リアハンドブレーキ

リアハンドブレーキ。


通常リアブレーキは、右足ですな。

エクストリームなど、特殊な使用では、ステップから足を外すので、右足で使えません。


そこで、原付のように左手でかけられるようにします。

クラッチレバーがジャマだけど、2連で取付けます。

リアキャリパーは2連で取付ける場合もありますが、

今回は こんなイメージ!

イメージ 2


リアブレーキのタンクの取付け口に クラッチマスターからのブレーキラインを接続します。

足からの入力も変化なく行え、 左手からの入力も出来るという物!


良く考えますね〜。






でっ、私の役割は、 リアマスターの追加工です。



イメージ 1


まずは、 芯出しをして、この凹みの部分に ネジ切をします。



つぎに、

イメージ 3

イメージ 4


アダプターと  ワッシャーを製作します。



でっ、組み立て!!

イメージ 5

Oリングで 取り付ける部品が海外で売っているらしいけど、

ここは圧力をかけたら 確実に漏れちゃうので、こんな風にしました。



依頼者は エクストリームじゃなくて、ジムカーナの様です。






 

この記事に

開く コメント(10)

シフトペダル 製作

さて、先日のシフトペダルの話ですが、

思いのほか反響があったので、

仕事の合間に、試作を作ってみました。
イメージ 1


ころがっていたアルミの四角棒!

A6063と言う押出し成型で作られるアルミです。アルミサッシの材料です。



これを プレス機で コの字型に曲げます。

イメージ 2




取付のタップ穴をあけ、 無骨なので、軽量化の肉抜き穴も空けてみました。

イメージ 3






取付けると・・・・・       変な感じ・・・・・


イメージ 4





使ってみると・・・・・       超〜楽〜!






靴との寸法が合わなかったのと、下げる方の引っ掛けは長さが短くてもいいのでチョット改良!
下が短い方が靴を嵌め易いし、少し開き気味にした方が良いみたい。

イメージ 5



これ!いいよ〜!

 何で無かったんだろう。







この記事に

開く コメント(12)

シフトペダル 考察

シフトチェンジ って、





オートバイに乗らない人からすると、けっこ〜面倒だと思います。

イメージ 1


シフトペダルの 上下に つま先を差込み、

上下に アップダウン。




乗っている人は 無造作にやっていますが、

1足で上げてから、つま先を外側には外し、下に入れ、2速に蹴り上げる。






1速と2速を多用するところでは 相当な動きをしていることになりますね。


カブのように シーソー式にする訳にもいかないし・・・・


いっそのこと、 2本ついていいれば いいのにな〜。






イメージ 2




この記事に

開く コメント(17)

イメージ 1

久しぶりに 新製品! 64チタンパッドピン ニッシンリアキャリパー用

だって〜、ずっとネタがなかったンだもん。







このキャリパーは各メーカー多くの車両についています。
ヤマハでは YZF-R1/R6、FZ1、MT-07、09、などなど・・・

純正のパッドピンは
イメージ 2
目クラねじを マイナスドライバーで外し、

イメージ 3
六角レンチで パッドピンを回して取り外す。

ちょっとひと手間。





これを 
イメージ 4

す〜っと差し込み βぴんをチョイチョイっ!
   工具要らずで、楽々〜。にしました。


当然!64チタンです。

イメージ 5










エルエイオート まで!

ワイヤーリングもかちょええ〜
イメージ 6


この記事に

開く コメント(8)

YSP西東京からお誘いをいただき、!!YSP横浜南 SUGO ON&OFF 走行会!!

に参加しました。

サーキットを走るのは3年ぶりだった! (mixiには2年と書いたけど)


体調も少し良くなり、行けるだろうと・・・・(遠いのが問題・・・)


SUGOは牛タンの仙台、東京からは350㎞ぐらい。
目まいがあるので、車の運転がキツイので前の晩に出て、近くで車中泊です。
帰りも眠くなり、那須SAで車中泊でした。


SUGOはヤマハの元テストコース。
今は国際サーキットとして、4輪、2輪に使われています。

さてコース図です。

イメージ 1
全長3.7km  高低差70m(ビル23階相当)
山間部にあるため高低差のあるコースです。
メインストレートの前半と☆のS字以外はほぼ下りのコース。


連続同方向コーナー
後のコーナーを考えて、はらんでラインをとる事!
手前のコーナーの進入スピードが難しい。
早すぎるとコースアウト(雑草地帯)!遅いとスピードが乗らない

次はS字コーナー!
ここも、ヘアピンを立ち上がってはらみ、なるべく直線的に通過するように!
結構な登りなので、アクセルを開けすぎての転倒率が高いようです
トラクションコントロールに頼りました。

最後にシケイン!
ここは2輪だけの部分です。
ま〜、結構な小ささです。中央分離帯の無い山道的な・・・


走行は20分の3回!

1回目は 手探りで2分6〜9秒
2回目は 3〜6秒
3回目は 1〜3秒
最高速は裏のストレートで230㎞ぐらい???(恐いので見ていません)

今回の上級者は1分45秒ぐらいでした。
JSB1000の最速は1分30秒らしいです・・・どんだけ・・・





YSP西東京ピット 42,43
イメージ 2



イメージ 3

走行写真なし。

この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事