもない。華やかな民族衣装の人々がいるわけでもない。

けれども、彼らののんびりさ加減と穏やかな雰囲気は、市場全体をなんともいえない和やかさで包み込んでおり、なんだかこちらまで癒されてしまいます。

私は、何をするということもなく、いつまでもそこにぼんやりと居続けてしまったのでした。




全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事